1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. クラウド
  4. IIJのオフィスITソリューション

クラウド

オフィス内のITシステムをクラウドへ IIJのオフィスITソリューション

オフィスで利用する様々なIT環境をクラウドに移行し、ワークプレイスを開放することで生産性の向上とリスク低減を実現するIIJのオフィスITソリューション。常に新しいオフィスITを必要なときに必要なだけ利用でき、日々変化するビジネス環境にも迅速に対応できるIT基盤を提供します。

IIJのオフィスITソリューションとは

複雑化する社内のITリソースや巧妙化するセキュリティ脅威など、急速に変化するビジネス環境への対応をせまられるIT部門の負荷は高まるばかりです。 そこで、IT環境のすべてをクラウドに移行し積極的にサービス利用すると、運用負荷が軽減しビジネスの柔軟性・俊敏性が向上します。

これまでのオフィスIT

  • PCごとの煩雑なセキュリティ管理
    (メール、URLフィルタ)
  • 限られた場所でのワークスタイル
  • 閉じられたネットワーク
    (WAN、インターネット)
  • 定期的にかかる膨大な設備投資

ソリューション導入後

  • ゲートウェイセキュリティで一括管理
  • ワークプレイスを開放し、柔軟性のあるオフィス環境
  • 安全性と柔軟性を兼ね備えたネットワーク
  • サービス利用で最適な投資

オフィスITソリューションイメージ:クラウド移行で実現できること

ソリューションラインアップ

IIJの豊富なサービスを自由に組み合わせて、お客様に最適なオフィスIT環境を構築できます。

カテゴリ サービス サービス内容
セキュリティ 迷惑メール、ウイルス対策やメール監査をはじめとする、企業に必要不可欠なメールセキュリティ機能を網羅したクラウド型サービス
Webフィルタリング、アンチウイルス、ログ保管など、企業のセキュリティに求められる様々な機能を提供するクラウド型サービス
オフィスアプリケーション シェアNo.1のサイボウズのエンタープライズグループウェアを、クラウドサービス上で活用。大規模なシステムにも対応するスケーラビリティをもったSaaS型グループウェア
企業内や企業間でファイルの交換や配布を行うことができる、アンチウイルス機能を備えたオンラインストレージサービス
Office 365の導入に必要な認証やクライアント管理・セキュリティ対策のシステムをクラウドサービス「IIJ GIO」に構築し、導入をサポート
クラウド基盤 Windowsのデスクトップとアプリケーションを仮想化して、そのままクラウドへ。どこでもオフィスと同じように仕事ができる仮想デスクトップソリューション
パブリッククラウドとプライベートクラウドを融合。あらゆるビジネス基盤を支える次世代IaaS
クラウドからオンプレミスまで、IIJのサービスはもちろん、お客様が運用しているシステムや他社クラウド環境まで監視・運用

課題別サービス組み合わせ例

情報漏えい対策をしたい

デスクトップ仮想化によるセキュアPCの実現

クラウド上にある仮想PCから画面イメージのみを転送するしくみを利用しているので、接続されたPCやタブレットの紛失時・盗難時も安全。不正なデータ持ち出しも制御できます。

安全に社外でPCを利用できるため、ビジネスの迅速化、直行直帰や在宅勤務環境の実現など、生産性の向上にも寄与します。

最新のセキュリティ機能をアセットレスに導入可能

IIJのクラウド型セキュリティサービスとの連携で、既存ネットワーク構成に大きな変更を加えることなく、メールやWebアクセスを利用した攻撃手法に対する万全のセキュリティ対策を実現できます。

情報漏えい対策のためのサービス組み合わせイメージ

標的型攻撃対策をしたい

社内ネットワークからインターネット接続環境を分離

IIJ GIO仮想デスクトップサービスを利用してクラウド上にある仮想PCから画面イメージのみを転送すれば、インターネットに接続する環境を社内ネットワークから分離できます。このため、標的型攻撃に対する情報漏洩リスクを極小化できます。

「出口/入口対策」も万全

標的型攻撃など深刻化するWebからの脅威には、多層防御が効果的です。IIJのクラウド型サービスで、ウイルスの侵入や不正なサイトへのリダイレクトをブロックする「入口対策」と、マルウェアに感染したPCから悪意あるWebサイトへの通信を検知・遮断する「出口対策」を実現。企業の大切な情報を守ります。

標的型攻撃対策で防御するサービス組み合わせイメージ

アプリケーションの保守コストを下げたい

接続元に依存しない環境でライフサイクルコストの最小化

クラウド上にある仮想PCから画面イメージのみを転送して利用すれば、接続元デバイスのOSやパッチの適用状態、他のアプリケーションの状態に依存しない環境でのPC操作が実現できます。

アプリケーション自体はクラウド上の統一された環境で稼働させるため、問題の切り分け時、問い合わせ対応、アプリケーション配布などのライフサイクルコストが最小化します。

アプリケーションの延命対策にも有効

接続元デバイスに依存しない実行環境となるため、PCのOSやWebブラウザバージョンアップ時にも容易に対応可能です。 接続元ではアプリケーションが対応するOSやブラウザバージョンの環境を保持しつつ、クラウド上ではバージョンアップ後のOSやブラウザを使用できるので、PCのライフサイクルに影響されず、アプリケーションの投資対効果を最大化します。

アプリケーション保守コスト削減を実現するサービス組み合わせ例イメージ

海外拠点のセキュリティ統制を実現したい

海外拠点のセキュリティ統制を効率化

海外拠点のセキュリティ対策は一番の悩みどころ。拠点のPCと拠点サーバをクラウド上に実装すれば、日本のIT管理者が直接管理・運用でき、拠点のIT管理コストが圧縮できます。

海外の狭帯域環境でも快適利用

クラウド上にある仮想PCから画面イメージのみを転送して利用するので、クライアントサーバ型アプリケーションやファイルサーバなど、帯域を必要とし遅延に弱いアプリケーションでも快適に利用できます。

海外拠点のセキュリティ統制を実現するサービス組み合わせイメージ

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報

ビジネス課題の解決パターンを一挙公開!IIJ GIOベストプラクティスへ