IIJ

マルウェア防御と感染原因の特定をラクに IIJセキュアエンドポイントサービス / Symantec / Cylance / LanScope Cat

こんなことに
お悩みではありませんか?

  • マルウェア防御

    今、利用中のアンチウイルス製品だけで、マルウェアが防げているか不安

  • 流入原因の特定

    マルウェア検知時、資産管理ログとの突き合わせが大変で、流入原因の特定に時間がかかる

  • コスト

    セキュリティ対策に多くのコストや運用負荷がかかる。もっと対策強化したいけれど、これ以上の投資は無理

そのお悩み、IIJのクラウド型エンドポイント
セキュリティで解決します!

IIJセキュアエンドポイントサービス

既知・未知のマルウェアの防御、及び、流入の原因調査や再発防止を実現する
“アンチウイルス”と“IT資産管理”の機能を組み合わせたクラウド型サービスです。
※ 1製品からの段階的な導入にも対応しています。

イメージ図:IIJセキュアエンドポイントサービス

エンドポイントセキュリティ
― お悩み解決方法 ―

エンドポイントセキュリティのお悩みその1

導入しているアンチウイルスソフトの検知率が低い

IIJセキュアエンドポイントサービスなら

どんなに優れたアンチウイルスソフトでも、100%の検知は不可能です。検知ロジックが異なる、Symantec社とCylance社の製品を併用することで、日々進化する未知 / 既知のマルウェアを強力に防御できます。

エンドポイントセキュリティのお悩みその2

マルウェア検知時、流入原因の特定に時間がかかっている

IIJセキュアエンドポイントサービスなら

アンチウイルスとIT資産管理が統合されたツールをご提供。
マルウェアの検知状況を管理画面上に表示し、
数回クリックするだけで、原因を特定できます。

Cylance社の人工知能エンジンを搭載したプロテクトキャットがマルウェアを動作前に検知・駆除。トロイの木馬・ランサムウェアなどの種別やリスクの高さを判断します。更に、マルウェア検知前後の操作ログから、感染原因となる特定のWebサイト閲覧・標的型メールの開封などの行動を特定します。マルウェアの状況はすべて管理画面から閲覧&操作できるので、作業時間を大幅に削減できます。※Cylance及びLanScope Catのご契約が必須です。

マルウェア検知から再発防止までの流れ

  • STEP1
    LanScope Cat 管理画面のカレンダー上で、検知したマルウェアを確認

    その日に発見されたマルウェアの数は、LanScope Catの管理画面のカレンダーに表示される「脅威」アイコンの件数で分かります。どんなマルウェアが、どこで、なぜ流入したのかを追跡するには、そのアイコンをクリックします。
  • STEP2
    どのPCで何件マルウェアが発見されたかを確認

  • STEP3
    どんなマルウェアを検知したかを確認

  • STEP4
    同じマルウェアを検知しているPCの存在を確認

  • STEP5
    原因となるユーザ操作を追跡&確認し、再発を防止

  • EXTRA
    検知したマルウェアの詳細情報を確認

エンドポイントセキュリティのお悩みその3

セキュリティ強化に、これ以上コストや運用負荷を増やせない

IIJセキュアエンドポイントサービスなら

セキュリティ対策をアウトソース。
コストと運用負荷を削減できます。

トータルコストで比べてみてください

<お見積もり例>

端末数 1,000台、対象品目がSymantec / Cylance / LanScope Catの場合

  • オンプレミス 5年間総額(一例) 約1億300万円〜 月額参考費用:約1,700円〜/台
  • IIJセキュアエンドポイントサービス 5年間総額 約7,200万円〜 初期費用:約38万円〜/台 月額費用:約1,200円〜/台
オンプレミス IIJセキュアエンドポイントサービス
導入コスト ×
ハードウェアやライセンスの購入など、
高額な初期費用が必要

ハードウェアやライセンスの購入が不要で、
初期費用を低く抑えられる
導入期間 ×
要件定義、設計、機器の選定/調達、
構築などに数週間から数ヵ月かかる

申し込み後、約1ヵ月で利用開始が可能
セキュリティ対策 ×
外部侵入のリスクは低いが、自社でセキュリティ対策を行う必要がある

外部からの不正侵入に備えたセキュリティ対策をIIJが実施
端末数の増減 ×
ハードウェア面で柔軟な対応が難しく、
構成の見直しが発生。
端末数が減った場合はリソースが無駄になる

端末数に応じたリソース割当を受けられるため、
コストの最適化ができる
カスタマイズ性
カスタマイズは自由
×
サービススペックに依存する
機能の陳腐化リスク ×
資産化したハードウェアがある場合、
途中で機能が陳腐化しても変更が難しい

最低利用期間の1ヵ月が経過したら、
いつでも解約可能。
市場動向に合わせて、IIJが最新の機能を追加
運用(設備運用など) ×
セキュリティパッチの適用や、
製品のバージョンアップなどに人的リソースが必要

セキュリティパッチの適用や
製品のバージョンアップなどは
すべてIIJが実施
障害/災害対応 ×
休日夜間問わず自社で復旧作業が必要。
災害時は物理的にサーバに損害が生じる恐れがある

24時間365日、IIJが障害対応を実施。
耐震・免震構造を備えたIIJデータセンターに構築された設備が利用できる
サポート ×
各製品メーカのサポート窓口に問い合わせ。
海外製品はサポートが海外となる場合もある

窓口はIIJに一本化。
日本語による高品質なサポートをご提供
コスト・運用の
イメージ
突発的に跳ね上がるコスト ほぼ一定のコスト

さらに、便利な機能も!ダッシュボードで3つの製品を一元的に閲覧

IIJ独自ダッシュボード上で、マルウェアを検知した台数、脅威ファイルの分類、発生したアラート等を一元的に閲覧できます。膨大な数の端末の状況を迅速に把握し、必要な対策を取ることができます。

導入はカンタン

専任エンジニアが導入作業を手厚くサポート

最低利用期間は1ヵ月

オンプレミスで構築する場合、利用期間は一般的に約5年と言われています。
IIJセキュアエンドポイントサービスなら、最低利用期間は1ヵ月。気軽に導入いただけます。
また、ライセンス数の増減などにも柔軟に対応できます。

オンプレミスの場合約5年 IIJセキュアエンドポイントサービスの場合 1ヵ月

お客様から、お喜びの声をいただいています

  • 事例1 LanScope Cat+
    Cylanceを導入

    サービス業 / 200名

    以前は、インシデント発生時、調査に毎回3時間~半日かかった上に、時には原因を特定できず、残念な思いをすることも。導入後は、すぐに原因を特定し、具体的な対策をフィードバック。調査工数が削減できたので、業務の効率がアップしました。

  • 事例2 Cylanceを導入

    金融業 / 150名

    Cylance導入前は、シンクライアント環境でアンチウイルスのシグネチャ更新をするため、CPU負荷が大きく、大変でした。Cylance導入後はシグネチャ不要になったため、CPU負荷を抑えながら、ラクに運用できるようになりました。

  • 事例3 Symantecを導入

    サービス業 / 300名

    Symantecを導入して、シグネチャによるマルウェア検知だけでなく、振る舞い検出や機械学習によっても実際にマルウェアを検知していることが分かりました。多角的な検知によりマルウェアのすり抜けが減り、インシデント対応が減りました。

FAQ(よくあるご質問)

Q1既存のIT資産管理製品からの移行支援は受けられますか?
Aオンサイトの導入支援サービスをご提案します。
設定情報ヒアリング、内容協議、設定の設計等を実施します。

※別途費用が発生します。

※お使いの環境によってはご提供できないことがあります。

Q2操作方法や設定のレクチャーは受けられますか?
Aオンサイトの操作教育サービスをご提案します。
ポリシー設定、ログ閲覧、エージェントインストールの手順などをハンズオンでご説明します。

※別途費用が発生します。

Q3最低利用アカウント数はいくつですか?
A1台からご契約いただけます。