1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. セキュリティ対策
  4. IIJセキュアMXサービス(メールセキュリティ)
  5. Office 365メールセキュリティを強化

Office 365メールセキュリティを強化
IIJセキュアMX機能一覧を確認する

グローバルで利用される統合グループウェアである「Office 365」に、日本企業に最適化されたメールセキュリティサービスである「IIJセキュアMXサービス」を組み合わせて利用することで、Office 365に足りない情報漏えい対策や誤送信対策を追加したり、外部脅威に対する多層防御を強化できます。

日本企業ならではの要件や品質をOffice 365に追加

Office 365 (Exchange Online) IIJセキュアMXサービス
迷惑メール/ウイルス対策
(6社のエンジンで多段ブロック)
バックスキャッター対策
(なりすましエラーメールのブロック)
×
サンドボックス機能
※プランによって提供可能

※オプションで提供可能
送信キャンセル機能 ×
添付ファイル暗号化 ×
稼働率 99.9%(SLA) 99.99%(実績値)(※1)
  1. ※1セキュアMXの高い稼働率で、Office365等リレー先メールサーバの障害やメンテナンス時にメール配送を保留しておくことができます。

Office 365 と連携するメリット

特長1脅威メール検知率の向上

多段アンチウイルス / 送信ドメイン認証フィルタ / 添付ファイルフィルタなどの多層フィルタで Office 365 に届く前に脅威メールを検知することによって、すり抜けによるマルウェア感染リスクを低減します。

特長2誤送信・情報漏えい対策の強化

Office 365には足りない誤送信対策機能を付加することにより、情報漏えいのリスクを低減することができます。
送信後の差し戻しや添付ファイルの自動暗号化から上長承認まで企業ポリシーに応じた制御を実現します。

特長3障害時のリスク回避

障害やメンテナンスなどでOffice365が利用できない場合に、ご利用中のメールアドレスを変更することなくメール送受信の継続が可能です。セキュアMXのWebメール機能を利用するため、メールクライアントの設定を変更する必要もありません。

特長4充実のサポート

推奨設定や流行の攻撃を防ぐ方法についても、IIJでサポートします。また、お客様固有の課題についても個別に対応します。
国産サービスである強みを活かし、日本語による手厚いサポートでお客様の運用を支えます。

特長5システムメールの中継に対応

SMTPリレー機能により、SMTP認証に対応していないメール送信システムのリレー先としてセキュアMXを指定できます。
そのため、別途メール送信用のサーバを用意する必要はありません。

運用を支えるアカウント連携機能

Office 365と本サービスを組み合わせて利用する際、Office 365のメールアカウント情報と本サービスのアカウントリスト(ホワイトリスト)を自動で連携することにより、二重のアカウント登録作業をなくし運用負荷を軽減することが可能です。

Office 365へのリプレースを機にIIJセキュアMXサービスを採用。
クラウド型サンドボックスを導入しグループ各社のセキュリティレベルを向上

IIJセキュアMXサービス

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)