1. トップ /
  2. 白井データセンターキャンパス /
  3. 外気冷却による省エネ

外気冷却による省エネ

直接外気空調(中間期、冬期)

・コンテナ型データセンターで培った外気空調の技術・運用ノウハウを踏襲した高品質・高効率な制御システムを採用

高効率熱源空調(夏期)

・通気性の高い屋外架台に高効率空冷チラーを設置
・冷水温度を13℃に設定することで、機器の高効率運転を実現し、CO2排出量削減に寄与
・従来型のデータセンターと比較し、約67%のCO2削減効果を実現(当社試算)

壁吹出し方式

・空調機室との間仕切壁から直接サーバルーム内に冷気を供給する方式
 床吹出し方式※1と比較して空調機の送風動力を約1/3まで低減
・サーバルーム壁面の50%を吹出し口として設計し、吹出し風速は平均2.1m/sに抑制
・高負荷ラックの冷却にも対応※2
 ※1 床吹出し方式は床下チャンバー内のケーブル類により空気搬送の圧力損失が大きい
 ※2 負荷によって空調シミュレーションを実施

コールドエリアエアーフローの整流

・整流機構を採用し、サーバラック吸込面近傍の吸気風速を均一化し、高温排気の誘引を防止し、吹出し口とサーバラックの距離に依存せずコールドエリア温度の均一化を実現

空調システム

テスラ社製 産業用蓄電池「Powerpack」

拡大表示