マルウェア・スパイウェアなどのセキュリティ脅威対策に

IIJ Firewall Management Service

ファイアウォールの導入から運用までをサポートするフルマネージド型サービス。マルウェア・スパイウェアをはじめとするなどのセキュリティ脅威から、お客様のネットワークを防御。日本でNo.1の実績を誇るファイアウォールサービスの品質と運用レベルをそのままに、信頼性の高いサービスをご提供します。

3つの特徴

Three features

01

ファイアウォール運用をフルアウトソーシング

ファイアウォールの機器調達・初期設定から、導入・運用までをワンストップでご提供。IIJグループが、日本で2000台を超えるデバイスの運用を通して培ってきた運用ノウハウを活かして、信頼性の高いサービス運用を実現しています。導入・運用に係るお客様の日々の作業負担を大幅に低減しつつ、よりセキュアなIT環境を実現します。

02

専門エンジニアによる24時間365日の運用監視

24時間365日体制でセキュリティのプロフェッショナルエンジニアがお客様のファイアウォールをリモートから監視。接続断や異常を検知した際には、お客様に連絡するとともに、迅速な復旧作業を行います。OS・ファームウェアのバージョンアップ、オンサイト対応など柔軟な対応が可能です。

03

多層防御でネットワークをセキュアに

Palo Alto Networks社、Fortigate社のハードウェア・仮想アプライアンスに対応。既知の脅威の検知・防御や、サンドボックスによる未知の脅威の検知・防御も実現。機器・ライセンスは当社からの提供か、お客様がすでにお持ちの資産をご活用いただけ、最小限の投資で最新のセキュリティ対策を導入できます。

基本機能一覧

Basic performance list

企業/組織に求められる多彩なセキュリティ機能と圧倒的なコストパフォーマンス

運用監視・保守

IIJの監視システムから、お客様の機器を24時間365日お客様に代わって運用監視。
万が一の障害時には、お客様に通知の上、復旧作業をサポートします。

アノマリ検知

お客様の通信傾向を学習し、異常を検知するIIJの独自技術をアノマリ検知システムに採用しています。

学習できる通信内容

  • ・許可されたコネクション数
  • ・拒絶されたコネクション数

アノマリ検知システムの検知例

  • ・社内PCがウイルスに感染し異常な通信をしている
  • ・DMZのWebサーバへの通信量が増大している
異常発生時のフロー 通信の傾向を解析、学習・通常通信からの逸脱を検知・IIJエンジニアによる調査の開始・異常と判断した場合、状況確認のご連絡(電話/メール)

月次レポート

月間の対応内容やファイアウォールの稼動状況などをまとめた月次報告書を、英語で毎月ご提供します。

多彩なオプション

拡張運運用サポート、アクティブスタンバイ、マルウェア対策、VPNなどお客様のニーズに応える様々なオプションをご提供します。

対応機器

お客様のネットワーク環境や用途に適したアプライアンス、仮想ファイアウォール機器をお選びいただくことが可能。IIJグループのクラウドサービス上にVMサーバを構築可能です。

Palo Alto PAシリーズ、Palo Alto VM-Series

palo alto networks

アプリケーションレベルの識別と制御を可能にした次世代ファイアウォール。IPS機能とアンチマルウェア機能を組み合わせ総合的に脅威を阻止する「脅威防御オプション」、ゼロデイ エクスプロイトや高度な回避技術を駆使する未知のマルウェアの検出に対応する「WildFireオプション」などを提供。

Palo Alto各シリーズの特徴

FortiGate-VM、FortiGateアプライアンス

palo alto networks

複数のセキュリティ機能を1台に集約し、独自開発のセキュリティプロセッサ「FortiASIC」による高いパフォーマンスと優れたコストパフォーマンスを同時に実現した次世代ファイアウォール(NGFW)/UTM(統合脅威管理)。

FortiGate各シリーズの特徴

Palo Alto PAシリーズ・ Palo Alto VM-Seriesの主な特徴

多層防御を1台で実現する、次世代ファイアウォール
Palo Alto Networks(パロアルトネットワークス)社のPAシリーズは、従来のシグネチャによる既知の脅威の検知・防御に加えて、サンドボックスによる未知の脅威の検知・防御も実現します。更に、従来のファイアウォールではできなかったアプリケーションの識別・可視化・制御も行うことが可能です。
オンボックスレポートによる通信・利用状況の可視化
アプリケーションやトラフィックなどカテゴリごとに期間を指定して、お客様自身で必要な情報のログを選択しレポートとして閲覧できます。これにより、ネットワークの状況把握に加えて、アプリケーションやユーザごとの活動状況を把握することが可能です。

オンボックスレポートで閲覧可能な項目

  • ・トラフィックログ
  • ・脅威ログ
  • ・システムログ
  • ・アプリケーション集計レポート
  • ・脅威防御レポート

オンボックスレポート表示形式

  • ・Applicationレポート
  • ・Threatレポート
  • ・Trafficレポート
  • ・PDF Summaryレポート
※通信ログ量によって、参照できるレポート期間が異なります。

機能概要

脅威防御
WildFire(サンドボックス)
アプリケーション識別(App-ID)
ユーザ識別(User-ID)

FortiGateアプライアンス / FortiGate -VMの主な特徴

企業/組織に求められる多彩なセキュリティ機能と圧倒的なコストパフォーマンス

FortiGateシリーズで提供する「アンチウイルス」「侵入プロテクション」「Webフィルタ」「Emailフィルタ」の各機能は、FortiGuardサービスと連携し、常に最新の脅威情報に基づいたセキュリティ対策を実現します。

Fortinet(フォーティネット)社の世界6ヵ所に設置されたセキュリティセンターでは、200名を超えるセキュリティの専門家が日々変化する世界中の脅威を24時間365日体制で監視・分析しています。ここで蓄積された脅威情報は、FortiGuardサービスとしてFortinet社の各製品に最新のシグネチャを提供しています。

Fortinet社 FortiGateアプライアンスの実績
優れたコストパフォーマンスで多彩なセキュリティ機能を提供する「FortiGate」は、2004年以降、16年連続でUTM市場シェアNo.1を獲得しています。

機能概要

マルウェア対策
マルウェア対策(アンチウイルス)
マルウェア対策(侵入プロテクション)
マルウェア対策(Webフィルタ)