1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. セキュリティ対策
  4. IIJセキュアMXサービス(メールセキュリティ)
  5. メール送受信対策

メール送受信対策

脅威メールフィルタ以外にも、メール送受信対策の機能を提供しています。

送信ドメイン認証対応基本機能

ドメイン名と送信元サーバの整合性を確認する「SPF」

「送信元ドメイン名」と「送信元メールサーバ」の整合性を確認し、正当なメールサーバからメールが送信されているかを確認します。認証結果を元にフィルタ、ブロックすることで標的型攻撃メールに利用されるなりすましメールへの有効な対策となります。

SPFによる送信ドメイン認証

メール自体の正当性を確認する「DKIM」

電子署名を用いることで、メール自体の正当性を確認します。簡単な操作ですべての送信メールにDKIM署名を付加することができ、お客様からの送信メールの信頼性向上につながると共に、受信者になりすましメールの判断手法を提供できます。メール受信時には認証結果を元にフィルタ、ブロックすることで標的型攻撃メールに利用されるなりすましメールへの有効な対策となります。

DKIMによる送信ドメイン認証

経路暗号化基本機能

通信経路を暗号化し、インターネット上での盗聴(盗み見)を防止します。ユーザは特別な設定をすることなく暗号化を実現。アーカイブした場合でも中身を検索できます。欧米の金融機関、製薬業界等で普及の進むTLSによる経路暗号化に対応しています。
※TLS:Transport Layer Securityの略。通信暗号化のプロトコルの1つ。

経路暗号化(TLS)

配送保留基本機能

お客様のメールサーバやネットワークに障害等が発生した際、IIJがお客様へのメールを一時的に保留。IIJでまとめて保留/配送するため、メールが送信側MTAに返り、その再送を待つことがなくなります。
お客様専用ページから、管理者の意思による配送保留/再開の切り替えも可能。ビル停電やメンテナンスなどの計画停止がある際に、配送をコントロールできます。

配送保留

メール無害化オプション機能

自治体情報システム強靱性向上モデルに対応したオプション機能です。
(自治体以外のお客様のご契約も可能です。)

受信メールを複製し、添付ファイルやURLを無害化して配送することによりメールを安全に閲覧し、確認を行ったうえでオリジナルメールを取得することが可能です。

  1. ※1無害化メール配送時、配送保留機能は利用できません。
  2. ※2既にメールボックスプラスオプションをご利用中の場合は、別途お客様側で無害化メール保存用のメールサーバをご用意いただく必要があります。メールボックスオプションには保存できません。
  3. ※3メールソフトでのPOP(s)/IMAP(s)利用も可能です。
  • ※ スペアメールオプションとの併用はできません。

スペアメール(メール送受信継続)オプション機能

災害や障害、メンテナンスなどで、お客様メールシステムが長時間利用不能な時に、ブラウザからスペアメールオプションのWebメールにアクセスして、いつもと同じドメイン・同じアカウントでメール送受信を継続できます。
ディスク容量無制限で最大14日分のメールを保存でき、新たな設備投資をすることなく、容易にメールのBCP/DR対策を実現できます。

スペアメール機能の概要

オンラインストレージ(DOX)連携オプション機能

オンラインストレージサービス「IIJドキュメントエクスチェンジサービス(DOX)」との組み合わせにより、大容量の添付ファイルをセキュアに送受信できます。
添付ファイルを自動的にオンラインストレージに移動し、ダウンロード用URLを記載したメールを相手に送信。誤送信による情報漏えいを防止するだけでなく、メールサーバの負荷や容量の大幅削減にも役立ちます。

サービス図版

ご質問、ご要望、お見積もりなど、ぜひお気軽にご相談ください。

ご質問、ご要望、お見積もりなど、ぜひお気軽にご相談ください。

メールフォームでのお問い合わせ

メールフォームでの
お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

IIJインフォメーションセンター

03-5205-4466

(土日祝日除く 9:30~12:00、13:00~17:30)

メールマガジン

メールマガジン

セミナーや新サービスなど
最新情報をお届けします

詳しくはこちら

ログインアカウントをお持ちのお客様はIIJサービスオンラインからお問い合わせください