IIJ

IIJなら料金はそのままOffice 365 にメールセキュリティをプラス IIJなら料金はそのままOffice 365 にメールセキュリティをプラス

Office 365のメールセキュリティ機能に不安を感じているお客様に最適です! Office 365のメールセキュリティ機能に不安を感じているお客様に最適です!

Microsoft Partner of the Year 2017 AWARDIIJはMicrosoft認定パートナーですIIJは「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」2年連続受賞。

「Office 365 のメールセキュリティは不安」という声にお応えして、IIJなら月額料金そのままで「メールセキュリティ機能」を強化。 「Office 365 のメールセキュリティは不安」という声にお応えして、IIJなら月額料金そのままで「メールセキュリティ機能」を強化。

IIJメールセキュリティイメージ図 IIJメールセキュリティイメージ図

Office 365 にプラスされるセキュリティ機能

  Microsoftで
購入の場合※1
IIJで購入の
場合※2
440円 440円
誤送信対策機能
(添付ファイル自動暗号化)
ウイルス対策/
スパム対策

(Office 365 とIIJの二重防御)

Office 365 with IIJなら豊富なオプションもご用意

サンドボックス
メール監査
アクセスIP制限
IPv6による
高速通信

別途オプションとして、Office 365と連携可能な機能を多数用意しています!

※1 Microsoft公式サイトでExchange Online プラン 1を購入した場合

※2 Office 365 with IIJでExchange Online プラン 1を購入した場合

office365導入についてこんなお悩みはありませんか?

Office 365 導入についてのお悩みその1

関係ないファイルをメールに添付。情報漏えいが心配

office365 with IIJ  なら

添付ファイル自動暗号化機能で
万が一のメール誤送信時の情報漏えいを防ぎます。

メールの添付ファイルは自動で暗号化されるため、暗号のかけ忘れを防ぎます。受信者にはパスワードつきの添付ファイルが届くため、万が一の際はパスワードの送信を取り消すことで、メール誤送信時の情報漏えいを防ぎます。

イメージ図:メール誤送信対策を強化

Office 365 導入についてのお悩みその2

脅威メール対策を強化したい

office365 with IIJなら

Office 365 のセキュリティ機能とIIJ独自のセキュリティ機能で
メール受信リスクを極小化します。

5層にも及ぶフィルタリング機能で、なりすましメール、迷惑メールからランサムウェア、標的型攻撃まで(※オプション対応)、メール受信時における脅威メールを極小化します。
また、グローバルサービスの Office 365では特に判定が難しい日本語(2byte)メールの検知率が高く、誤判定問題を強化しています。

イメージ図:ウイルス対策/スパム対策を強化

Office 365 導入についてのお悩みその3

宛先間違いメールの送信を取り消したい

office365 with IIJなら

うっかりミスによる誤送信はメール取り消し機能で対策!

  • メールの送信を一定時間保留し、送信者へ宛先情報の再確認を促すメール(保留通知)を送ります。送信者は確認後に即時送信・送信取り消しが可能なため、うっかりミスによる誤送信の防止に役立ちます。
    管理者は、保留時間、保留させたくないメールアドレス・ドメインの設定、添付ファイルの有無・メールサイズによる設定、保留時間経過後の処理など様々なポリシーを簡単に設定できます。

Office 365 with IIJプランの詳細

料金プラン

  • Office 365 の月額料金そのまま、メールセキュリティ機能を強化できるのはIIJだけ

  • 新規導入ユーザも Office365ユーザも GoogleAppsからの移行もOK!
  Exchangeプラン Businessプラン Enterpriseプラン
  Exchange
Online プラン 1
Business
Essentials
Business
Premium
Enterprise E1 Enterprise E3
Microsoftで購入 年間契約の場合(ユーザ/月相当) ¥440 ¥540 ¥1,360 ¥870 ¥2,180
IIJで購入の場合 料金そのままセキュリティ機能をプラス!!
¥440 ¥540 ¥1,360 ¥870 ¥2,180
プラン概要 使い慣れたOutlook環境をクラウドサービスとして利用、ユーザー 1 人あたり 50GBのメールボックスを使用 Officeアプリケーションを除いた機能をすべて提供。(OfficeOnlineでの利用は可能)オンライン上でのメール利用、コラボレーションツールとしてOfficeの利用が可能 最新のOffice アプリケーションとPublisher 、コラボレーションツールを必要としている企業に最適なプラン Officeアプリケーションを除いた機能をすべて提供。(OfficeOnlineでの利用は可能)オンライン上でのメール利用、コラボレーションツールとしてOfficeの利用が可能 最新のOffice アプリケーション、とコラボレーションツールに加えコンプライアンスのツール (訴訟ホールド、データ損失防止など) も利用可能
Office
アプリケーション
- - Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access (PC のみ)
Publisher (PC のみ)
- Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access (PC のみ)
Officeサービス - Exchange
SharePoint
OneDrive for Business
Skype for Business
Microsoft Teams
Yammer
Exchange
SharePoint
OneDrive for Business
Skype for Business
Microsoft Teams
Yammer
Exchange
SharePoint
OneDrive for Business
Skype for Business
Microsoft Teams
Yammer
Exchange
SharePoint
OneDrive for Business
Skype for Business
Microsoft Teams
Yammer
こんなお客様に
おすすめ!
300名までの従業員規模でOfficeアプリケーションはライセンス版で使用し、メールとスケジュールはオンラインで管理をしたい企業向け 300名までの従業員規模でOfficeアプリケーションはライセンス版で使用し、コラボレーションはクラウドを利用する企業向け 300名までの企業規模でOfficeアプリケーションとグループウェアを使用したい企業向け 300名以上の従業員規模でOfficeアプリケーションはライセンス版で使用し、コラボレーションはクラウドを利用する企業向け 300名以上の中規模~大規模企業でOfficeアプリケーションとグループウェアを使用したい企業向け

月額料金そのまま
メールセキュリティ強化機能を
プラス

  • 誤送信対策機能強化
  • 添付ファイル暗号化
  • ウイルス・スパム対策
  • Office 365 とIIJで二重防御
  • さらに機能強化
    (サンドボックス・メール監査・メールアーカイブ)
    ※オプションのため別途お見積もり

詳しい価格及び注意事項はサービスページからご確認ください。
※ ご契約には別途初期費用が必要です。

お申し込みからご利用開始まで

図:お申込みからご利用開始まで

よくある質問

Q1既に Office 365 を利用中です。Office 365 with IIJに移管はできますか?
Aはい、できます。IIJ提供の Office 365 ライセンスに移管できるので、アドレス帳やメールデータをそのままご利用いただけます。
Q2Office 365 with IIJで利用可能な Office 365 のプランを教えてください。
AExchange Online及びExchange Onlineを含むプラン(Business EssentialsやE3など)をご利用いただけます。「詳細は 料金プランをご確認ください。」
※ KIOSKの場合はご相談ください。
Q3Office 365 の複数プランを組み合わせて契約は可能?
A可能です。Business Essentials x20ユーザ、Business Premium x30ユーザの計50ユーザのようにご契約可能です。
Q4Office 365 with IIJを契約後、プランを変えることは可能?
Aはい、可能です。ご希望のプラン変更内容についてお問い合わせください。
Q5Office 365 のサポートはどういった内容ですか?
AOffice 365 の製品仕様に関することは、IIJが窓口となりMicrosoftと連携して回答をいたします。

Office365とは -Office365 Suiteについて-

Office 365 は、企業に必要な機能が揃ったクラウド型のグループウエアサービスです。使い慣れたExcelやWord、Powerpointが、常に最新バージョンで、いつでもどこでも、どのデバイスでもご利用になれます。

Office 365 が選ばれる理由
従業員利便性向上とコスト削減を同時に実現!

仕事と家庭の両立など働き方改革を進めたい

  • Office 365 なら、いつでもどこでも、どのデバイス(パソコン、スマホ、タブレット等)でも同じデータにアクセス可能です。PC 5台、タブレット 5台、スマートフォン 5台までデバイス利用でき、私物の端末を業務にも使うBYOD(Bring Your Own Device)ニーズにもマッチ。スムーズなテレワーク環境の実現を後押しします。

    メールの確認、カレンダーの共有、ファイル共有、ビデオ会議などを活用して、いつでも、どこでも誰とでも仕事が行なえます。

IT管理者の負担とオフィスIT運用コストを削減したい

自社でのメールサーバー運用、セキュリティ対策強化は、運用管理の負担が大きくかかります。
クラウドサービスの Office 365 であれば、手間なく安心して、いつでも最新のOfficeを利用できます。

ユーザー1人あたり1TBの大容量オンラインスストレージを利用可能

  • 自社でサーバーを持つ必要がなく、毎月の保守費用もかからないクラウドサービスのため、運用費を大きく減らすことができます。
    ユーザー1人あたり1TBの大容量オンラインスストレージを利用でき、データの安全も確保されています。

会議・出張にかかるコストを削減したい

Office 365 なら時間や場所に縛られない「いつでも」「どこでも」自由な働き方が可能です。

クラウドを介したデータの共有やWeb会議により、顔をみながらの遠隔地との打ち合わせなどコラボレーションワークが円滑になります。

これまで出張など移動に費やしていた時間とコストを削減することができ、従業員の負担軽減、業務効率の向上の効果も期待できます。