1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. セキュリティ対策
  4. IIJセキュアMXサービス(メールセキュリティ)
  5. コンプライアンス / BCP対策機能

コンプライアンス / BCP対策機能 IIJセキュアMX機能一覧を確認する

セキュリティ機能に加え、企業コンプライアンスの遵守やBCP対策機能を提供しています。

コンプライアンス対策

証跡保管としてのメールデータ保存(アーカイブ)や送信時の上長承認などメールにおける企業コンプライアンスを保持します。

アドバンストアーカイブ

すべての送受信メールを保管

メール監査

指定条件で送信メールを制御

BCP(事業継続性)対策

メールサーバやクラウドサービスの障害 / 災害時に、メールの送受信を継続し、お客様の事業継続を支えます。

スペアメール

メール送受信を継続

アドバンストアーカイブオプション機能

送受信されたメールをIIJの国内データセンターに設置されている高信頼ストレージで全文保存します。1~10年の保存期間指定でディスク容量を気にせずご利用いただけます。

ディスク上に保存されたメールデータのヘッダ、本文、添付ファイルデータをオンラインで高速全文検索でき、検索結果の改ざん検知や、ダウンロードして添付ファイルを含むメールを復元することも可能です。

アドバンストアーカイブ機能の概要

スペアメールオプション機能

災害や障害、メンテナンスなどで、お客様メールシステムが長時間利用不能な時に、ブラウザからスペアメールオプションのWebメールにアクセスして、いつもと同じドメイン・同じアカウントでメール送受信を継続できます。
ディスク容量無制限で最大14日分のメールを保存でき、新たな設備投資をすることなく、容易にメールのBCP/DR対策を実現できます。

スペアメール機能の概要

メール監査オプション機能

送信メールに対する企業ポリシーをルールとして設定し、該当のルールに沿って検査することで情報漏えいを未然に防ぎます。 宛先、添付ファイル、キーワードなど様々な条件に対しての検査を行い、上長承認や送信停止などポリシーに応じた柔軟なアクション設定が可能です。※情報漏えい対策ソフトの定番「GUARDIANWALL*」を採用

添付ファイルの内容を条件に保留するルールを設定した場合の動作例

※ GUARDIANWALL:キヤノンITソリューションズ株式会社の製品名。IIJセキュアMXサービスでは、一部機能を制限して提供します。

設定可能なルール例

  • 特定の差出人からのメールの宛先を制御
  • 社内からフリーメールへの送信を制御
  • パスワードの付いていない添付ファイルは送らせない
  • 個人情報が含まれている場合は保留し上長が確認
  • CCに上長が含まれていない場合は送信できない
  • TO・CCに大量のアドレスが含まれている場合は保留
  • 特定のキーワードが含まれている場合は保留
  • メールの送信状況を可視化
かんたん見積