1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. イベント・セミナー
  4. 見る力、予測する力がデータ活用を進化させる

見る力、予測する力がデータ活用を進化させる参加無料(事前登録制)

~IIJ ビッグデータセミナー~

本セミナーは終了いたしました。

  • 株式会社インターネットイニシアティブ

数年前までバズワードだった「ビッグデータ」は、今や我々の企業活動に必要不可欠なマーケティング要素となりました。データ解析をより効果的に行い、経営課題の 解決および市場機会への投資判断などより積極的に活用することが求められています。

しかし多くの企業がDWH、ビジネスインテリジェンスツールを導入し、ビッグデータ活用に乗り出しているにも関わらず、人材の不足、データ管理の負荷、システム基盤の未整備といった現実の障害が存在し、本当にビジネスに貢献する課題解決型のアナリティクスが実現できているとは言い切れない状況にあります。

本セミナーでは、企業が抱えるこうした現状と課題をITリサーチの専門家が明らかにし、実際にデータ解析で成功を収めている企業の事例をご紹介いたします。また、情報システムの専門家でなくても扱える新世代のビジュアルアナリティクスを使った、経営・マーケティング担当者が求める、活きたデータ分析の手法をご案内します。

皆様のご来場をお待ちしております。

日時 2015年9月10日(木) 14:00-16:50 (開場13:30)
会場 IIJグループ本社(飯田橋グラン・ブルーム)13F会議室
参加費 無料(事前登録制)
定員 50名(定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます)
対象 経営企画部門、情報システム部門、マーケティング部門の方

プログラム

見る力、予測する力がデータ活用を進化させる
~IIJ ビッグデータセミナー~
14:00-14:05
(5分)

ご挨拶

14:05-14:50
(45分)

企業におけるビッグデータ活用の現状とキーポイント

ITR リサーチ・ディレクター/シニア・アナリスト
生熊 清司 氏

「ビッグデータ」が注目され、企業ではこれまで以上にデータ活用の重要性が叫ばれています。しかし、既に多くの企業において、DWHやBIツールなど様々なIT施策が実施されているにもかかわらず、自信を持って、ビジネスに貢献しているといえる企業は少ないのが現状です。
本講演では、調査データによって国内企業の現状と課題を明らかにし、データ活用を推進するためのキーポイントについてご説明します。

14:50-15:00
(10分)
-Break-
15:00-15:45
(45分)

大阪ガスにおけるデータ利活用の取り組み

大阪ガス株式会社
情報通信部ビジネスアナリシスセンター 副所長 岡村 智仁 氏

大阪ガスビジネスアナリシスセンターは、弊社グループ内外の様々なビジネス組織に対して、データ分析による課題解決・意思決定支援を行う専門組織です。
ビジネス上の経営課題・業務課題を解決する為、単なる統計学的なスキルだけでなく、適用対象である現場を理解することを重視することで、成果を上げてきました。
本講演では、ビジネスアナリシスセンター設立から現在に至るまでの経験から、データ分析プロジェクトを成功させるコツや、社内にデータ分析専門部隊を持つ理由、データ分析人材の育成方法についてご説明します。

15:45-15:55
(10分)
-Break-
15:55-16:40
(45分)

従来型BIツールの課題を解決できる新世代のBIソリューション紹介

SAS Institute Japan株式会社
ビジュアルアナリティクス推進 担当部長 畝見 真 氏

従来型BIの課題を解消し、真にセルフサービス型で、データディスカバリー&データビジュアライゼーションをハイパフォーマンスで実行可能で、かつ将来を予測することもできる新世代のBI製品である「SAS Visual Analytics」をご紹介します。

16:40-16:50
(10分)

これから始めるクラウド・アナリティクスのご紹介

株式会社インターネットイニシアティブ
プロフェッショナルサービス1部 課長 岡田 晋介

IIJは高い信頼性を持ったクラウド「IIJ GIO」を基盤に、かねてよりDWH、Hadoopをはじめとするビッグデータへの取り組みを行ってきました。本講演では、「SAS Visual Analytics」をクラウドで提供する、「SASアナリティクスソリューション on IIJ GIO」をご紹介します。

  • ※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)