ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、ホスティング/クラウドサービスに関してSAP独本社の認定を取得

IIJ GIO上でのSAP(R)システム運用を支援するソリューションを提供開始

2013年05月08日

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一、コード番号:3774 東証第一部、以下 IIJ)は、SAP AG(本社:独ワルドルフ、共同CEO:ビル・マクダーモット、ジム・ハガマン・スナーベ、以下SAP)より、IIJのホスティングサービスとクラウドサービスの品質に関して認定を受け、「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」を取得しました。

「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」とは、サービスのセキュリティレベル、運用に関するマネージメントレベル、基盤設備の堅牢性、サポート体制など、SAPが設定した品質基準をクリアしたサービスを認定する制度です。IIJは、ホスティングサービスとクラウドサービスにおいて同制度の審査に合格し、2013年4月18日付で同認定を取得しました。

2010年以降、企業情報システムの基盤としてクラウドサービスの利活用が進んでおり、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービスblank」も既に900社を超えるお客様に導入されています。多くの企業で基幹業務の中核を担うSAP Business Suiteを「IIJ GIO」上で利用することにより、お客様はSAPシステムの導入に際し、高いセキュリティを確保しながら初期投資、運用コストを抑え、迅速な開発・展開を行うことができます。

この度の認定を受け、IIJでは、SAP Business Suiteの基盤として「IIJ GIO」を利用されるお客様に対して、クラウド上へのSAP BASIS導入、運用を支援するソリューションを2013年7月より提供いたします。
本ソリューションは、2012年10月より提供している「IIJ GIO統合運用管理サービスblank」をSAPソフトウェア向けに拡張したもので、同ソフトウェア関連の監視機能を強化し、インフラ全般に加えてSAP BASIS固有の運用をサービスとして提供します。また、IIJ GIO環境でSAPソフトウェアを円滑に導入いただくための初期サポートや、BASIS設計、構築などを支援する導入支援も行います。

IIJは、今後もSAPとのクラウド分野でのビジネスを拡大し、クラウドサービス事業者としてこれまで培ってきた技術力を生かし、「IIJ GIO」上で安心して利用いただける利便性の高いSAPソリューションを提供してまいります。

IIJ GIO統合運用管理サービスについて

クラウドサービス、オンプレミス(お客様設備内)で構築したシステムを、一元的に監視・運用するサービスです。 IIJ側でシステムの稼働や使用状況を監視し、障害検知時の通知から、原因調査、障害復旧まで実施するため、お客様はクラウドとオンプレミスの利点を取り入れたシステムの運用が容易になります。詳細は以下のWebサイトをご参照ください。

SAPジャパンからのエンドースメント

このたび、IIJがSAP認定ホスティングサービスプロバイダおよび同クラウドサービスプロバイダとなられたことを歓迎いたします。本認定は、SAPのソフトウェアをご利用いただく環境として高品質のホスティング/クラウドサービスを提供されるパートナー企業をSAP AGが認定するものです。今後IIJが、包括的で革新的なサービスを低コストで利用できるホスティング/クラウド環境を提供し、SAPのソフトウェアをご利用のお客様からのご要望に高品位のサービスでお応えいただくことを期待します。

SAPジャパン株式会社
エコシステム&チャネル統括本部 E&Cプログラム本部 本部長
亀田 俊様

  • (※)SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る