1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. セキュリティ対策
  4. IIJセキュアWebゲートウェイサービス
  5. サービスメニュー・料金

サービスメニュー・料金

基本機能はご希望に合わせて5つのタイプから選択できます。更にセキュリティを強化するために、オプション機能を自由に組み合わせることができます。

基本機能一覧(5つのタイプから選択)

ご希望に合わせて5つのタイプから選択できます。

Webフィルタリング アンチウイルス プロキシ(ログ保管/セキュリティ)
タイプFV
(InterSafe WebFilter)
タイプF
タイプXV
(i-FILTER)
タイプX
タイプV

※ 導入後のタイプ変更は可能です。

オプション機能一覧

Menlo Security社のIsolation Platformを採用したWeb分離機能をオプションとして提供。

弊社の分離環境上のブラウザが代理アクセスし、表示に必要な描画情報のみをクライアントに返すことにより、セキュリティ強化とユーザの利便性の両立を実現します。

アンチウイルスだけでは検知できない未知のウイルスやマルウェアが昨今急増しています。

サンドボックスは仮想環境でファイルを実行し、その振る舞い挙動から危険なファイルを検知する仕組みです。

ゼロデイ脆弱性を狙った未知の脅威への対策を強化し、特に標的型攻撃で利用される "Web感染型マルウェア"の防御に高い効果を発揮します。

情報セキュリティ10大脅威 2020
順位 「組織」向け脅威
1位 標的型攻撃による機密情報の窃取
2位 内部不正による情報漏えい
3位 ビジネスメール詐欺による金銭被害
4位 サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
5位 ランサムウェアによる被害
6位 予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止
7位 不注意による情報漏えい(規則は遵守)
8位 インターネット上のサービスからの個人情報の窃取
9位 IoT機器の不正利用
10位 サービス妨害攻撃によるサービスの停止

出典:IPA「情報セキュリティ10大脅威 2020」をもとに当社が作成
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2020.html

専用機器なしで、安価にHTTPSサイトへのログ取得が可能です。

急速に進むWebサイトのHTTPS(SSL/TLS)化。SSL通信は暗号化されるため、マルウェア等が仕込まれたWebサイトにアクセスしても、セキュリティ製品での検知が困難になります。

暗号化された通信を復号(デコード)するために、専用機器を入れるケースがありますが、費用が高額になります。IIJ セキュアWebゲートウェイサービスでは HTTPSデコードオプションを用意しており、クラウドサービスとして費用を平準化したかたちで機能の提供が可能です。

出典:Google 透明性レポート「HTTPS に関する報告」に含まれる数値等データをもとに当社が作成

ご要件に応じて個別にお見積もりします。お気軽にお問い合わせください。

まずは無料トライアルを
始めませんか?

サービス環境を2週間無料で提供します。
使用感などを実際にお試しください。

無料トライアル希望・
その他お問い合わせ

IIJセキュアWebゲートウェイサービス

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報