ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

クラウド

ITリーダーのためのクラウドホットライン(第3回)

ベンダーロックインのリスクはないでしょうか?(1/3)

特集記事一覧へ

この記事を読むと
分かること
(全3ページ)

  1. 主体性をもって事業者を選ぶ"したたかさ"が肝要(本ページ)
  2. ハイパーバイザの種類まで含めクラウドのインフラを評価
  3. マルチクラウドを想定したサービスの充実度も選定の決め手に
質問
クラウドの利用が進むにつれて、そのクラウド固有の機能への依存度が高まり、他のクラウドへの乗り換えが難しくなる「ベンダーロックイン」に陥らないか危惧しています。フルクラウド化を推進する先進企業はクラウド事業者による囲い込みに関して、どう考えているのでしょうか。ロックインの回避策を講じている例があれば教えてください。
(産業機械製造業 情報システム本部 業務システム部 課長)

主体性をもって事業者を選ぶ"したたかさ"が肝要

回答
ハードウェアからミドルウェア、アプリケーションにいたるまで特定のベンダーへの依存度が高まった結果、他のベンダーへの乗り換えが事実上、難しくなり、システムの進化がベンダー任せになる。そればかりか、長期的にみるとITコストが高止まりしてしまう――。こうした「ベンダーロックイン」のリスクは、オンプレミスの従来型システムでも、しばしば指摘されました。同種のリスクは、ご質問者様が危惧される通りクラウドにも少なからず存在しますが、クラウド先進企業は複数事業者のサービスを適切に組み合わせる「マルチクラウド」によって、ベンダーロックインのリスクを軽減しています。

ベンダーロックインについては、最初に1つ、重要なポイントを共有しておく必要があると思います。少し厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、ベンダーロックインの原因は製品やサービスを利用するユーザ企業側にも存在するという事実です。

システム化の対象となる業務の要件までは、ほとんどのユーザ企業が自ら責任をもって定義するでしょう。しかし、システムの設計や開発は「専門ではない」といった意識が働くためか、ベンダー任せにしてしまうケースが見られます。端的に言えば、事実上の丸投げですね。

自社の業務を支えるシステムに対する主体性が極端に低くなれば、自然とシステム全体のブラックボックス化を招き、ロックインのリスクが高まります。このことはオンプレミス型のシステムでもクラウドでも変わりません。

ロックインのリスクを軽減するうえで何より重要なのは、ユーザ企業が主体性を発揮し続けることです。そのためには、複数のクラウドサービスの特長や強み、オプションを含むサービス内容とカスタマイズ対応の柔軟性を研究したうえで採用する事業者を選ぶ。そういった、ある種の"したたかさ"を持つことが肝要です。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る