1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. IoT
  4. IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理
  5. ソリューションメニュー・料金

ソリューションメニュー・料金

Kiwi Sense the Future 温度管理パッケージ スタンダード

温度センサー10台で管理できる中規模向けプラン

温度センサー10台とゲートウェイ1台、温度管理アプリケーション及びクラウドの5年間の利用料をセットでご提供。別途通信用SIMをご契約いただけます。
このセットで10ヵ所の温度管理が可能です。

スタンダード イメージ

パッケージ名 IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理
「Kiwi Sense the Future 温度管理パッケージ スタンダード」
パッケージ内容
  • ボックス型温度センサー「LAS-603」×10台
    • 5分間隔で温度を測定でき、1時間間隔でクラウドへ発信します。
    • 付属のリチウムバッテリーで約5年間稼働します。
  • 屋内LoRaWAN®ゲートウェイ「TLG3901BLV2」×1台
    • Kiwi Technology製のLoRaWAN®対応屋内型ゲートウェイです。
  • アプリケーション利用料×利用期間5年
    • スマートフォンにインストールするアプリケーションの利用料です。
通信用SIM ゲートウェイからクラウドにデータを集積するための通信用SIMです。
パッケージ以外に別途通信費用が月額課金されます。
電波測定器の無償貸出 事前に通信試験を希望される場合は、電波測定機器を無償で貸し出します。温度センサーを設置する場所からゲートウェイの設置予定場所までの通信状況をご確認いただけます。
販売元 株式会社インターネットイニシアティブ
デバイス提供元 Kiwi Technology Inc.

Kiwi Sense the Future 温度管理パッケージ プレミアム

温度センサー20台で管理できる大規模向けプラン

温度センサー20台とゲートウェイ1台、温度管理アプリケーション及びクラウドの5年間の利用料をセットでご提供。別途通信用SIMをご契約いただけます。
このセットで20ヵ所の温度管理が可能です。

プレミアムプラン イメージ

パッケージ名 IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理
「Kiwi Sense the Future 温度管理パッケージ プレミアム」
パッケージ内容
  • 温度センサー20台
    • ボックス型温度センサー「LAS-603」×15台、プローブ型温度センサー「LAS-604V2」×5台
    • 5分間隔で温度を測定でき、1時間間隔でクラウドへ発信します。
    • 付属のリチウムバッテリーで約5年間稼働します。
  • 屋内LoRaWAN®ゲートウェイ「TLG3901BLV2」×1台
    • Kiwi Technology製のLoRaWAN®対応屋内型ゲートウェイです。
  • アプリケーション利用料×利用期間5年
    • スマートフォンにインストールするアプリケーションの利用料です。
通信用SIM ゲートウェイからクラウドにデータを集積するための通信用SIMです。
パッケージ以外に別途通信費用が月額課金されます。
電波測定器の無償貸出 事前に通信試験を希望される場合は、電波測定機器を無償で貸し出します。温度センサーを設置する場所からゲートウェイの設置予定場所までの通信状況をご確認いただけます。
販売元 株式会社インターネットイニシアティブ
デバイス提供元 Kiwi Technology Inc.

ボックス型温度センサー「LAS-603」

特長

オープン型冷蔵庫・ショーケースではボックス型温度センサーをお選びいただけます。
温度センサー背面の磁石で冷蔵庫やショーケースにそのまま簡単に取り付け可能。温度センサーは電池で稼働できるので、新たに電源工事は不要。電池は5年程度稼働します。

LAS-603

ボックス型温度センサー イメージ

機能仕様・諸元

品名 ボックス型温度センサー「LAS-603」
測定可能温度 -55℃~125℃
測定許容誤差 Typ. ±0.3℃(maximum ±0.4℃)
測定解像度 0.1℃
測定間隔 5分ごと
測定データ発信間隔 1時間ごと / 2時間ごと / 4時間ごと
筐体保護等級 IP65
電源 DC 3V
電池 CR-AG 電池, 2400mAh ×2
対応周波数 920MHz~928MHz(日本)
送信感度 ∔13dBm(日本)
LoRaプロトコル ClassA
アンテナ性能 内蔵アンテナ 2dBi
アクティベーション方式 ABP
認証 TELEC / FCC
消費電力 最大0.6W
動作温度 -30~70℃
動作湿度 5%~95%
保管温度 -40~85℃
寸法(mm) 75(W)x 64(D) x 37(H) (※突起含まず)
重量 150g
付属品 電池

プローブ型温度センサー「LAS-604V2」

特長

扉付冷蔵庫・コールドテーブルでは、プローブ型温度センサーをお選びいただけます。扉付の冷蔵庫には計測部がプローブ型(針のかたち)の温度センサーをご提供。
扉の隙間にセンサーケーブルを通すことで密閉タイプの冷蔵庫でも無線通信が可能です。温度センサーは電池で稼働できるので、新たに電源工事は不要。電池は5年程度稼働します。

LAS-604V2

プローブ型温度センサー イメージ

機能仕様・諸元

品名 プローブ型温度センサー「LAS-604V2」
測定可能温度 -60℃~200℃
測定許容誤差 ±0.3℃(-20℃~80℃の場合)
±0.5℃(-40℃~-20℃、80℃~110℃の場合)
±1.0℃(-60℃~-40℃、110℃~200℃の場合)
測定解像度 0.1℃
測定間隔 5分ごと
測定データ発信間隔 1時間ごと
筐体保護等級 IP64
電源 DC 3V
電池 リチウムイオン電池, 2400mAh ×2
対応周波数 920MHz~928MHz(日本)
送信感度 ∔13dBm(日本)
LoRaプロトコル ClassA
アンテナ性能 内蔵アンテナ 最大1dBi
アクティベーション方式 ABP
認証 TELEC / FCC
消費電力 最大0.6W
動作温度 -20~70℃
動作湿度 5%~95%
保管温度 -30~70℃
寸法(mm) 75(W) x 64(D) x 37(H) (※突起含まず)
プローブ プローブ:Φ2.3mm
ケーブル長:3000mm
重量 約120g
付属品 電池

屋内LoRaWAN®ゲートウェイ「TLG3901BLV2」

特長

  • 小型で軽量
    • 軽量でコンパクトながら高機能
  • モバイル通信(LTE/3G)モジュール搭載
    • モバイル通信(LTE/3G通信網)を利用し、クラウドプラットフォームへデータを送信
  • SACM
    • ゲートウェイの設定、運用状況をクラウドから一元管理可能
      ※ゲートウェイ機器の集中管理サービス「SACM」(IIJ特許技術)を利用
TLG3901BLV2
ゲートウェイの設置イメージ

ゲートウェイの設置イメージ

機能仕様・諸元

品名 屋内LoRaWAN®ゲートウェイ「TLG3901BLV2」
LoRaチップ Semtech SX1308
SoC MTK MT8516 (ARM Cortex-A35)
ストレージ 512 Mbytes
フラッシュメモリー 256 Mbytes
インタフェース Ethernet Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX×1
USB USB2.0×1
microUSB Type-B×1(給電用)
アンテナ SMA R-male x2
モバイル nanoSIM×1
無線 LTEモジュール EC-25J
Wi-Fi 2.4GHz(※LoRa, LTEとのルーティングは現状非対応)
電源 DC5V/2A(microUSBポートにて給電)
対応周波数 920MHz~928MHz(日本)
送信速度 292bps~21.875Kbps
受信感度 -137dBm
LoRaプロトコル ClassA/C
アンテナ性能(最大利得) LoRa 2dBi
Wi-Fi 4dBi
LTE 0dBi@699~960 MHz; 2.6dBi @ 1710~2700 MHz
認証 TELEC/VCCI
チャネル数 8ch
動作温度 0~55℃
動作湿度 0%~90%
保管温度 -20~70℃
寸法(mm) 150.6(W) x 107.26(D) x 33(H) (※突起含まず)
重量 230g
付属品 LoRaアンテナ×2
電源用ケーブル(USB2.0~microUSB)×1
USBコンセントアダプター ×1

アプリケーション

提供機能一覧

通知機能 一定の値を超えた場合通知するように設定しておくと、メールやアプリケーションに異常通知をすることができます。問題発生時の即時対応に役立ちます
可視化 表形式での温度データの推移を一元的に可視化します。アラートの履歴なども随時確認することができます
遠隔監視 スマートデバイスアプリ及びPC用ブラウザから、温度情報を簡単に管理できます。都度温度の記録をしなくても、いつでもどこでも温度を確認できます
レポート機能 蓄積された温度データを日/月単位でエクスポートすることが可能です

画面イメージ

画面イメージ

※アプリ画面は現在開発中のため変更になる可能性があります。

ソフトウェア仕様

対応ブラウザ Google Chrome バージョン81以降
対応OS Windows 7/10、Mac OS X
iOS 10.0以降

オプション

LoRaWAN®電波測定デバイスの無償貸出

事前に通信試験を希望される場合は、お打ち合わせの上、電波測定機器を無償で貸し出します。
温度センサー設置前に、通信状態に問題ないことをご確認いただけます。

LoRaWAN®電波測定デバイスの無償貸出

「アプリケーション」にない機能をご希望の場合はご相談ください

本ソリューションで提供している機器以外のセンサーやカメラを利用し、別のIoT監視環境を構成することも可能です。お気軽にご相談ください。

機器設置オプション

温度センサーの取り付けに不安がある場合は、機器設置サポートオプション(有償)をご利用いただけます。

ご利用料金

ご要件に応じて個別にお見積もりします。お気軽にお問い合わせください。

IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報

IIJ IoTビジネスポータル