1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. IIJセキュリティ教育プログラム「IIJセキュリティ教習所」

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)特定講習もご提供「IIJセキュリティ教習所」

IIJセキュリティ教習所とは

セキュリティの最前線で培った確かな実績とノウハウを基に、実践力の高い知識・スキルを習得できるプログラムを提供します。

体系的なプログラムで
セキュリティ人材育成を支援

基礎知識から実践を踏まえた応用知識まで、体系的に学べるプログラム。インシデント発生時に適切な判断・対処が行えるセキュリティスペシャリストの育成を支援します。
マルウェア解析やフォレンジックなど、高い知識やスキルが求められる手法を習得する高度プログラムも提供する予定です。

現場ですぐに使える
知識・スキルを習得可能

IIJセキュリティオペレーションセンターの対応事案や、サービス運用の経験ノウハウを基にプログラムを提供。
机上の学習だけでなく実践を想定した演習により、すぐに役立てられる知識・スキルが身に付きます。

最前線で活躍する
IIJセキュリティ専門家が
講師を担当

IIJが提供する各種サービス・ソリューションで実際にインシデント対応支援やサービス運用を行っている担当者が講師を務めます。
最前線で活躍するIIJセキュリティ専門家から直接学ぶことができます。

「IIJセキュリティ教習所」名前に込めた想い

"教習所"という言葉で皆さんが想像されるのは自動車教習所ではないでしょうか。
自動車を運転するためには、その仕組みや交通ルールなどの「知識」を学ぶことに加えて、実際に運転するための「技能」を身に着ける必要があります。

サイバーセキュリティにおいても、高度化する脅威に対処するために企業の情報システム部門のセキュリティ担当者やCSIRT部門担当者は、セキュリティ知識に限らずITに関する「知識」を学んだ上で、実際の現場で対処するために必要となる「技能」を身に着ける必要があります。

「IIJセキュリティ教習所」という名前には、ここで学んだ「知識」と「技能」を活かし、セキュリティスペシャリストとして先頭に立って適切な判断・対処が行える人材を育成したい、という想いを込めています。

関連コラム:人を育てスキルを磨く「IIJセキュリティ教習所」“いざ”に備える実践力を養う方法を徹底解説

プログラム

インシデントハンドリング実践コース(情報処理安全確保支援士特定講習)

実践を意識した演習中心のプログラムにより、インシデント発生時の正しい初動対応に求められる知識・技術の習得を目指します。
この講義は「民間事業者等が行う特定講習」として、経済産業大臣から情報処理安全確保支援士特定講習(特定講習番号21-007-022)で認定されています。

実施形式 チーム演習形式
習得知識/スキル IIJセキュリティオペレーションセンターで実際に対応したインシデントを基に構築した疑似インシデントへの対応を通し、インシデントハンドリングに要求される知識やスキルを習得できます。
  • インシデント発生の連絡からクローズまでの対応方法
  • インシデント発生時の適切な初動対応方法 など
概要
  • 最新セキュリティ動向について
  • インシデントハンドリングの流れと実践(ログ解析/切り分け作業)
  • 実践内容の振り返り
実施場所 株式会社インターネットイニシアティブ 本社(飯田橋グラン・ブルーム)
電車でのアクセス:JR中央・総武線飯田橋駅 西口改札徒歩1分 地図を見る
定員 4名~ ※最小開催人数の4名に達しない場合、中止または延期となる可能性があります。
開催日程 当ページにて順次公開いたします
期間 1日/10:00~18:00 途中休憩あり
費用 80,000円(税込)/人

インシデントハンドリング実践コースのお申し込み

法人のお客様

営業担当までお申し込みください。
またはWebフォームにてお問い合わせください。

お問い合わせ
(法人のお客様向け)

個人のお客様

Webフォームにてお申し込みください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
(個人のお客様向け)

攻撃技術理解・防御 APT対策基礎コース

最新の攻撃手法をもとに独自の演習プログラムを作成、実践ですぐに活用できる検知・防御に関する知識の習得を目指します。

実施形式 個人演習形式
習得知識/スキル 最新の攻撃手法を踏まえた演習をとおして、現場ですぐに活用できる実践的な検知・防御に関する知識を習得できます。
  • 高度標的型攻撃手法に関する知識
  • セキュリティ対策の考え方 など
概要
  • 最新インシデント事例について
  • サーバ・クライアントに対する攻撃手法の解説
  • 攻撃に関する対策方法の検討
実施場所 株式会社インターネットイニシアティブ 本社(飯田橋グラン・ブルーム)
電車でのアクセス:JR中央・総武線飯田橋駅 西口改札徒歩1分 地図を見る
定員 4名~ ※最小開催人数の4名に達しない場合、中止または延期となる可能性があります。
開催日程 当ページにて順次公開いたします
期間 1日/10:00~17:30 途中休憩あり
費用 80,000円(税込)/人

攻撃技術理解・防御 APT対策基礎コースのお申し込み
次回開催は2月10日(金)予定です

法人のお客様

営業担当までお申し込みください。
またはWebフォームにてお問い合わせください。

お問い合わせ
(法人のお客様向け)

個人のお客様

Webフォームにてお申し込みください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
(個人のお客様向け)

新型コロナウイルス感染防止対策について

設備 / 講師・スタッフの対応について

  • 感染防止を考慮の上、受講者の座席を配置します。
  • 会場設備(ドアノブ、机、椅子など)及び使用する機材類(PC、マイクなど)を定期的に消毒します。
  • 定期的にドアの開放による換気を実施します。
  • 手指消毒用アルコール及び除菌用シートを常設し、必要時にすぐにご利用いただけるようにします。
  • 講師・スタッフは、手洗い、うがい、手指消毒、マスク着用などの感染防止対策を行い、日常の体調管理に努めます。
  • 講師・スタッフは、講義実施前に検温実施の上、講義中はマスクを着用します。

受講者様へのお願い

  • 受講当日の朝、検温及びご自身の体調の確認をしていただき、37.5度以上の発熱、または咳、咽頭痛、息切れ、全身倦怠感、下痢や味覚障害などの新型コロナウイルス感染が疑われる自覚症状がある場合は、受講をお控えください。
  • 受付で、非接触型体温計による検温を実施しますので、ご協力をお願いいたします。
  • 会場に入られる際には、消毒用アルコールで手指の消毒を行ってください。
  • 会場内ではマスクの着用にご協力をお願いします。
  • 会場内でのお食事はお控えください。お飲み物はお持ち込み可能です。
  • 受講中に体調に異変を感じた際は、講師・スタッフまでお知らせください。

その他

  • 講師・スタッフが新型コロナウイルスに感染した場合、本講習は中止または延期する可能性があります。
  • 受講後に会場の同席者において新型コロナウイルス感染が判明した場合には、当該情報について速やかにお知らせいたします。
  • 万が一、受講後に新型コロナウイルス感染が判明した場合にはお手数ですが弊社までご一報お願いいたします。

ご利用条件

<法人のお客様>

<個人のお客様>

「特定商取引に関する法律」に基づく表示

  • 販売業者:株式会社インターネットイニシアティブ
  • 代表者:勝 栄二郎
  • 販売責任者:島上 純一
  • 所在地:〒102-0071 東京都千代田区富士見二丁目10番2号
  • お客様問い合わせ窓口:
    IIJインフォメーションセンター(土日祝日除く 9:30~12:00、13:00~17:30)
    TEL:03-5205-4466
    E-Mail:secedu-contact[at]iij.ad.jp ※[at]を@に変換してください。
  • 販売価格:当ページにて販売価格を表示
  • 支払い方法:クレジットカード Visa / MasterCard / JCB / American Express / Diners Club
  • 支払い期限:各カード会社引き落とし日
  • 役務提供時期:IIJセキュリティ教習所の開催時期をご確認ください。
  • キャンセルポリシー:
    受講者が研修実施日の3日前までにキャンセルした場合には、当社は、受講費用を請求しないか、または、既に支払済の受講費用について当社が適切と判断する期日までに受講者に返金します(返金に係る手数料は受講者負担とします)。
    上記のキャンセルに該当しないキャンセルの場合または当日ご連絡なく欠席された場合は、当社は、受講費用の全額を請求するか、または、既に支払済の受講費用の返金はいたしません。
  • その他:IIJセキュリティ教習所の利用条件に係る詳細についてはIIJセキュリティ教習所利用規約PDFをご参照ください。

よくあるご質問

領収書は発行できますか?
IIJセキュリティ教習所では領収書は発行していません。個人のお客様としてお申し込みいただいた場合、お支払いされたクレジットカードのご利用明細書を領収書として使用できる場合があります。
情報処理安全確保支援士ではないですが受講可能でしょうか?
大歓迎です。これからセキュリティ業務に従事される方や、CSIRTの立ち上げ/セキュリティオペレーションセンターの導入をご検討されている方など、多くのお客様にご受講いただきたいです。