1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. セキュリティ対策
  4. IIJセキュアエンドポイントサービス
  5. サービスメニュー・料金
  6. IT資産管理モバイル

IT資産管理モバイル

IT資産管理モバイルには、PCに加えてスマートデバイスまで一元管理が可能な「LANSCOPE クラウド版」を採用。iOS/Androidのスマートフォンやタブレットに対応し、リモートロックやワイプなどMDM(Mobile Device Management)としての基本機能のほか、資産管理や操作ログの取得、位置情報の取得など豊富な機能を備えています。

LANSCOPE クラウド版

「IT資産管理機能」と「MDM機能」をクラウドで一元的に提供

マルチデバイスに対応した管理コンソールで、すべてのPCとスマートデバイスの資産情報管理を一元化。管理の煩雑さを解消し、運用負荷を軽減すると共に、IT資産の棚卸しを効率化できます。
クラウドサービスのため中継サーバなどの構築が不要で、自宅、外出先、海外拠点など場所を問いません。端末がインターネットに接続していれば、情報の一斉配信や特定アプリの利用禁止など、管理者側で端末の管理・制御を行えます。

PCとスマートデバイスの資産情報を、1つの画面でまとめて管理(連携機能)

「IT資産管理モバイル」で収集したOSタイプ、OSバージョン、加入キャリア、Wi-Fi、MACアドレスなどスマートデバイスの資産情報を、PC管理向けの「IT資産管理」に自動取り込みができます。また、画面で選択したスマートデバイスに対して、ワンクリックで「IT資産管理モバイル」のリモートロック/ワイプ実行画面を呼び出せます。

※ 別途「IT資産管理」のご契約が必要です。

LANSCOPE クラウド版

機能と契約プラン

プラン
機能 概要 ライトA ライトB ベーシック
デバイス情報の取得 電話番号やOS情報など最大56項目を取得、任意項目も管理できます
ファイル・アプリ配信 ソフトウェアやbatファイル、アプリケーションをデバイスに配信できます -
ソフトウェア・アプリの利用禁止 特定のアプリの利用を禁止できます
メッセージ・アンケート 管理者からデバイスに対して、メッセージやアンケートを配信できます
記録メディア制御 グループ単位でUSBメモリなどの利用を禁止、また会社支給のUSBのみ許可などの除外設定ができます
操作ログ管理(Windows)

デバイス上での画面閲覧やファイル操作、アプリ利用ログを取得できます

-
操作ログ管理(iOS・Android) -
リモートロック・ワイプ 遠隔で画面ロックやデータの初期化をできます
位置情報の取得 位置情報を自動で取得し、複数の情報をまとめて表示、またデバイス別に移動履歴も確認できます -
Apple Business Manager 構成プロファイルの管理・配信や紛失モードなどの機能を利用できます -
Android Enterprise デバイスの利用制御やアプリ管理(Playストアのカスタマイズ)を利用できます

IIJセキュアエンドポイント
サービス

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報