IT資産をすっきりひとまとめにする方法とは?

構成管理の一元化でマルチクラウド運用をラクに

構成管理の一元化でマルチクラウド運用をラクに

[PDF 27ページ]

構成管理&ITSMツールなど、システム部門の業務を効率化する機能を網羅。

電話でのお問い合わせ 03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~12:00、13:00~17:30)

クラウド活用を推進する
情シスの皆さま
こんなお悩みは
ありませんか?

クラウドで稼働している
ソフトウェアの保守情報
管理できていない…

クラウドで稼働しているソフトウェアの保守情報が管理できていない…

資産管理にExcelを
使っているから
更新作業が煩雑…

資産管理にExcelを使っているから更新作業が煩雑…

オフライン機器など
管理できていない機器も
実は存在している…

オフライン機器など管理できていない機器も実は存在している…

IIJの構成管理ツールなら あらゆるIT資産をひとまとめに管理

IIJ 統合運用管理サービス(UOM) すっきりひとまとめに。

IIJの構成管理ツールの5つの特長

Features 01

AWS、Microsoft Azureを自動取り込み

インターネット接続経由でAPI連携することで、クラウドの構成情報を自動収集。更に、プライベート接続するとAWS、Microsoft Azureで取得できる情報も増え、オンプレミスの構成情報も自動で取得。システム変更やリリース作業後の構成情報の更新漏れを防止します。
AWS、Microsoft Azureを自動取り込み
Features 02

クラウド上のソフトウエアも

クラウドのサーバに対して、ソフトウェア、ライセンス情報を紐づけて横断的な管理が可能。脆弱性対応時の該当サーバの特定もスムーズに。
クラウド上のソフトウエアも
Features 03

見たい形にカスタマイズ

構成管理DBにはあらかじめ管理しやすいカテゴリや管理項目をご用意。取り込んだデータは適切な項目に追加され、表示項目は目的に合わせて追加や編集ができます。
見たい形にカスタマイズ
Features 04

自動リマインドで対応漏れを
防止

管理対象ごとに、任意の担当者宛にリマインドの通知設定が可能。通知のタイミングは期限切れの1週間前~2ヵ月前まで選択可能。
自動リマインドで対応漏れを防止
Features 05

既存の管理Excelも取り込みOK

Excelで管理している構成情報をインポートすることで、構成情報登録の手間を大幅に削減できます。
既存のExcel管理も取り込みOK

料金は「500円×ノード数」

料金例 1

API連携でクラウド構成情報を取得する場合

API連携でクラウド構成情報を取得する場合
構成管理対象:20ノード
初期費用
0
月額費用
10,000
料金例 2

クラウド/オンプレミスの構成情報を
プライベート接続で取得する場合

クラウド/オンプレミスの構成情報をプライベート接続で取得する場合
プライベート接続することで、クラウドのより詳細な構成情報を取得できます
構成管理対象:120ノード
初期費用
0
月額費用
108,000
  • 構成管理機能:60,000円(120台分)
  • プライベート接続:48,000円~

※IIJ設備につながるお客様拠点回線やAWS Direct Connectなど
の費用は別途必要

機能の概要を動画で見る

IIJ統合運用管理サービスなら 更に、こんな機能も

各種システムから日々大量に発生するアラート処理、定型対応の自動化、ツールによる業務の可視化など、豊富な機能でシステム管理者様の業務負荷を軽減します。

システム監視

システム監視

自動
オペレーション

自動オペレーション

チケット管理

チケット管理

ジョブ
管理

ジョブ管理

ITSM
ツール

ITSMツール

IT資産をすっきりひとまとめにする方法とは?

構成管理の一元化でマルチクラウド運用をラクに

構成管理の一元化でマルチクラウド運用をラクに

[PDF 27ページ]

構成管理&ITSMツールなど、システム部門の業務を効率化する機能を網羅。

電話でのお問い合わせ 03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~12:00、13:00~17:30)
閉じる