1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. 法人IT調査レポート
  4. 仮想デスクトップ利用・検討状況の実態調査

仮想デスクトップ利用・検討状況の実態調査

2020年9月公開

調査概要

調査タイトル 仮想デスクトップ利用・検討状況の実態調査
調査内容
仮想デスクトップ(VDI)の利用実態を定量調査
回答期間 2020年8月19日~8月26日
回答者 IIJメールマガジン(IIJ Biz Information)読者
有効回答数 情報システム管理者:387件/仮想デスクトップ利用者:193件

調査結果サマリ

新型コロナウイルスへの対応としてテレワークが浸透しましたが、それに伴い弊社に対する仮想デスクトップに関してのお問い合わせも急増しました。そこで企業の仮想デスクトップ利用状況、検討状況に関する実態を定量的に明らかにすべく、本調査を実施しました。
結果、約3割の企業で仮想デスクトップを導入済みであり、オンプレミス環境での利用は約70%、DaaSでの利用は約3割であることが明らかになりました。
また、新型コロナウイルス対応によって約半数の企業で仮想デスクトップ利用ユーザーが増加しており、問い合わせも増加したことが明らかになりました。

結果①仮想デスクトップ導入状況

約30%の企業が仮想デスクトップを導入済み

お勤めの企業で、仮想デスクトップは導入されておりますか?

「お勤めの企業で、仮想デスクトップは導入されておりますか?」に対するアンケートの結果
  • 約3割の企業が仮想デスクトップを導入済み
  • 現在検討中も合わせると約半数となる
  • 約3割は過去に検討したものの導入していない
  • 約2割は検討自体をしたことが無いと回答

結果②従業員規模別仮想デスクトップ導入状況

オンプレミス/DaaS比率は およそ7:3

利用形態

「利用形態」に対するアンケートの結果

従業員規模別利用形態

「従業員規模別利用形態」に対するアンケートの結果
  • 100人未満、3,000人~4,999人規模はDaaSの採用率が相対的に高い
  • 反対に5,000人以上の企業ではDaaSの採用率が低い

結果③コロナ対応

コロナ対応でVDIユーザー数・問合せともに増加

新型コロナウイルス対応について、
VDIのユーザー数増減についてお答えください

「新型コロナウイルス対応について、VDIのユーザー数増減についてお答えください」に対するアンケートの結果

新型コロナウイルス対応について、
VDI利用者から増えた問い合わせを選択してください

「新型コロナウイルス対応について、VDI利用者から増えた問い合わせを選択してください」に対するアンケートの結果
  • コロナ対応により約半数の企業で仮想デスクトップユーザーが増加。比例して問い合わせも増加。
  • 利用ユーザー数増加に伴ってVDIの動作遅延などが発生していたことが考えられる。

お問い合わせ先

本調査レポートの使用・引用をご希望の際は、下記窓口までご連絡ください。