ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

医療法人社団冠心会 大崎病院 東京ハートセンター 様医療法人社団冠心会 大崎病院 東京ハートセンター

クラウド型手術映像録画システムで
「患者のための医療」を追求

患者の尊厳を重視した医療を追求する医療法人社団冠心会 大崎病院 東京ハートセンター(以下、東京ハートセンター)は医療サービスの透明化を目指し、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」を基盤にした、カリーナシステムのネットワーク対応手術映像記録・配信システム「ADMENIC Cloud」を導入した。映像をもとに患者に対して手術内容を詳細に説明できるようになるとともに、病院間の情報共有や若手医師への指導・教育に活用することで、医療の質の向上が期待できるという。

「手術の可視化」で医療の透明性を向上

心臓病の専門治療病院として2005年12月1日に開院した東京ハートセンターは、国内最高水準の豊富な経験と実績を持つ医師・看護師によるチーム医療に加えて、ふんだんに実力を発揮できる環境も整っている。同センターが目指すのは、患者の尊厳を重視した医療。常に患者の立場に立ち、納得のいく説明と情報提供に努める。「医療の透明性を高めることが、医師と患者の信頼感の醸成につながると思っています」と東京ハートセンターセンター長の南淵明宏氏は話す。

その一環として、同センターが取り組んだのが「手術の可視化」である。手術中の様子を映像と音声で記録し、院内の数カ所でライブ映像として視聴できるようにした。手術映像を第三者が確認することで、緊急時にも迅速なサポートが可能となる。同時にLANを介して院内の画像サーバに送られる手術映像は、一定期間保管された後、クラウド上のストレージに転送され、堅固に長期保管される。「患者に対して施術プロセスを説明する場合に利用したり、医師や看護師向けの手術例の研修などに活用することもできます」と南淵氏は話す。

この「手術の可視化」を支えているのが、カリーナシステムのネットワーク対応手術映像記録・配信システム「ADMENIC Cloud」とIIJのクラウドサービス「IIJ GIO」である。

クラウドの活用により柔軟なシステムを構築

同センターでは開院当時から「手術の可視化」を推進しており、手術室ごとに映像の録画システムを構築・運用していた。しかし、年間の手術数は400件近くにのぼる。従来のシステムはメディア記録であり、日々増え続けるメディア管理の容量を解決しなければならなかった。

そこで同センターでは、手術映像の記録を外部保管することを検討し、サーバが不要で、大容量のデータを長期間クラウド上のストレージに保管できるADMENIC Cloudを導入した。ADMENIC Cloudは、記録した手術映像をIIJ GIO上に保管し、ネットワークを通して配信・管理する手術映像記録・配信システムである。ネットワーク経由でリアルタイムに手術の様子を院内にライブ配信できる上、高画質のクリアな映像で手術の映像を記録、再生するとともに、クラウド上に安全に保管することができる。

また、クラウドサービスの導入はユーザーの負荷削減にも貢献している。院内で映像データを長期保管するには、大容量ストレージの導入や管理が不可欠な上に、ストレージの追加や交換は避けられない。しかし、クラウドサービスを利用することで、追加費用やメンテナンスコスト、管理費用を最小限に抑えることができる。IIJのデータセンターは国内有数のバックボーンと直結されており、暗号化に加え、セキュリティ対策が堅牢なため、安全で確実なデータの長期保存が可能になった。また、IIJ GIOが、国内データセンターをもつ"国産クラウド"という安心感も大きなポイントだった。

医療の安心感が高まり術後の治療計画に活用も

ADMENIC Cloudの導入により、同センターは様々なメリットを実感している。その1つが、紹介医師、医療機関が患者に対して手術説明をより分かりやすく行えるようになったことだ。ADMENIC Cloudは多様なアクセス手段でIIJ GIOのストレージ上に記録された映像を視聴することが可能である。「例えば、デスクトップPCや専用モニターの他、iPadなどのモバイル端末を使うことで、院内/院外の色々な場所で映像を視聴でき、手術後に患者に対して、実際の映像を見ながら、経過報告をすることも可能です。特に、紹介元の病院と手術映像を共有して今後の治療計画に利用できる。まさに究極の病診間連携です。また、同業専門医間のピアレビューも容易で、形式ばった学会に参加して時間をつぶすよりずっと有益で、今後のトレンドになるでしょう」(南淵氏)。

クラウド上の映像データは、患者紹介元の病院との間で共有し、術後の治療計画の策定に役立てることもできる。この点について、東京ハートセンターと連携するわかまつインターベンションクリニックの阿部亘院長は次のように話す。

「循環器内科専門の当院でも、心臓の解剖学的な部分に関して現実的に見ているケースは多くありません。内科医としてイメージで見ることができる外科的映像は歓迎できますし、戻ってきた患者様の結果は勉強になり、大変有効な方法です。また、現在の病院間連携システムは非常に高価で、民間病院で自ら構築するのは難しいので、iPadなど汎用なシステムとクラウドを利用して多くの病院が簡単に視聴できるのは、外科医だけではなく内科医にとっても大変勉強になります」。

また、過去の手術映像を若手の医師や研修生向けの教材として活用したり、学会での症例報告などに応用することも可能だ。今後活用が進めば、心臓外科医間のピアレビューも常識になることが期待できるという。

運用管理上のメリットも大きい。ADMENIC Cloudを構成するIIJ GIOはREST API型のクラウドストレージサービス。これは映像を記録・保管するストレージに対して、HTTPSプロトコルで多様なAPIを提供するもの。アプリケーションからダイレクトかつセキュアに様々な要求を行うことができ、処理の自動化などを可能にする。この機能を活用し、院内サーバからストレージへの自動転送を実現しており、院内サーバに保管された手術映像は、手術当日中に再圧縮され、IIJ GIOストレージへ夜間のバッチ処理で転送される。さらに、一定時間経過すると院内サーバのデータは自動削除されるなど、転送の自動化により、管理負荷は大幅に軽減されている。

東京ハートセンターはクラウドを活用することで、医療現場の透明性、患者と医師の信頼関係の醸成、病院間の連携、後進の指導、同業専門医間でのピアレビューなどを実践する方針だ。

IIJとカリーナシステムは今後も、手術映像だけでなく、アンギオやエコーCT映像などにもクラウドを活用したシステム対応を連携して検討し、ITによる医療の質の向上を支えていく。

医療法人社団冠心会東京ハートセンター様へ導入したシステム

導入したサービス・ソリューション

お客様プロフィール

医療法人社団冠心会 大崎病院 東京ハートセンター
所在地:東京都品川区北品川5-4-12
開院:2005年12月1日
診療科目:循環器内科、心臓血管外科、麻酔科、放射線科
心臓病・大動脈瘤・閉塞性動脈硬化症などの疾病を迅速かつ詳細に把握し、循環器内科・心臓外科相互の連携によるチーム医療で高度な医療サービスを提供している。

医療法人社団冠心会 大崎病院 東京ハートセンター

※ 本記事は2012年6月に取材した内容を基に構成しています。記事内のデータや組織名、役職などは取材時のものです。

導入事例

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

導入したサービス・ソリューション

関連情報


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る