1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. 動画・配信
  4. IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス
  5. 主な機能

主な機能

外部からの脅威対策:DDoS対策システム

外部の脅威から守り、DDoS対策システムをオプション提供します。

攻撃特性の通信を自動検知・自動防御

インターネットからお客様設備(オリジンサーバ)に流れる通信状況を把握し、攻撃特性を持つ通信を受け取った場合は、自動的に検知し適切な防御を実施します。これにより、Webサイトの安全性を高めることが可能です。

DDoSプロテクション連携オプション

お客様設備専用のDDoS対策を提供します。DDoS攻撃を受けた場合には、サイトの特性やアクセスパターンに応じて、適切な対応を実施します。また、月次報告書を閲覧できます。

月次報告書イメージ

DDoS対策の概要

Webサイトへの不正攻撃対策:WAFシステム

Webサイトを不正な攻撃から守るWAFシステムをオプション提供します。

運用管理を含めたオールインワンのWAFサービス

WAFの機能やその運用監視、必要なものをすべてサービスでご提供。アプリケーションセキュリティ専門のエンジニアが全通信ログを確認し、負担の大きいセキュリティポリシーのチューニングといった作業も実施するため、お客様にかかる負荷はほとんどありません。

リソースオンデマンドが実現する高いスケーラビリティ

トラフィックの変動に合わせて拡大/縮小が簡単に行える柔軟なスケーラビリティを持っているので、一般的なWAFで想定される高額なハードウェアへの投資や資産リスクを負うことなく、手軽に利用できます。
これにより、キャンペーンサイトなどで予想される突発的・短期的なトラフィックの急増にも一時的な設備増強で備えることができるため、コストの最適化が実現します。

多彩な実績を持つWAFエンジンを採用

既にSaaS型WAFサービスで多くの実績を持つ日本製のWAFエンジンに、IIJ独自のカスタマイズを加えて使用しています。
日本製のエンジンであるため、様々なソフトウェアトラブルに対して迅速に対応できます。また、マルチバイト文字を含む通信など、日本特有の問題にも対応しています。

  • ※ 本オプションのご利用にはIIJ GIOコンポーネントサービス ネットワークアドオン/WAFスタンダードのご契約が必要です。

Webサイトへの不正攻撃対策の概要

SSL通信への対応

オプションにて独自ドメインによるSSL暗号化通信(HTTPS)に対応可能。

コーポレートサイトやECサイトなど、高度なセキュリティが必要なWebサイトにもご利用可能

SSL対応Webサイトを独自ドメインにて構築・運用することが可能です。独自ドメインで運用できるため、コーポレートサイトのお問い合わせフォームやECサイトの決済ページなど、高度なセキュリティが必要なWebサイトにもご活用いただけます。

「キャッシュなし」と「キャッシュあり」の通信方法から、目的に応じて、どちらかの方法をお選びいただけます。

キャッシュなし、キャッシュありのイメージ

コントロールパネルとAPI

コントロールパネルとAPIを活用して、キャッシュの設定と情報の閲覧ができます。

更新したコンテンツを即座に反映

オリジンサーバのコンテンツを変更した際に、キャッシュの更新を待ったり、ファイル名を変更したりする必要はありません。キャッシュの削除が可能なため、お客様の任意のタイミングでコンテンツを即座に反映することが可能です。

更新間隔(TTL値)を自由に設定

キャッシュの更新間隔(TTL値)を設定することができます。TTL値は1分~30日まで設定できるだけでなく、複数ルールを設定できるため、コンテンツの内容に合わせて、適切に設定することが可能です。

アクセス状況をレポート

日次で集計されたアクセスログを翌日中に閲覧・ダウンロードすることが可能です(過去14日間分)。また、トラフィックやステータスコード割合を視覚的に確認できるグラフ機能を提供します。

APIを利用してプログラムからサービスを操作

APIを用いたプログラムから、「オリジンサーバの情報の取得・変更」、「キャッシュ設定の取得・変更」、「アクセスログダウンロード用URLの発行」などの操作が可能です。詳細はAPI Referenceをご参照ください。

IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

おすすめ情報

おすすめの記事