IZmo/W,s

松江データセンターパークで利用しているコンテナモジュール。
IZmo/Sは、ラックを傾斜配置することによりコンテナの幅を2.5m以下に抑え大型トラックでの輸送を可能としました。
IZmo/Wは、コンテナの幅が3mであるため、トラックよりコストが高いトレーラーで輸送する必要がありますが、一般のデータセンターと同等な内部空間を確保しています。

  IZmo/S IZmo/W
外観 IZmo/W, S Appearance
特徴 IZmo/S Interior
  • 傾斜ラックによる省スペース設計、一般的なDC向けIT機器を収容可能
  • 大型トラック輸送
  • 9.5×2.4×2.7 (m)
IZmo/W Interior
  • 一般的なDCと同等の内部スペース、多様なIT機器を収容可能
  • トレーラー輸送
  • 8.6×3×3.0 (m)
  • IT/空調セパレート型モジュール
  • 外気冷却と冷却機併用
  • 空調モジュール(本体のみ) 4.4×2.9×3.8 (m)
  • 空調モジュール並列冗長
  • 冷却能力 90kW(外気・室外機)
  • 9ラック/モジュール
  • ファン風量 最大27,000m3/h
  • Ashrae 2008 recommended 準拠
  • 火災予兆センサー、N2ガス消火(オプション)
  • pPUE 1.12 (実測値)
IZmo Overhead Illustration