IIJ

情報システム部門の皆さまへ
Office 365導入後、
ネットワークが遅いことで「板挟み」になっていませんか?

Office 365導入後イメージ図

Office 365を導入した後に陥る「こんなはずじゃなかった」

働き方改革を推進する中で情報システム部門がぶつかる壁。それが、経営者からのミッションと、現場社員からの要望とのギャップです。IIJは「板挟み」の原因となるOffice 365のネットワーク問題を解決します。

Office 365のネットワーク問題を解決したお客様

  • 大日本印刷株式会社  様
  • 大成建設株式会社  様
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 様
  • 大和ハウス工業株式会社  様

Office 365ネットワーク
3つのカン違い

(1)回線(2)プロキシ(3)リモートアクセス

快適なネットワークにはMicrosoftが定める品質基準をクリアする必要があります。

Microsoft Teams / Skype for Business ネットワーク品質基準

パケットロス パケットジッター パケットリオーダー
任意の15秒間隔の間に1%以下 任意の15秒間隔の間に30ms以下 アウトオブオーダーパケット0.05%以下

Office 365ネットワークは、どうしたらいいの?
正解はこちら

① 回線

Microsoftに最短で
つながるISPを選ぶ

詳細を見る

② プロキシ

クラウド側で
通信を振り分け

詳細を見る

③ リモートアクセス

切れないVPNに
入れ替え

詳細を見る

① 回線

Microsoftに最短でつながるISPを選ぶ

カン違い
帯域が確保される専用線を引けば大丈夫

ちょっと待った!

ISPによっては、ホップ数が多く、レスポンスが低下

Office 365接続用の回線には、安定性・低遅延の観点から専用インターネット回線(またはAzure ExpressRoute)が推奨されています。しかし、帯域保証型の専用線を利用したとしても、Microsoftネットワークまでに多数のISPを経由すれば、レスポンス低下は避けられません。

※ ExpressRouteのOffice 365接続は、Microsoft社による事前承認が必要となります。

IIJのインターネット接続サービスなら

Microsoftネットワークに広帯域で直接接続

国内有数のISPであるIIJは、Microsoftネットワークともピアリング(直接接続)しているため、他のISPの影響を受けません。また、MicrosoftとIIJ間は十分な帯域を確保して、安定した品質回線を保持しています。

通常の接続:多数のISPを経由/IIJサービスなら:広帯域で直接ピアリング

② プロキシ

クラウド側で通信を振り分け

カン違い
プロキシの混雑は、拠点から直接逃がせばいい

ちょっと待った!

拠点ごとに回線、ルータ、セキュリティ対策が必要

  • 多数のセッションを張る Office365 では、Webプロキシにも高負荷がかかります。例えばOutlookを利用すると、一般的に1ユーザあたり30セッションを張ると言われています。

    プロキシへの一極集中を防ぐ方法として「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」がありますが、運用上の課題も。
    拠点から直接インターネットへ抜けるため、拠点ごとに回線やファイアウォール機能付きのルータを運用する必要があり、管理者の負担は避けられません。

  • 回線だけ改善してもダメ。プロキシが遅延の原因に。

IIJクラウドプロキシサービスなら

クラウド側で振り分けるから、プロキシに負荷なし

IIJでは、一歩進んだ「クラウドプロキシ」で課題を解決します。クラウド側で通信を振り分けるから、拠点側には新たな機器も回線も不要。プロキシの負荷も上がりません。

よくある方法:インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)/新発想:クラウド上で自動振り分け

【保存版】クラウドサービス通信負荷解消の4つの方式を詳しく比較!

  • 無料資料イメージ
  • インターネットブレイクアウトを含めた、
    4つの方式のメリット/デメリットが一目で分かる比較表を掲載

    [PDF 9ページ]

③ リモートアクセス

切れないVPNに入れ替え

カン違い
VPNが切れる、遅れるは仕方がない

ちょっと待った!

リアルタイムコミュニケーションの多いOffice 365ではもっと深刻な状況に

Office 365の導入によって、自宅や外出先からのリモートアクセスも増加します。そこで課題になるのがVPNの品質。

  • 移動中や混雑した場所でVPNが切れる
  • Microsoft TeamsによるWeb会議で映像や音声が遅れる

特に、Web会議などのリアルタイムコミュニケーションでは、VPNの品質が生産性を大きく左右します。

IIJフレックスモビリティサービスなら

独自のVPN技術で、快適リモートアクセス

IIJなら、いつでも、どこからでも、快適なリモートアクセスを実現する“切れない”VPNサービスをご提供。
独自のVPN技術により、パケットロスも元通りに復元します。

VPNは本当に “切れない” のか?

IIJフレックスモビリティの利用あり/なしを比較

切れにくいVPNの秘密

エラー訂正&パケット復元

回線品質が劣化した状況ではパケットロスが発生します。パケットを分割し、エラー訂正符号のハッシュを付加することで、パケットロスが発生してもVPNサーバ側で復元します。

エラー訂正&パケット復元のイメージ図

独自UDPプロトコル

従来のTCP方式:パケットロスが発生した場合、再送を繰り返すため、遅延の原因となる/独自のUDP方式:パケットの応答を待たないため、無駄なく効率的にパケット配送を行う
  • NETMOTIONロゴ
  • 全世界で3,500社以上の実績を持つNetMotion Mobility®
    (ネットモーションモビリティ)をコアエンジンとして採用
    IIJは日本初のクラウドサービス提供

「切れないVPN」のガイドブックを
差し上げます

  • 無料資料イメージ

    パケットロスを激減させ、
    つながり続けるVPN。[PDF 4ページ]

    一般的なVPNと「切れないVPN」を比較し
    た実験の結果は?

  • 更にもう1冊
  • 無料資料イメージ

    革新的なVPNに迫る[PDF 2ページ]

    独自の技術が盛り込まれた先進的なVPN
    サービスの技術を解説!

Office 365導入に関わるネットワーク課題を
すべておまかせください

「大量セッション」や「インターネット向けトラフィックの増加」など。Office 365の導入にあたって、対策を検討しておくべきネットワークの課題はたくさんあります。
IIJでは、お客様のユーザ数や利用アプリケーションに応じて、ネットワーク課題の最適な解決策をご提案します。

「回線」「プロキシ」「リモートアクセス」+「既存ネットワークのアセスメントから、ネットワーク設計、移行、運用まで」

お客様のご要件に合わせて、個別にお見積もりします。お気軽にお問い合わせください。

導入実績

様々な企業でOffice 365のネットワーク問題を解決しています。

あわせてご検討ください
IIJのOffice 365対応サービス

IIJ ディレクトリサービス

ADクラウド化
Azure AD Connectにも対応

IIJ IDサービス

ADFS構築なしで
シングルサインオンを実現

  • Microsoft Partner of the Year 2017 ロゴ
  • IIJはMicrosoft認定パートナーです。

    Office 365に関するお悩みなら、実績豊富なIIJにぜひご相談ください。