03
HISTORY

ITの常識を変えた、
先駆者の足跡。

IIJは日本で初めてインターネット接続サービスを実現させ、社会や経済のあらゆる仕組みの土台を生み出してきました。「インターネットイニシアティブ」という社名に込められた想いを、社員全員が受け継ぎ数々のイニシアティブを取り続けています。これまで生み出してきたサービスは、世の中のITの常識をどのように変えてきたのか。社会に大きな影響を与えた事例の一部を紹介します。

1993

インターネット接続サービス開始 日本初

当時、日本のインターネットは一部の大学や研究機関による研究用途の利用に限定されていた。そこでインターネットに無限の可能性を感じていたIIJが1992年に会社を設立し、企業や官公庁向けに接続サービスを開始したことで、その後の政治・経済・産業の変革を起こすきっかけに。

ITの常識をどう変えた?
インターネットを誰もが利用できる情報インフラに変えた。
1994

ファイアーウォールサービス開始 日本初

セキュリティ面の脅威から利用者を守るために、今では当然の対策である「ファイアーウォール」を日本で初めて導入し、防御機能が適切に稼働しているかまで監視するマネジメントサービスとして提供開始。

ITの常識をどう変えた?
インターネット草創期という、セキュリティが未成熟な時代にサイバーセキュリティの概念を浸透させた。
1997

米国でISP事業を開始 日本初

世界のITビジネスの中心的存在である米国で、日本企業として初めてISP(インターネットサービスプロバイダ)事業を開始。

ITの常識をどう変えた?
日本のインターネットサービスで、世界に勝負を挑むパイオニアになった。
2018

フルMVNOサービス開始 日本初

日本で初めてフルMVNO(格安SIM提供事業者の中で、SIMカードを自社発行可能など)となり、モバイルネットワークにおける、あらゆる利用の新境地を開拓。

ITの常識をどう変えた?
自由な形状・タイプのSIMの提供ができるようになり、世の中により柔軟性の高いサービスの提供が可能になった。
2019

4K映像・ハイレゾ音源のインターネット・ライブ・ストリーミング配信 世界初

ベルリン・フィルの演奏会リハーサル映像をライブ配信することに成功。4K・ハイレゾという大容量のコンテンツをインターネットを通して配信することは世界初の試みであった。

ITの常識をどう変えた?
配信の限界を突破し、次世代の常識となりうる高品質ストリーミング技術で、より臨場感に溢れた映像と音質を実現。
これまでのIIJの歴史をもっと
知りたい方は「25周年特設サイト」へ。

IIJのこれから

TOP MESSAGE

IIJの現在

ABOUT US