1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. クラウド
  4. IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS Direct Connect

AWSとオンプレミスをAWS Direct Connectを利用してプライベート接続 IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS Direct Connect

IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS Direct Connectは、Amazon Web Services(以下、AWS)とオンプレミスを「AWS Direct Connect」を利用してプライベート接続するネットワークサービスです。

サービスイメージ

AWS Direct Connectパートナー

aws AWS Direct Connect Partner

IIJは、AWSパートナーネットワーク(APN)において、AWS Direct Connectパートナーの一員として活動しています。

高い回線品質

92%のお客様が
“回線品質に満足”
と回答

※ IIJ契約者アンケート(2020年実施)より

AWS Cloudへの安定した接続を実現

インターネット接続の場合

インターネット接続回線や通信経路の品質に依存するため、品質が一定しない

品質が一定しないグラフイメージ

ダイレクト接続の場合

AWS Cloudへ直接ダイレクト接続するため、インターネット接続回線の影響を受けずに安定した品質

安定した品質グラフイメージ

(グラフはイメージです)

お客様のよくあるお悩みを解決!

AWS Cloudにダイレクト接続する際、このようなお困りごとはありませんか?
IIJクラウドエクスチェンジサービスでは、お客様の様々な課題を解決します。

お悩み1
既存WANと同じように、キャリア冗長・ロケーション冗長したい

IIJクラウドエクスチェンジサービスなら

通信系/電力系からキャリアを選べて、
キャリア冗長も可能

IIJのアクセスポイントは主要キャリアのアクセス回線に対応。通信系/電力系からキャリア回線を自由に選択できます。
通信系の回線と電力系の回線で冗長構成にした場合(マルチキャリア)、アクセス回線の設備も分かれるため、より信頼性の高いネットワークを構築できます。
キャリアによって、費用はもちろん回線敷設までの納期も異なりますので、ご要望に合わせて最適なキャリアをご案内します。

国内11ヵ所のアクセスポイントで、
ロケーション冗長も可能

アクセスポイントは全国11ヵ所でご提供。お客様が接続したい拠点から指定のアクセスポイント(IIJデータセンター)に接続いただくことで、AWS Cloudにプライベートアクセスできます。
災害対策として、関東DCと関西DCなど異なるロケーションでの冗長構成も可能です。

お悩み2
パブリックへの接続は難しいと聞いたけれど?

IIJクラウドエクスチェンジサービスなら

NAT機能も含めてサービスで利用できるから安心

Direct ConnectによりS3、DynamoDB、IoTなどのAWSパブリックリソースに接続する場合は、NAT機能が必須です。IIJクラウドエクスチェンジサービスでは、IIJ側でNAT用のグローバルIPアドレスを用意してNAT機能をご提供。プライベート接続とパブリック接続を同時利用することも可能です。

Office 365、Azure PaaSへの接続イメージ

お見積もり例を見る

お悩み3
広帯域やTransit Gatewayも使えるの?

IIJクラウドエクスチェンジサービスなら

広帯域で柔軟な構成が可能

IIJクラウドエクスチェンジサービスでは、1Gbps以上の帯域やTransit Gatewayに対応したプランもご用意。

Transit Gatewayは数多くのVPC接続を一元管理することができ、効率的な運用を可能にします。契約帯域の中でお客様が自由にVirtual Interfaceを作成できるプランをご提供します。

大量セッション発生&グローバルIP枯渇/インターネット向けトラフィックが増加/既存プロキシやFWの負荷増大/不定期に発生するOffice 365のIPやFQDN変更など

1Gbps以上の広帯域やTransit Gateway利用時のためのプランをご用意

  プラン1 (標準的なプラン) プラン2 (広帯域で柔軟な構成が可能なプラン)
用途 シンプルな利用に適したプラン
(低帯域または小規模の利用向け)
柔軟な構成が可能なプラン
(広帯域または大規模な利用向け)
帯域 50M、100M、200M、300M、500Mbpsから選択 1G、2Gbpsから選択
※2Gbpsを超える帯域はご相談ください
Virtual Interface IIJが作成 お客様にて作成
契約帯域の中で複数のVirtual Interfaceを利用可能
Direct Connect
ポート使用料
ポート使用料を含む お客様契約のDirect Connectで別途発生

お見積もり例を見る

AWSへのダイレクト接続はIIJにお任せ

複数AWSアカウントの
Direct Connectをまとめたい

複数AWSアカウントのDirect Connectをまとめたい

複数AWSアカウントのDirect Connectをまとめることが可能です。
システムごとにバラバラだったDirect Connectの提供元をまとめることでサポートを一元化します。

他Direct Connectパートナーから
契約を切り替えたい

他Direct Connectパートナーから契約を切り替えたい

他のDirect ConnectパートナーからIIJに切り替えることが可能です。
IIJなら、AWSだけではなく、Microsoft Azure、GCP、IIJの各種サービスにも接続が可能。マルチクラウドの中心ハブとして機能します。

VMware Cloud on AWSと
ダイレクト接続したい

VMware Cloud on AWSとダイレクト接続したい

VMware Cloud on AWS(VMC)とオンプレミスVMware環境のダイレクト接続が可能です。VMware HCXによるL2延伸や、VMC自体のVMware環境構築・移行もIIJがサポートします。

AWSへのVPN接続もサポート

Direct Connectは必要ないが、セキュアなネットワーク環境は必要。そんな場合には、手軽なインターネットVPN接続も可能です。足回り回線や終端機器まで、すべてマネージドで提供します。

AWSへのVPN接続もサポート

IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS Direct Connect

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報

Microsoft × IIJ Microsoftソリューションセミナー