常にすべてのアクセスを許可して大丈夫だろうか?企業データを守るリモートアクセスで安心&快適に!<ゼロトラストモデル>

IIJフレックスモビリティサービス

契約デバイス数10万台突破!

「ゼロトラスト」と共に読み解く、
次世代リモートアクセスのガイドブックを
差し上げます

  • 無料資料イメージ

    安心&快適を実現する次世代リモートアクセス[PDF24ページ]

    ネットワーク制御、デバイス制御の具体的な設定例も掲載!

  • 更にもう1冊
  • 無料資料イメージ

    「ゼロトラスト」が分かる
    ガイドブック[PDF8ページ]

    NISTが定義する「ゼロトラスト」について、詳しく解説

これからのテレワークに必要なのは
“企業データを守る”リモートアクセス

IIJフレックスモビリティサービス

VPNで接続後、常にすべての社内リソースにアクセスできて良いのだろうか?

接続する時間、場所、端末、セキュリティパッチの状態…
様々な情報をリアルタイムで判断しアクセス制御ができれば。

IIJのリモートアクセスは「ゼロトラストモデル」。
高度なアクセス制御により、企業データを守ります。

心配1

私物端末にリモートアクセスクライアントを設定すると、
社内接続できてしまう

IIJフレックスモビリティなら
こんな制御も。

不許可端末のアクセスを
ストップ!

どのような状態か不明確な私物デバイスは情報漏洩などリスクの温床になりかねません。IIJなら、社内ドメインに参加が許可されている端末だけにアクセスを許可。私物デバイスにリモートアクセスの設定を行っても、アクセスすることができません。

「ゼロトラスト」と共に読み解く、
次世代リモートアクセスのガイドブックを
差し上げます

  • 無料資料イメージ

    安心&快適を実現する次世代リモートアクセス[PDF24ページ]

    ネットワーク制御、デバイス制御の具体的な設定例も掲載!

  • 更にもう1冊
  • 無料資料イメージ

    「ゼロトラスト」が分かる
    ガイドブック[PDF8ページ]

    NISTが定義する「ゼロトラスト」について、詳しく解説

心配2

リモートアクセス解除で、インターネットにアクセスできてしまう

IIJフレックスモビリティなら
こんな制御も。

強制トンネリングで、
インターネット接続をストップ!

リモートアクセス端末からインターネットに直接接続可能な場合、デバイス制御ができていたとしても、データ持ち出しやマルウェア感染が発生するリスクがあります。IIJなら、強制トンネリングが可能で、ローカル接続も禁止できます。

ポイント

事前に許可したクラウドサービス、Web会議、Windows Updateなど、特定セッションのみインターネットアクセスを許可すること(ローカルブレイクアウト)もできます。

心配3

万一ウイルス感染を検知しても、すぐに遮断はできない

IIJフレックスモビリティなら
こんな制御も。

感染端末の通信を
自動でストップ!

一般的に、リモートアクセス端末がマルウェアなどのウイルスに感染した場合、管理者が手動で通信を遮断する必要があります。IIJなら、セキュリティ対策ソフトが出力する脅威レベルを参照し、自動的に通信を遮断することができます。

※IIJセキュアエンドポイントサービスのご契約が必要です。

「ゼロトラスト」と共に読み解く、
次世代リモートアクセスのガイドブックを
差し上げます

  • 無料資料イメージ

    安心&快適を実現する次世代リモートアクセス[PDF24ページ]

    ネットワーク制御、デバイス制御の具体的な設定例も掲載!

  • 更にもう1冊
  • 無料資料イメージ

    「ゼロトラスト」が分かる
    ガイドブック[PDF8ページ]

    NISTが定義する「ゼロトラスト」について、詳しく解説

プラン・料金

利用デバイス数に応じて
2つのプランをご用意しています。

  コンパクト版 通常版
契約可能デバイス数 300~600台 600~65,000台
参考価格 300デバイス接続時
300,000円/月
1デバイスあたり
1,000円/月
1,000デバイス接続時
1,250,000円/月
1デバイスあたり
1,250円/月
認証タイプ ローカル認証
または
AD認証
AD認証
最大スループット 200Mbps 200Mbps~1Gbps
デバイス制御
強制VPN
エンドポイント連携
(自動遮断)
マルチリージョン ×

さらに
IIJのリモートアクセスは
「快適」です

どのくらい「快適」になるのか分かる!動画をご覧ください。

リモートアクセス接続が切れない

電波状況が悪くなったり、一時的に通信が遮断されたりしても、リモートアクセス接続のセッションは継続。ユーザが切断するまでつながり続けます。接続回線やアクセスポイントが変わってもリモートアクセス接続が切れないので、移動のたびに再接続をする手間がありません。

遅延に強い

独自の通信安定化&エラー補正技術で、遅延やパケットロスがあっても滑らかな描画を持続。Microsoft Teamsをはじめとするテレビ会議や、仮想デスクトップ/リモートデスクトップなど、リアルタイム性が求められる用途に最適です。

全世界で3,500社以上の実績を持つNetMotion Mobility®(ネットモーションモビリティ)を
コアエンジンとして採用しています。

切れにくいリモートアクセス接続の秘密

エラー訂正&パケット復元

回線品質が劣化した状況ではパケットロスが発生します。パケットを分割し、エラー訂正符号のハッシュを付加することで、パケットロスが発生してもVPNサーバ側で復元します。

エラー訂正&パケット復元のイメージ図

独自UDPプロトコル

従来のTCP方式:パケットロスが発生した場合、再送を繰り返すため、遅延の原因となる/独自のUDP方式:パケットの応答を待たないため、無駄なく効率的にパケット配送を行う

使い方も簡単!

  • 接続するPCやスマートデバイスに、専用のクライアントソフト(エージェント)をインストールするだけ。
    どなたでも簡単に利用できるので、導入も容易です。

  • 専用のクライアントソフト(エージェント)の利用イメージ

「ゼロトラスト」と共に読み解く、
次世代リモートアクセスのガイドブックを
差し上げます

  • 無料資料イメージ

    安心&快適を実現する次世代リモートアクセス[PDF24ページ]

    ネットワーク制御、デバイス制御の具体的な設定例も掲載!

  • 更にもう1冊
  • 無料資料イメージ

    「ゼロトラスト」が分かる
    ガイドブック[PDF8ページ]

    NISTが定義する「ゼロトラスト」について、詳しく解説

閉じる