Windows Server 2008のEoS対応/ Windows 10への移行を検討している方はチャンス!

オンプレスに残る3つのWindowsサーバ ファイルサーバ ADサーバ WSUSサーバ またリプレース?と思ったら今こそクラウドへ

詳しいサービスガイドブックを差し上げます

マンガでわかる Windowsサーバクラウド化のお悩みから解決まで

マンガをクリックすると、続きが見られます(4ページ)

マンガをスワイプすると、続きが見られます
(4ページ)

  • マンガでわかるWindowsサーバクラウド化のお悩みから解決まで 1
  • マンガでわかるWindowsサーバクラウド化のお悩みから解決まで 2
  • マンガでわかるWindowsサーバクラウド化のお悩みから解決まで 3
  • マンガでわかるWindowsサーバクラウド化のお悩みから解決まで 4

詳しいサービスガイドブックを差し上げます

ご利用料金(税別)

品目 初期費用 月額費用
ファイルサーバ 1TB~ 容量に合わせて個別にお見積もり
ADサーバ Active Directory 960,000円 120,000円
Active Directory + Azure AD Connect 960,000円 160,000円
WSUSサーバ - 300,000円 100,000円

※ WSUSサーバの初期費用は、ADサーバと同時申し込みの場合は不要です。

※ ADサーバのマルチリージョン対応など、詳細はお問い合わせください。

FAQ(よくあるご質問)

共通

Q1OSの管理権限は付与されますか。
AAD及びWSUSサーバは、OSの管理権限をIIJが保持するため、お客様がOSレベルの操作をすることはできません。ファイルサーバは、OSの管理権限をお客様にお渡しします。

ファイルサーバについて

Q1Q. クォータ制限やVSS(ボリューム シャドウコピー サービス)は使えますか。
Aはい。使えます。ファイルサーバでは、OS運用はお客様管理としてご提供します。
Q2メニューの容量追加はオンラインでできますか。
Aはい。同一ボリュームの容量は、オンラインで追加・削減が可能です。
Q3Windows Updateのタイミングは指定できますか。
Aはい。ファイルサーバは運用上、OSログインが必要なため、OS運用はお客様管理としてご提供します。Windowsセキュリティパッチの適用などは、お客様のタイミングで実施ください。

ADサーバについて

Q1オンプレミスのADがない場合も導入できますか。
Aはい。導入できます。
新規でADを導入する場合にも、ご活用いただけます。
Q2ADを冗長構成にできますか。
AADは標準で冗長(2台)構成で提供します。

※Azure AD Connectはシングル構成です。

Q3サービス設備のリージョンはどこですか。
Aリージョンは東日本 / 西日本のいずれかをご選択いただけます。

※東西冗長をご希望の場合はマルチリージョンオプションをご利用ください。
異なるリージョンのサービス設備と地理冗長することもできます。

Q4導入時の健全性チェックはどのようなことを検査するのでしょうか。
A 既存ADの正常性を確認するためのスクリプトを、お客様のADサーバ上で実行いただきます。
実行結果をIIJで確認し、エラーが出ていないか等をチェックします。

※サービス仕様に準拠いただくため、既存ADの設定変更をご依頼させていただく場合があります。

Q5設定変更はユーザ側でできるのでしょうか。
A 管理コンソールより設定を変更できます。
[主な設定]
    • ドメイン/信頼関係
    • サイト/サブネット
    • ユーザ/コンピュータ
    • グループ
    • 連絡先
    • OU/GPO
    • パスワードポリシー
    • 削除済みオブジェクト復元
    • イベントビューア
    • DNS管理
  • イメージ図:管理画面

WSUSサーバについて

Q1WSUSサーバの制御帯域は選択できるのでしょうか?
A50Mbps、100Mbps、150Mbps、200Mbps、 250Mbps、300Mbpsから選択いただけます。
Q2WSUSサーバ1契約で配信・管理可能なクライアント台数の目安は?
A約3,000台です。
配信・管理対象のクライアント台数が3,000台以上となる場合は、構成をご提案させて頂きますのでご相談ください。
閉じる