IIJ

テレワークの端末管理は十分ですか IIJセキュアエンドポイントサービス

テレワークの端末管理ガイドブックを差し上げます

テレワーク端末のリスク管理[PDF18ページ]

PC操作の違反行為はどう対策する?
次世代型アンチウイルスの実力は?

クラウドで実現するエンドポイントセキュリティ[PDF21ページ]

機能詳細、構成パターン、料金例など、導入へのヒントを掲載!

今すぐ“2冊セット”でダウンロード(無料)
かんたん見積もり

アカウント数と希望機能の入力で
かんたん見積もり

お気軽にご相談ください

電話でのお問い合わせ 03-5205-4466
(土日祝日除く 9:30~17:30)

テレワークの端末管理、
こんなお悩みはありませんか?

新型コロナウイルスへの対応で、テレワーク環境を突貫整備した後、今度はこんなお悩みが…

  • 端末の利用状況が
    見えない

  • リモートでの
    サポートが大変

  • マルウェア感染など
    セキュリティが心配

そのお悩み、まとめて解決します!

IIJセキュアエンドポイントサービス

IT資産管理と次世代アンチウイルスをクラウドサービスでまとめてご提供。
テレワークの端末管理を強化できます。

イメージ図:IIJセキュアエンドポイントサービス

IIJセキュア
エンドポイントサービス

3つの特長

特長その1

PC利用状況は操作ログで確認

IT資産管理

テレワークにより管理者の目の届かない場所で業務を行う場合、労務状況やセキュリティのリスクを正しく管理する必要があります。LanScope Catなら、「どのPCで」「誰が」「いつ」「どんな操作をしたのか」を操作ログにより可視化。テレワーク時でも利用状況を適切に管理できます。

業務状況の可視化
違反行為の可視化

テレワークの端末管理ガイドブックを差し上げます

テレワーク端末のリスク管理[PDF18ページ]

PC操作の違反行為はどう対策する?
次世代型アンチウイルスの実力は?

クラウドで実現するエンドポイントセキュリティ[PDF21ページ]

機能詳細、構成パターン、料金例など、導入へのヒントを掲載!

今すぐ“2冊セット”でダウンロード(無料)

特長その2

リモートで、画面操作しながらサポート

IT資産管理

LanScope Catのヘルプデスク機能を利用して、リモートで画面を操作しながら説明できます。電話やメールでは伝えづらい内容も、適切にサポート。

画面を操作しながら手厚いサポート

特長その3

AI技術でマルウェア検知

次世代アンチウイルス

BlackBerry社のAI技術による先進的な検知エンジンにより、パターンファイルに頼らず既知 / 未知の脅威を防御します。テレワーク時、ネットワークに接続せずに業務を行っていても検知できるので、テレワークのセキュリティ対策に最適です。

AI技術による検知エンジンでマルウェアを判定する流れ

検知後、感染経路の特定も

マルウェア検知前後の操作ログから、感染原因となるWebサイト閲覧・メール開封などの行動特定が可能です。

※BlackBerry及びLanScope Catのご契約が必須です。

マルウェア検知から再発防止までの流れ

  • STEP1
    LanScope Cat 管理画面のカレンダー上で、検知したマルウェアを確認

    その日に発見されたマルウェアの数は、LanScope Catの管理画面のカレンダーに表示される「脅威」アイコンの件数で分かります。どんなマルウェアが、どこで、なぜ流入したのかを追跡するには、そのアイコンをクリックします。
  • STEP2
    どのPCで何件マルウェアが発見されたかを確認

  • STEP3
    どんなマルウェアを検知したかを確認

  • STEP4
    同じマルウェアを検知しているPCの存在を確認

  • STEP5
    原因となるユーザ操作を追跡&確認し、再発を防止

  • EXTRA
    検知したマルウェアの詳細情報を確認

実際に流入原因を特定するデモンストレーションを動画でご覧いただけます。

テレワークの端末管理ガイドブックを差し上げます

テレワーク端末のリスク管理[PDF18ページ]

PC操作の違反行為はどう対策する?
次世代型アンチウイルスの実力は?

クラウドで実現するエンドポイントセキュリティ[PDF21ページ]

機能詳細、構成パターン、料金例など、導入へのヒントを掲載!

今すぐ“2冊セット”でダウンロード(無料)

さらに端末の操作を制御して、
リスクを低減

テレワーク時には端末の操作による様々なリスクが存在します。
豊富な操作制御機能によって、セキュリティ / 情報漏えいのリスクを低減できます。

社外ネットワークへの接続制御

Wi-Fi、Bluetooth、赤外線通信の接続を禁止。ユーザにはポップアップ通知ができます。

SSIDやBSSID指定で、特定のWi-Fi接続のみ許可できるため、自宅Wi-Fiへの接続を制御したい場合などにも有効です。

豊富な制御機能

  • 業務外サイト
    閲覧禁止

  • 業務アプリ以外の
    インストール禁止

  • USBメモリの
    書き込みのみ禁止

  • メール送信
    ログの取得

  • 私物端末の
    接続検知

  • クラウドへの
    アップロード禁止

クラウドサービスだから、
こんなメリットも

運用の手間を削減

管理サーバの運用は
IIJにお任せ

コスト最適化

端末の増減に応じて、
ライセンス費用を最適化

機能拡張性

必要に応じて機能を拡張

お客様の課題解決に
役立っています

テレワーク増加に伴い、社員の勤務実態の把握が必要でした。また、既存のアンチウイルス製品の動作が重く、こちらに対しても対策が必要でした。
本サービスを導入し、これらの課題をアセットレスで解決。既存で運用していた管理サーバ等の運用からも解放され、運用負荷を軽減しつつ、社内のIT環境のセキュリティ強化を実現しました。

株式会社ネモフィラ 様

導入はカンタン

専任エンジニアが導入作業を手厚くサポート

お申し込みから導入までの流れ

FAQ(よくあるご質問)

Q1操作方法や設定のレクチャーは受けられますか?
Aオンサイトの操作教育サービスをご提案します。
ポリシー設定、ログ閲覧、エージェントインストールの手順などをハンズオンでご説明します。

※別途費用が発生します。

Q2最低利用アカウント数はいくつですか?
A1台からご契約いただけます。

テレワークの端末管理ガイドブックを差し上げます

テレワーク端末のリスク管理[PDF18ページ]

PC操作の違反行為はどう対策する?
次世代型アンチウイルスの実力は?

クラウドで実現するエンドポイントセキュリティ[PDF21ページ]

機能詳細、構成パターン、料金例など、導入へのヒントを掲載!

今すぐ“2冊セット”でダウンロード(無料)
かんたん見積もり

アカウント数と希望機能の入力で
かんたん見積もり

お気軽にご相談ください

電話でのお問い合わせ 03-5205-4466
(土日祝日除く 9:30~17:30)

閉じる