ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

無料ダウンロード

One Cloudが切り拓く未来
~IIJ GIOで加速するクラウドへの移行~

クラウド記事一覧へ

フルクラウド時代の幕開けをとらえて、IIJはクラウドサービスにおける新たなコンセプト「One Cloud(ワンクラウド)」を打ち出しました。国内企業の情報システム部門ならではの事情を踏まえ、一気通貫でかゆいところに手が届くサービス提供を目指します。この資料では、日本通運、戸田建設など4社の事例と共に、"持たざるIT"実現の経緯と成功の理由を紐解きます。

国内企業の"事情"に基づき設計や運用も一気通貫で提供

One Cloudの最大の特長は、多様な業種と様々な規模の企業にクラウドサービスを提供する過程でIIJが把握した、国内企業の"事情"を勘案している点だ。

周知の通り、しばらく前から国内企業の多くは、情報システム部門の役割を見直す一環として、企画に注力する体制づくりを推進してきた。同時に組織のスリム化を図り、運用のアウトソーシングを進めてきた経緯もあり、クラウドを採用しても開発や運用の負担を増やさない、むしろ軽減したいとの意向が根強い。

ところが、従来のクラウドサービスは、こうした国内企業の意向に十分に応えてきたとは言い難かった。どちらかというと、システムを構成するパーツの色合いが濃かったためである。

IIJ執行役員クラウド本部長の立久井正和はこう説明する。情報システム部門の体制を維持したままクラウドを導入し、使いこなせるように支援する。膨大な既存のIT資産を生かしたまま、クラウド化を推進できるようにお手伝いする。そのためにIIJがすべきことを考え、クラウドとネットワーク、セキュリティを3本柱に体系化したコンセプトが「One Cloud」だ。
企業がセルフサービスでサーバのリソースやネットワークを調達してインフラを整備し、自らシステムのメンテナンスまで手掛ける。それが本来あるべきクラウドネイティブの姿かもしれないが、少なくとも現時点では、多くの日本企業に馴染まない。
日本企業の情報システム部門は長らく、パートナーであるインテグレータにシステム構築を依頼し、アウトソーシングも積極的に取り入れてきた。そういった日本のIT業界の構造的な特性を考慮しなければ、お客様はクラウドに踏み切りにくくなり、メリットも享受できない。

そこでIIJはOne Cloudの下、設計や構築、各種設定、運用のサポートを含め、一気通貫でフルクラウド化に必要なサービスを提供することにした。

新コンセプト「One Cloud」の概要

この続きをホワイトペーパー(PDF)でお読みいただけます

資料目次

  • フルクラウド時代の幕開け「One Cloud」が国内企業を後押し
  • IIJ GIOを中心とするエコシステムと「持たないIT」の中核サービス
  • 先進4社に見るIIJ GIOの導入効果
    • 【日本通運】巨大物流網を支えるITの構造改革。大規模システムのクラウド化を実現
    • 【戸田建設】ITシステムのフルクラウド化を目指し、IIJ GIOを軸にマルチクラウドを構築
    • 【ナブテスコ】サーバ200台を1年でクラウド化。運用アウトソーシングで工数を大幅減
    • 【ジクシス】持たざるITを徹底。初期構築コストを1/3に低減

形式:PDF(20ページ)

ダウンロードして続きを読む

資料イメージ

おすすめ:既存システムのフルクラウド化に取り組むお客様

ダウンロードして続きを読む


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る