1. ホーム
  2. クラウド
  3. IIJクラウドファイルサーバソリューション

ico

ファイルサーバを手軽にクラウド化IIJクラウドファイルサーバソリューション

IIJクラウドファイルサーバソリューションは、用途に合わせて3種類の方法でファイルサーバをクラウド化。従来のファイルサーバ(CIFS)と同様の使い勝手で、高い性能を実現します。

こんな課題をお持ちのお客様はご相談ください

  • ファイルサーバ拡張時にコストと工数がかかり、気軽に容量拡張ができない
  • ファイルサーバのクラウド化は性能劣化が気になる
  • 複数の拠点にファイルサーバが分散しており、一元管理できていない
  • ファイルサーバのDR/BCP対策を自社で運用するのが困難
  • 設計データなど大容量ファイルを扱うため、拠点間のファイル共有が難しい

3つのタイプ

用途に合わせて、IIJ GIOインフラストラクチャーP2(以下、IIJ GIO P2)、Panzura、FOBASからお選びいただけます。

こんなお客様にオススメ

  • Windows標準機能レベルは一通り使いたい
  • 1ボリューム16TB以内の容量で十分

クラウド(IaaS)上の
Windowsサーバを利用する

ファイルサーバとして利用するための
設定作業も含めてご提供

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 パブリックリソース 概要図

パターン2

こんなお客様にオススメ

  • 専用線を引かずに高性能ファイルサーバを使いたい
  • 20TB以上の容量は必要

専用機器でクラウドストレージをファイルサーバ化

容量無制限のクラウドストレージを
ファイルサーバとして利用できます

Panzura 概要図

パターン3

こんなお客様にオススメ

  • 専用線を引かずに高性能ファイルサーバを使いたい
  • 20TB以内の容量で十分

専用機器でクラウドストレージをファイルサーバ化

Panzuraよりも小規模に対応した、
より安価な製品を利用します

FOBAS 概要図

機能比較表

IIJ GIO P2パブリックリソース Panzura FOBAS
容量・
拡張性

1ボリュームあたり1TB~16TB
(サイズを初期導入時に選択、
同一ボリューム拡張不可)

容量上限なしの
クラウドストレージを利用
(キャッシュ上限は約15TB)

容量上限なしの
クラウドストレージを利用
(キャッシュ上限は約3TB)
クォータ
FSRMクオータを設定
×
なし

Web管理画面より設定可能
ログ
Windowsイベントログへ出力

  • ※ オプション
Syslogサーバへアクセスログを
出力可能

CIFS共有内 (管理者向けフォルダ) に定期的に生成
スナップショット
追加ストレージ (各ドライブ) ごとにVSSを設定

設定可能

設定可能
AD連携
別途AD連携またはローカル認証選択可

(必須)

設定可能
アンチウイルス
  • ※ オプション
ライセンスはお客様持ち込み

  • ※ オプション
アンチウイルスサーバとICAPに
よる連携可能

Clam AntiVirusによるアンチウイルス機能を標準搭載
バックアップ・
データ堅牢性

  • ※ オプション
別サーバへ自動レプリケーション可能

クラウドストレージ側で3重コピーを実施。
データの堅牢性99.999999999%

クラウドストレージ側で3重コピーを実施。
データの堅牢性99.999999999%
ネットワーク
オプションとして別途VPNサービスなどをご提供

既存のインターネット回線で運用可能

既存のインターネット回線で運用可能

組み合わせてご利用いただけるサービス

IIJクラウドファイルサーバ
ソリューション

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)