1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. クラウド
  4. IIJ GIOインフラストラクチャーP2(IaaS)
  5. プライベートリソース(ホステッドプライベートクラウド)
  6. スペック・料金(プライベート)
  7. Red Hat Cloud Access

Red Hat Cloud Access

IIJはRed Hat認定クラウドプロバイダーです。Red Hat Cloud Accessにより、お客様がお持ちのサブスクリプションをIIJ GIOに移行してご利用いただけます。

ご利用方法

仮想化プラットフォーム VWシリーズでは、以下の方法でVMware vSphere ESXiサーバ上の仮想マシンに対して、お客様の保有するRed Hat Enterprise Linuxのサブスクリプションを移行することが可能です。

  • ※仮想化プラットフォーム VWシリーズ以外の品目ではRed Hat Cloud Accessをご利用いただくことはできません。

[STEP1] お申し込み

Red Hat社のサイトにてお申し込みください。お申し込み完了後にサブスクリプションの移行が可能となります。

Red Hat Cloud Access(Red Hat社のサイト)
「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしてお進みください。

  • ※ 登録時に弊社契約の親サービスコード(ogiもしくはgisから始まる文字列)が必要となりますので、あらかじめご準備ください。
  • ※ Red Hat社のサイトでの登録完了時の完了画面のスクリーンショットを取得下さい。[STEP3] で必要となります。

[STEP2] サブスクリプションの移行

移行の方法は2通りあります。

  • 統合管理サーバ(vCenter Server)を利用して、お客様の保有するイメージをインポート

    ※vCenter ServerについてはVMware社が提供するドキュメント等をご参照ください。

  • Red Hat NetworkからダウンロードできるISOイメージからインストール

[STEP3] 移行完了連絡フォームの送付

移行完了後、以下の移行完了連絡フォームで弊社宛にご連絡をいただく必要があります。ご連絡の際は [STEP1] で取得したスクリーンショットを添付して下さい。ご連絡先のメールアドレスはフォーム中に記載されています。

ご注意事項

  • IIJはRed Hat認定クラウド&サービスプロバイダー契約に従い、Cloud Accessでサブスクリプションの移行が完了したお客様の「法人名」「サブスクリプションの種類」「数量」「インポート日」「メールアドレス」を毎月Red Hat社に報告します。
  • IIJはお客様が保有するイメージを必ずインポートできることを保証しません。移行はお客様の責任において実施していただきます。Red Hat Enterprise LinuxとVMware製品の互換性については、Red Hat社の認定情報をご参照ください。
  • IIJ GIOに持ち込んだサブスクリプションについては引き続き、Red Hat社からサポートが提供されます。お客様が保有するサブスクリプション契約に従って、Red Hat社のサポート窓口にお問い合わせ下さい。
  • ハードウェアベンダーからサポートを受けているOEM版のRed Hat Enterprise Linuxは、Cloud Accessにて移行することができません。

IIJ GIO P2 プライベートリソースの
スペック・料金へ

IIJ GIO
インフラストラクチャーP2

サービスマニュアル

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報

IIJは世界で初めてBCRの承認を取得したクラウド事業者です。BCRとは?