ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  • クラウド

クラウド

IIJ GIO

IIJのハイブリッドクラウドソリューション

IIJは、オンプレミスのプライベートクラウド環境をクラウドサービスに拡張する「ハイブリッドプライベートクラウド」を提案します。

IIJのハイブリッドクラウドは"ボーダレス"

お客様がVMwareを基盤としたプライベートクラウドを運用されていれば、IIJ GIO(ジオ)のクラウドサービスとボーダレスなハイブリッドクラウドを実現できます。

ソリューションイメージ

  • 仮想サーバをボーダレスに移行

    オンプレミスのプライベートクラウドで動作しているVMware仮想化イメージは、そのまま 「IIJ GIOコンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」(以下、VWシリーズ)で動作可能。クラウド基盤へ移行する際に発生する各種作業・コストを最小化できます。

  • 社内ネットワークとボーダレスに接続

    お客様の社内ネットワークとIIJ GIOをL2トンネルで接続し、ネットワークをクラウドへ拡張。IPアドレスがそのまま利用できるので、クライアントの接続先変更や、周辺システムとの連携に起因する影響から開放されます。

  • オンプレミスとクラウドをボーダレスに運用

    オンプレミスと同一のVMware仮想化基盤を利用しているVWシリーズなら、現在の運用ノウハウや手順をそのまま適用可能。クラウド型の監視・運用サービス「IIJ GIO統合運用管理サービス」を利用すれば、運用コストの最適化も実現できます。

こんな課題をお持ちではありませんか?

オンプレミスの資産を活用しつつ、インフラ運用業務を低減したい

VWシリーズでは、オンプレミスからクラウドへ、クラウドからオンプレミスへと、容易に仮想イメージを移行できます。短期利用や突発的な要求、災害対策にはクラウドを利用し、リソースに余裕がある時にはオンプレミスへ戻すことも可能。
インフラ運用業務の負担を上げることなく、オンプレミスの稼働率を高め、俊敏性を確保しながらリソースの最適配置を実現します。

IIJ GIO VWシリーズでのオンプレミス、クラウド間移行イメージ

外部クラウドの利用も検討しているが、導入や維持の負担が大きく踏み出せない

オンプレミスとクラウドサービスのハイブリッドでは、システムの再設計や運用の見直しにより「二重に手間がかかる」ことも珍しくありません。
VWシリーズでは、オンプレミスと共通のVMware基盤を用い、vCenterを含むvSphere環境の管理者権限をご提供。運用変更の手間を最小限に抑え、ハードウェアの管理からも解放します。

IIJ GIO VWシリーズを利用し導入・維持のコストを抑える運用イメージ

システム特性に合わせた基盤環境を組み合わせて利用したい

例えば、基幹システムはオンプレミスとボーダレスに利用できるハイブリッドプライベートクラウドへ。公開システムは、より手軽でコストの安いパブリッククラウドサービスへ。用途に合わせた利用や段階的な移行も可能です。

ハイブリッドプライベートクラウドとパブリッククラウドの組み合わせ例の図

プライベートクラウドの陳腐化を防ぎ、社内のニーズに応えたい

業務形態の変化や市場動向に合わせて社内のITサービスレベルを継続的に発展させるために、IT部門はより戦略的な業務へのシフトが求められます。IIJはサービスレベルの各段階で、IT部門の変革をお手伝いします。

IIJのサービス提供例:ITサービスレベルの発展をサポート

中長期のITロードマップ策定もお任せください

IIJはクラウド事業者として培ったノウハウを活かし、プライベートクラウドをはじめとするお客様のIT戦略立案を支援します。ぜひお気軽にご相談ください。

ITロードマップ策定立案支援サービスイメージ

VWシリーズのご紹介

IIJ GIOのVWシリーズでは、あらかじめ用意されたリソースプールから、お客様が必要なリソースを選択できます。 サーバリソース(VMware vSphere ESXiサーバ)、ストレージリソース(データストア)、ネットワークリソース(VM通信ネットワーク)の3つを選択して組み合わせることで、お客様独自の「持たないプライベートクラウド」を実現できます。

IIJ GIO VWシリーズメニュー(3つのリソース)

VWシリーズとオンプレミス、一般的なクラウドとの比較

  オンプレミス
プライベートクラウド
持たないプライベートクラウド
IIJ GIO VWシリーズ
一般的なパブリッククラウド
仮想サーバの管理 自由にコントロール メニュー選択(固定)
提供形態 VMware ESXi(ハイパーバイザー基盤) 仮想化されたOS
HWリソース 専有 共有
利用コスト 初期費用・資産化 月額課金・費用化
スケールメリット 無し・少ない 高い
構築・導入期間 長い 短い
セキュリティ・運用 お客様ポリシーを継承 サービスに合わせる

豊富なソリューションでハイブリッドクラウドを実現

ハイブリッドクラウドソリューション全体図

さらに詳しい情報は

IIJ GIOのクラウドサービスを使った実践的な利用ガイドを公開中です。

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

カテゴリ一覧

関連情報

IIJ GIOブランドサイトへ
ビジネス課題の解決パターンを一挙公開!IIJ GIOベストプラクティスへ

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る