IIJ

IIJなら料金はそのまま Office 365 にメールセキュリティをプラス!Microsoft 365 にも対応

Microsoft 365 とは?

Microsoft 365 とは、Office 365 に加えてOS(Windows 10)と
デバイス / ID管理ツールEMS(Enterprise Mobility + Security)が
ワンパッケージで提供される包括的なクラウドサービスです。

Microsoft 365 = Office 365 / Windows 10 / Enterprise Mobility + Security

Microsoft 365 が注目される理由

  • Windows 7のサポート終了

    Windows 7 のサポート終了

    Microsoft 365 なら、
    Windows 10に無償アップグレード

    Windows 7は2020年1月にEOS(End Of Support)をむかえます。サポート終了後はセキュリティ更新プログラムの提供が受けられなくなるため、セキュリティリスクが高まります

    Windows 7をお使いの企業の方なら、既存のOS環境を維持したままWindows 10に無償でアップグレードができ、アプリケーションやOSの各種設定などをそのまま引き継ぐことができます。

  • 働き方改革の加速

    働き方改革の加速

    Microsoft 365 のEMSで、
    セキュリティ対策と生産性向上を実現

    外出先や自宅からモバイルワークをする機会が増えています。Microsoft 365 に含まれるデバイス / ID管理ツールEMSは、クラウド・モバイル時代に必要なセキュリティ対策を強力にサポートします。

    万一、社員が出先でデバイスを紛失した場合にも、リモートワイプ/ロックで情報の漏えいを防ぐことができます。 データの自動暗号化も可能なため、リモートワークに伴うセキュリティリスクを低減できます。

IIJなら月額料金そのままで
「メールセキュリティ機能」を強化。
Microsoft 365 内の大切なデータを守ります。

Microsoft 365 には業務上の機密情報や社員の個人情報などの大切なデータが集約されます。これらの情報を守るためには、不正アクセスによる“なりすましメール”や、メール誤送信による“情報漏洩”などのリスク対策が重要です。Microsoft 365 with IIJ サービスは、Microsoft 365 の標準機能だけでは「企業のセキュリティニーズを十分に満たすことができない」と思われている方に最適です。

Microsoft 365 は、「OSとOfficeをまとめてアップグレードしたい」
「ご利用のデバイス / ID管理機能を強化をしたい」方向けのサービスです。

Office 365 のみ導入検討の方はこちらをご確認ください。

Microsoft 365 導入についてこんなお悩みはありませんか?

Microsoft 365 導入についてのお悩みその1

添付ファイルの暗号化を統制したい

Microsoft 365 with IIJ なら

添付ファイルを自動で暗号化(パスワード付きzip化)。
ポリシーを統制し、ユーザの手間を減らします。

メールの添付ファイルを自動で暗号化するため、企業ポリシーの統制ができ、ユーザの暗号化の手間や、暗号のかけ忘れといったリスクを防ぎます。

イメージ図:メール誤送信対策を強化

Microsoft 365 導入についてのお悩みその2

脅威メール対策を強化したい

Microsoft 365 with IIJ なら

Microsoft 365 に届く前に危険なメールをブロック。
メール受信リスクを極小化します。

多段のフィルタリング機能でなりすましメール、迷惑メールからランサムウェア、標的型攻撃(※オプション対応)まで、メール受信時における脅威メールを極小化します。
また、グローバルサービスの Microsoft 365 では特に判定が難しい日本語(2byte)メールの検知率が高く、誤判定リスクを低減。

イメージ図:ウイルス対策/スパム対策を強化

Microsoft 365 導入についてのお悩みその3

宛先間違いメールの送信を取り消したい

Microsoft 365 with IIJ なら

うっかりミスによる誤送信はメール取り消し機能で対策!

メールの送信を一定時間保留し、送信者へ宛先情報の再確認を促すメール(保留通知)を送ります。送信者は確認後に即時送信・送信取り消しが可能なため、うっかりミスによる誤送信の防止に役立ちます。
管理者は、保留時間、保留させたくないメールアドレス・ドメインの設定、添付ファイルの有無・メールサイズによる設定、保留時間経過後の処理など様々なポリシーを簡単に設定できます。

イメージ図:うっかりミスによる誤送信はメール取り消し機能で対策!

Microsoft 365 with IIJ プランの詳細

料金プラン

  • Microsoft 365 の月額料金そのまま、メールセキュリティ機能を強化できるのはIIJだけ

  • 新規導入ユーザも すでにOffice365を導入中のユーザも! GoogleAppsからの移行もOK!
  Businessプラン Enterpriseプラン
  Microsoft 365 Business Microsoft 365 E3 Microsoft 365 E5
Microsoftで購入
年間契約の場合(ユーザ/月相当)
2,170円 3,480円 6,250円
IIJで購入の場合 料金そのままセキュリティ機能をプラス!!
  • 添付ファイル暗号化
  • 脅威メール対策
  • 送信一時保留
2,170円 3,480円 6,250円
こんなお客様におすすめ! 300名までの従業員規模でOS / デバイス管理 / Officeアプリケーション / グループウェアを
使用したい企業向け
300名以上の中規模~大規模企業でOS / デバイス・ID管理 / Officeアプリケーション / グループウェアを使用したい企業向け 大規模企業でOS /デバイス・ID管理 / Officeアプリケーション / グループウェアに加えて、高度な端末セキュリティや分析を行いたい企業向け
利用人数 300名まで 上限なし 上限なし
Windows 10 Windows 10 Business
(旧OSをWindows 10 Proに無償アップグレード可)
Windows 10 Enterprise E3 Windows 10 Enterprise E5
EMS Intune + Azure AD 簡易デバイス管理 EMS ID/アクセス管理 統合デバイス管理
Office
アプリケーション
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote Access(PC のみ)
Publisher(PC のみ)
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access(PC のみ)
Publisher(PC のみ)
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access(PC のみ)
Publisher(PC のみ)
Officeサービス Exchange
SharePoint
OneDrive for Business
Skype for Business
Microsoft Teams
Yammer
Exchange
SharePoint
OneDrive for Business
Skype for Business
Microsoft Teams
Yammer
Exchange
SharePoint
OneDrive for Business
Skype for Business
Microsoft Teams
Yammer
Power BI Pro

※ ご契約には別途初期費用が必要です。

拡張機能

Microsoft 365 with IIJ ならセキュリティ以外にも便利なメール機能をオプションでご利用いただけます。

  • メールアーカイブ

    別ロケーションでメールデータを
    保存することで可用性を向上

    証跡保存としての重要性が高まるメールアーカイブをIIJの国内データセンターで保存します。Microsoft 365 と別のロケーションでアーカイブを取得することによりデータの可用性を向上します。

    イメージ図:メールアーカイブ
  • BCP対策

    Microsoft 365 障害時の
    メール送受信を継続!

    障害やメンテナンスなどで万一 Microsoft 365 が利用できない場合に、ご利用中のメールアドレスを変更することなくメール送受信の継続が可能です。
    IIJのWebメール機能を利用するため、メールクライアントの設定を変更する必要もありません。

    イメージ図:障害時・災害時のフロー

導入作業は簡単

ご契約のお客様には、メールセキュリティサービスと連携された Microsoft 365 ライセンスが発行されます。
お客様側でメール配送(MXレコードの変更)設定を行えばすぐにご利用いただけます。

図:お申込みからご利用開始まで

※すでに Microsoft 365 のライセンスをお持ちで乗り換えの場合
お客様側で手順書に沿ってメールセキュリティサービスとの連携設定を行っていただく必要がございます。

Microsoft その他のお悩みもIIJへ

  • シングルサインオン

    IIJ IDサービス

    安全な認証連携(SSO)を実現。アクセス元IP制限で社外からのアクセス制限も可能。

  • ADクラウド化

    IIJディレクトリサービス
    for Microsoft

    Active Directoryをクラウド提供。煩雑なサーバの運用から解放。

  • ウイルス対策
    (エンドポイント)

    IIJセキュアエンドポイント
    サービス

    エンドポイント端末におけるウイルス/未知の脅威対策を強化。

FAQ(よくあるご質問)

Q1Microsoft 365 を導入すればWindows 10が利用できますか?
AMicrosoft 365 Business を購入された場合、Windows 7 ProまたはWindows 8 Proを無償でWindows 10 Proにアップグレードできます。Microsoft 365 Enterprise E3/E5 を購入の場合は、既存Windows 10 Proをご利用中のお客様が、Windows 10 Enterprise E3/E5 にアップグレードできます。
Q2Microsoft 365 Business にEMSは含まれていますか?
AフルパッケージのEMSは含まれていませんが、Microsoft Intuneをご利用になれます。
デバイスを会社の保護下におき、 Windows AutopilotによってリモートでPCをAzure ADに参加させることで、端末のキッティングを自動化できます。
Q3Microsoft 365 を導入すればWindows Defender ATPが利用できますか?
AWindows Defender ATPは Microsoft 365 E5 にのみ含まれています。BusinessやE3を利用されるお客様には、「IIJセキュアエンドポイントサービス」が提供する次世代アンチウイルスソフト「CylancePROTECT」を組み合わせて利用いただけます。