1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. IoT
  4. IIJ IoTビジネスポータル

IIJ
IoT Business Portal

News

What’s IoT?IIJのIoT事業とは?

IoTに最適化したサービスと業界に特化したソリューションをワンストップでご提供。お客様のIoTビジネスを支援します。

IIJのIoTビジネスは二つの活動を軸としています。
一つは、IIJがこれまで提供してきたネットワーク、クラウド、セキュリティといったITサービスをIoT向けに進化させると同時に、お客様がIoTビジネスを実現するために適した形でご提供する活動。
もう一つは、IoTのマーケットでIIJの新しいサービス・ソリューションを開発・展開し、お客様へ新たな価値を提供するとともに、IoTによって社会課題の解決へ貢献することです。

IoT mechanismIoT事業の仕組み

IIJのIoTビジネスは、IIJが長年提供しているITサービスをIoT向けに最適化し、プラットフォーム化した「IIJ IoTサービス」を土台として展開しています。「IIJ IoTサービス」では閉域モバイルネットワークをはじめとしたネットワーク機能と、IoTを実現するうえで欠かすことのできない、機器のリモート管理やメンテナンス、パブリッククラウドとの連携機能などをワンストップで提供しています。

多数のお客様をサポートする中で蓄積してきたニーズを機能として実現するとともに、IIJ自身が新たに展開するサービス・ソリューションで「IIJ IoTサービス」を利用することで進化させています。
また、私達が考えるIoTは、ITパーツをIoTのマーケットへ届けるだけに留まらず、ハードウェアやソフトウェアパッケージなどのプロダクトを提供しているパートナー企業様と協業することで、センサー・ネットワーク・クラウド・アプリケーションまでをワンパッケージでサービス・ソリューションとしてお届けすることを目指しています。

IIJは、これからIoT化を目指すお客様が「ITパーツをどう使うか?」といったことで悩む必要がなく、迅速にビジネスを実現することができるサービス・ソリューションをワンストップで提供して参ります。

農業IoT

農業の課題をIoTで解決!

日本の農業の現状は、農業者人口の減少と高齢化により大きな課題を抱えています。その中の切り札の一つとして注目されているのが「スマート農業」です。IIJでは、農水省の研究プロジェクトを元に水田センサーとLPWA無線基地局を開発、水田の水管理コストの省力化を実現するシステムを開発しました。
通信の専門家であるIIJが本気で農業に取り組むことは大きなチャレンジでもあります。将来の農業のあるべき姿を通信事業者の観点から見つめ直し、より低コストかつオープンなシステムとすることで、利用者である農業者や、自治体、JAなどとも連係し、利用しやすく持続可能な仕組みを作り上げていきます。

また、本プロジェクトを通じて得たノウハウを元に、農業分野はもちろんのこと、防災対策や教育など、地域の課題解決のための無線通信、プラットフォーム提供も進めていきます。

産業IoT

工場設備・産業機械をつなぐ
安心・安全な産業IoTプラットフォーム

台湾の産業用コンピューターメーカーADVANTECH協業により、産業IoTに特化したプラットフォーム「WISE-PaaS IIJ Japan-East」を国内製造業向けに展開しています。メーカーに依存せず、様々な産業機械、センサーからデータをWISE-PaaSクラウドに収集し、設備リモートモニタリングや生産数の見える化を行うことが可能です。また、IIJのネットワークを通じて、工場・設備をインターネットにつながない「閉域網」による安全なリモートメンテナンス環境を提供可能です。

産業領域での展開を進める中で、産業設備を対象としたリモート監視やアフターサービスの高度化、保守点検業務の効率化のニーズを実感しています。例えば、フィールドメンテナンス作業は、物理的な距離、煩雑な現地作業の手続き、危険をともなう場所での作業など、リモート化が求められる分野です。IIJでは、産業機械メーカー様や工場設備部門様のニーズに応える産業IoT向けソリューションを提供しています。

ホームIoT

IoT技術を活用して暮らしと地域に寄り添う

暮らしを便利で快適にするサービスの提供を目的に合同会社ネコリコを設立。
「これまで見えなかったものを見えるようにする」「これまで分からなかったことを分かるようにする」そんなIoTサービスを提案し、みなさまの生活の「ちょっとした不安」や「心配ごと」に寄り添い、一緒に解消していくことを目指しています。

ネコリコホームプラス

ネコリコホームプラスは、おうちの環境をセンサで計測。温度や湿度や気圧、 スマートメーターの電力使用量等の計測値から、暮らしに役立つ情報をLINEを使ってお知らせします。

独居ケアアシスタント

独居ケアアシスタントは、一人暮らしの高齢者と地域や家族を繋ぐ、センシング型みまもりサービスです。高齢者に負担をかけずに導入することができ、機能もシンプルで簡単に利用できます。

エネルギーIoT

スマートメーターで「電力」を管理

IIJ高圧スマートメーター活用サービスは、高圧小口需要家向けに電力使用量の見える化とデマンド監視の機能を提供し、事業者の電力コスト削減に貢献します。

高圧スマートメーターの規格に準拠しているため、全国全てのエリアで利用することができ、機器の設置作業も従来のクランプ方式と比べて簡単に実施することができます。
空調設備と連携させたデマンド発生時の自動制御や、WebAPIを使ったシステム連携にも対応しています。

また、本サービスはお客様のブランドで再販が可能となっておりますので、お客様の既存製品やサービスと組み合わせてご提供することも可能です。

What is IIJ IoT Service?IIJ IoTサービスとは?

IoTプラットフォームがつなぐ「エッジ」「クラウド」「ユーザー」

IIJ IoTサービスは、IoT専用のセキュアなネットワークに付加価値を与え、クラウドによるデータ収集・蓄積・可視化、デバイスの監視・制御・メンテナンスを行うためのプラットフォームを提供します。

Service 01IIJ IoTサービス ユースケースGPSトラッカー

  • Point 01

    人の見守り

    子供や高齢者など、人の見守りに活用することで、家族の安全を守ります。

  • Point 02

    車両の位置・経路確認

    タクシーなどの現地情報確認、走行記録の自動化、最寄ドライバーの把握など、様々な活用が可能です。

  • Point 03

    盗難対策

    バイク、荷物などの盗難や強盗対策に。場所の追跡や経路確認が可能です。

  • Point 04

    人の見守り

    輸送中トラックの位置確認、走行記録やルート記録の自動化、稼働管理や荷物のトラッキングなどが可能です。

セキュリティが心配、デバイス管理はどうしたらいいか分からない。

セキュアなプラットフォームで、データやデバイスを安全・簡単・便利に管理

デバイスとIoTプラットフォーム間は、閉域ネットワークで構成することが可能。外部からの脅威にさらされることがありません。

Service 02IIJ IoTサービス ユースケースネットワークカメラ

  • Point 01

    遠隔地のリモート監視

    太陽光発電設備などをリモート監視で物損などの状況を確認できます。

  • Point 02

    工場内のライン監視

    工場内ラインでは、事故発生時証拠データとして、また作業や勤怠管理として利用可能です。

  • Point 03

    店舗内の不審者監視

    万引きや盗難抑止、また証拠データを保存することが可能。

  • Point 04

    マンション/住宅の監視

    マンションや住宅などで設置することにより不審者の監視や証拠保存に利用可能。

監視データや映像の保管コストが心配

動画の蓄積には安価なクラウドストレージを活用

一般的にはローカルにネットワークビデオレコーダーなどを設置して映像データを保存することがありますが、安価なクラウドストレージにデータを保存できます。

Service 03IIJ IoTサービス ユースケースリモートメンテナンス

  • Point 01

    農業IoTでの
    エッジデバイス
    リモートメンテナンス

  • Point 02

    食品温度管理IoTでの
    エッジデバイス
    リモートメンテナンス

  • Point 03

    工場IoTでの
    エッジデバイス
    リモートメンテナンス

ファームウェア更新作業を、現地で行わなければならない

リモートメンテナンスで、現地作業は不要

エッジデバイスのメンテンナスはリモートで完了。管理者や技術者が現地に赴く必要はありません。

Service 04特定分野向けソリューション
IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント

IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメントは、工場へ納入される産業機器のリモートメンテナンス環境を簡単に導入できるソリューションです。マルチベンダー・マルチインタフェース対応の産業用PC/ゲートウェイ機器と、工場のネットワークに依存しないセキュリティの高いネットワーク・クラウド環境をワンストップで提供します。

工場生産管理部門・設備管理部門向け
IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント / Factory

産業機械・計測器メーカ向け
IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント / Machinery

個人開発者向け可視化ソリューション身の回りのメトリクスをMachinistで整理しましょう。

Machinist

自分の知らない間に日々何が起きているのか気になりませんか?
センサーデータ、ビジネスの KPI など身の回りにはメトリクス化できるものがたくさんあります。あらゆるメトリクスを Machinist へ集め、今まで知らなかった出来事を見つけましょう。

What is a LoRaWAN® solution?LoRaWAN®ソリューションとは?

低消費電力・遠距離通信可能なLoRaWAN®を活用!

IIJ LoRaWAN®ソリューションは低消費電力、
長距離通信が特長の無線であるLoRaWAN®を利用したIoTソリューションです。
LoRaWAN®を活用することで通信コストを抑えて各種センサーデータの可視化が可能です。

Solution 01LoRaWAN®ソリューション
ユースケース

農林水産省の平成28年度公募事業「革新的技術開発・緊急展開事業」「低コストで省力的な水管理を可能とする水田センサー等の開発」

水管理作業の労働負荷やノウハウ継承の課題を解決するために、ICTを活用したいが、水の管理を効率化する機器や通信費用などのコストが高く、導入の障壁になっている。

機器や運用コストを抑えることで経営体が容易に導入できるICTシステムを開発し、従来の水管理コストを50%削減することを目指し、サービス化を実現をする。

日本の農業は、平均年齢が65歳を超える一方、経営の大規模化が進み、農作業の効率化、省力化は大きな課題となっています。その中で農林水産省を中心として、ICT技術を活用する「スマート農業」を普及させる取り組みが全国各地で急速に進みつつあり、2019年から始まった「スマート農業加速化実証プロジェクト」では、全国69地区において、先端技術を活用し、生産から出荷までを一貫して管理する体系を確立するべく、官民一体となった取り組みが進んでいます。

IIJでは、2017年から農研機構生研支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)」の支援を受け、水田の水管理の省力化を可能とする低コストなICT水管理システムの開発を進めてまいりました。静岡県磐田市、袋井市での3年間の実証実験を経て、このほど長距離(約1~2km)の通信を可能とする無線方式LoRaWAN®に対応した安価な水田センサーの開発に成功しました。

Solution 02IIJ水管理プラットフォーム
for 水田

  • 水田センサーで水位、水温を測定したデータを、スマホで遠隔確認
  • 継続的に利用可能なように、初期費、通信費を抑えた価格
  • LoRaWANを利用することで1~5kmの範囲をカバー
  • 水田の水管理にかかる労働時間を大幅削減

Solution 03特定分野向けソリューション
IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理

  • 冷凍庫/冷凍庫/ショーケースの温度を自動計測、遠隔可視化
  • センサーは電池稼働、設置工事不要で手軽に導入
  • 温度異常の通知、データのCSV取得に対応
  • 食品業界における衛生管理を支援

IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理では、食品の製造、保管、販売、提供を行う現場での温度データの自動収集と異常監視・通知を低コストで簡単に行えます。温度を測る温度センサー、温度データをクラウドに送るゲートウェイ、通信用SIM、データを保存し可視化するクラウドサービスがご利用になれるソリューションです。

  • ALL

取り組み事業
カテゴリ
サービス・
ソリューション

Case studies and topicsトピック一覧

もっと見る