1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. 導入事例
  4. 大和ハウス工業株式会社 様

大和ハウス工業株式会社 様大和ハウス工業株式会社

コミュニケーション基盤をOffice 365に刷新
最適な環境構築と短期導入をIIJがサポート

ハウスメーカー大手の大和ハウス工業は、持続的な成長基盤をより強固なものとするため、コミュニケーション改革を推進。その一環として、Office 365の導入を決定した。最適な環境構築を支援するパートナーに選定したのがIIJである。これにより、約2万3000人規模のOffice 365の全社展開をトラブルなく、わずか半年で完了した。今後は利用機能の拡大とグループ会社への横展開を進め、新たなコミュニケーション基盤の有効活用を加速していく。

課題

  • 短期間で2万人を超える規模の移行を完遂しなければならない
  • 社内の情報資産を有効活用していきたい
  • コミュニケーション改革を推進し、業務の効率化と生産性を向上させたい

効果

  • わずか半年でトラブルなく導入を完了
  • SaaSならではの様々な機能を活用し、情報共有が加速
  • 柔軟なマルチデバイス利用と、タイムリーな情報連携が可能に

導入前の課題

ユーザニーズに合わせてコミュニケーション基盤の移行を決断

戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業・物流施設、医療・介護施設の建設など幅広く事業を展開する大和ハウス工業。近年はグローバルマーケットを見据え、海外事業展開にも注力する。

現場の業務レベルではコミュニケーション改革を推進し、継続的に業務の効率化と生産性向上に取り組んでいる。

しかし、そのコミュニケーション基盤には課題を抱えていた。例えば、住宅建設には写真や図面のデータのやりとりが必要だが、近年はデータのリッチ化が進み、データ容量が増大傾向にある。「メールボックスやファイルサーバの肥大化が進み、定期的に不要ファイルの削除をお願いする状況でした」と櫻井直樹氏は説明する。

社員にはタブレット端末を支給していたが、PCで受信したメールはローカルに格納されるため、タブレット端末では閲覧できない。「働く場所を問わず必要な情報を得られる環境が求められていました」と芥田貴之氏は課題を述べる。

また別の側面では、イントラネットサイトの老朽化や社内SNSの導入要望を受け、SharePointの活用を検討する動きも進んでいた。

こうした課題をトータルで解決する新たなコミュニケーション基盤として、同社はOffice 365の導入を決めた。「導入は決めたものの、移行設計のほか、認証の仕組みや、セッション数の増加に備えたネットワーク環境の構築など、考慮すべきポイントがいくつもありました」と櫻井氏は振り返る。

選定の決め手

IIJが持つトータルコーディネート力を評価

Office 365をベースにした新たなコミュニケーション基盤の実現に向けて、大和ハウス工業がパートナーに選定したのがIIJである。「IIJはOffice 365のライセンス提供だけではなく、その利用に欠かせないネットワークの構築・運用、プロキシ基盤の提供や運営面でのサポートもお願いできるのが魅力でした」と櫻井氏は選定の理由を述べる。

例えば「IIJセキュアMXサービス」は脅威対策、誤送信対策などメールセキュリティを強化するクラウド型サービス。また「クラウドエクスチェンジサービス」や「クラウドプロキシ設定自動化ソリューション」によって、既存ネットワークへの影響や運用負荷を解消する。このようにセキュリティ対策やOffice 365の利用に最適なネットワークの整備に加え、認証基盤も含めた設計・構築・運用にIIJがワンストップで対応できる点を評価したという。

また、IIJは日本マイクロソフト社と緊密な協業体制を築いており、Office 365の導入実績も豊富だ。「トータルのコーディネート力とプロジェクト推進力を発揮し、導入を成功させてくれると確信しました」と櫻井氏は語る。

導入後の効果

わずか半年で全社への導入を完了、運用定着もサポート

既存環境からOffice 365へのリプレースプロジェクトは2017年7月からスタートした。既存環境のアプリケーションライセンスが2017年末で終了するため、それまでに移行を完了しなければならない。

IIJはこの期間内でExpressRouteを含むOffice 365用のネットワーク環境を整備し、メールサーバのデータ移行もサポート。Office 365接続のための経路情報を自動更新する仕組みも構築した。こうして大和ハウス工業は2018年1月からOffice 365を全社一斉に利用開始した。

利用開始後は約1カ月間、新旧環境の並行稼働期間を設けた。ユーザは主業務の合間に切り替えを行った。「作業負荷をできるだけ軽減するためにも、新旧環境の併用で段階的に運用定着を図る必要がありました。完全切り替えまで二人三脚で寄り添ってくれたことは非常に心強かったです」と櫻井氏は感想を述べる。現在の利用アカウント数は約2万3000。本社・事業所の全従業員がOffice 365を利用する。

Office 365の導入により、同社は様々なメリットを実感している。「メールがクラウド化されたことで、どのような環境からでも同じメールを確認できるようになりました。PC入れ替えの際などのデータ移行作業も短縮され、その時間を他の業務にあてられるといった声も聞こえてきます」(芥田氏)。様々な新しい機能を、容量を気にせず使用できるのもSaaSならではのメリットだ。今後はファイルサーバもTeamsへ移行する計画だという。また、在席確認で相手の状況が分かるため、無駄なくタイムリーなコミュニケーションも可能となった。「これまではテレビ会議も予約制でしたが、今はユーザの約半数が既にSkypeをインストールしていて、相手の顔を見ながらWeb会議をする。そんな利用シーンも増えています」と芥田氏は続ける。

今後はSharePointを活用し、情報共有基盤もクラウド化していく。社内ポータルもプッシュ型の情報配信に替えていき、社内SNSの利用で事業所間のコミュニケーション強化も目指す。「今後もIIJとともにコミュニケーション環境の変革を目指していきたい」と話す櫻井氏。従業員が個々に持つノウハウや知識は会社にとって重要な情報資産となる。ITを用いてこれらの情報を効果的に共有し、組織全体で有効活用していく考えだ。

IIJのサービスとサポートでOffice 365の短期導入を実現した大和ハウス工業。新たなコミュニケーション基盤を働き方改革につなげ、一層の業務効率化と生産性向上を目指していく。

大和ハウス工業株式会社様へ導入したシステム概要図

導入したサービス・ソリューション

お客様プロフィール

大和ハウス工業株式会社
本社:大阪市北区梅田3丁目3番5号
創業:1955年4月5日
資本金:1,616億9,920万1,496円
従業員数:1万6,275名(2018年4月1日現在)
住宅事業、賃貸住宅事業、マンション事業、流通店舗事業などを展開し、これまでに住宅(戸建住宅・賃貸住宅・分譲マンション)約170万戸、商業施設4万2,000棟以上、医療・介護施設6,000棟を供給。グループの総合力を活かし、環境エネルギー事業のほか、海外での事業展開にも積極的に取り組んでいる。

大和ハウス工業株式会社

※ 本記事は2018年12月に取材した内容を基に構成しています。記事内のデータや組織名、役職などは取材時のものです。

導入事例

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

導入したサービス・ソリューション