ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

個別規程 IIJポストオフィスサービス

平成21年5月1日現在
株式会社インターネットイニシアティブ

第1条(品目)

当社が提供するIIJポストオフィスサービスには、次の品目(以下この個別規程において「品目」といいます。)があります。

品目 内容
セーフティ迷惑メール
フィルタオプション
送受信メールに対するウイルスのスキャニング、駆除及びメールフィルタリング機能を備えたタイプのIIJポストオフィスサービス
セーフティ 送受信メールに対するウイルスのスキャニング及び駆除等の付加機能を備えたタイプのIIJポストオフィスサービス

第2条(契約アカウントの利用等)

契約者は、IIJポストオフィスサービスを利用する者(以下「利用者」といいます。)を特定してその者にメールアカウント及びメールパスワードを利用させることができます。

2 契約者は、利用者に、IIJポストオフィスサービス契約の当該サービスの利用に関する条項を遵守させるものとします。

3 当社は、IIJポストオフィスサービスの安定した運用を目的として、当社の定めるところにより、電子メール一通あたりの容量制限その他の制限を加えることがあるものとします。

4 契約者は、利用する電子メールソフトウェアの仕様によっては、IIJポストオフィスサービスの機能の一部を利用できない場合があります。

5 当社は、セーフティ迷惑メールフィルタオプションにおけるメールフィルタリング機能について、その完全性、正確性及び契約者への利用目的への適合性について何ら保証を行わず、責任をも負わないものとします。

第3条(最低利用期間)

IIJポストオフィスサービス契約における最低利用期間は1ヶ月とし、その起算日は、課金開始日とします。

第4条(契約アカウント数等)

IIJポストオフィスサービス契約における契約アカウント数及びグループ数並びにその最小単位は、次に掲げる品目に応じ同欄に定めるとおりとします。

品目 契約アカウント数 グループ数 最小単位
セーフティ迷惑メール
フィルタオプション
契約アカウント数及びグループ数の合計が
0から10,000まで
1
セーフティ 契約アカウント数及びグループ数の合計が
0から10,000まで
1

第5条(ドメイン名の特定)

契約者(利用者を含みます。以下この条において同じとします。)がIIJポストオフィスサービスにおいて使用するドメイン名は、契約者が指定するものとします。

2 契約者は、前項のドメイン名以外のドメイン名を使用してIIJポストオフィスサービスを利用することはできません。

第6条(契約アカウント数等の変更)

契約アカウント数及びグループ数は、当社が定めるところにより、その変更を行うことができるものとします。

第7条(契約内容の変更)

契約者は、IIJポストオフィスサービスの品目につき、その変更を請求することができるものとします。

第8条(サービスの廃止)

契約者は、一般規程第26条(サービスの廃止)の規定によるサービスの廃止があったときは、当社に請求することにより、当該廃止に係る品目のサービスに代えて他の品目のサービスを受けることができます。

第9条(解除の効力が生ずる日)

IIJポストオフィスサービスにおいて、契約者が当社所定の解約申込書で通知をした場合、当該通知が当社に到達した日から30日を経過する日又は契約者が当該通知において解除の効力が生じる日として指定した日のいずれか遅い日に、当該契約の解除の効力が生じるものとします。

第10条(料金)

契約者が、IIJポストオフィスサービスの利用に関して支払うべき料金の額は、別紙1のとおりとします。この場合において、初期費用の支払義務はIIJポストオフィスサービスの申込を当社が承諾した時点で、月額費用の支払義務は課金開始日に、一時費用の支払義務は当該一時費用の発生に係る契約内容変更の申込を当社が承諾した時点で、それぞれ発生するものとします。

第11条(最低利用期間内解除調定)

IIJポストオフィスサービス契約がその最低利用期間の経過する日前に解除された場合(一般規程第28条(契約者の解除)第2項又は第3項の規定に基づき解除された場合を除きます。)には、契約者は、別紙2に定める金額を支払うものとします。

第12条(料金の減額)

当社の責に帰すべき事由によりIIJポストオフィスサービスが全く利用し得ない状態(全く利用し得ない状態と同じ程度の状態を含みます。以下同じとします。)が生じた場合において、当社が当該状態が生じたことを知った時から連続して24時間以上の時間(以下「利用不能時間」といいます。)当該状態が継続したときは、当社は、契約者の請求に基づき、別紙3に定めるところによりIIJポストオフィスサービスの料金の減額を行うものとします。ただし、契約者が当該請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、契約者は、その権利を失うものとします。

附則

平成16年8月1日変更

この契約約款は、平成16年8月1日から実施します。

平成16年10月1日変更

1 この契約約款は、平成16年10月1日から実施します。

2 平成17年3月31日までの期間において、IIJ ポストオフィスサービス契約を解約し、同時に次のいずれかに該当する品目に係るIIJ ポストオフィスサービス契約の新規申込を行う場合においては、解約に係る数に対応する同契約に係る初期費用は0円とします。

(1) 品目を「セーフティ」としたIIJポストオフィスサービス契約の契約者が当該契約を解約し、迷惑メールフィルタオプションを含む品目に係るIIJポストオフィスサービス契約の新規申込を行う場合
(2) 品目を「メール監査」としたIIJポストオフィスサービス契約の契約者が当該契約を解約し、「メール監査迷惑メールフィルタオプション」を品目としたIIJポストオフィスサービス契約の新規申込を行う場合
(3) 品目を「スタンダード」としたIIJポストオフィスサービス契約の契約者が当該契約を解約し、迷惑メールフィルタオプションを含む品目に係るIIJポストオフィスサービス契約の新規申込を行う場合
(4) 品目を「ウイルスプロテクション」としたIIJポストオフィスサービス契約の契約者が当該契約を解約し、迷惑メールフィルタオプションを含む品目に係るIIJポストオフィスサービス契約の新規申込を行う場合

平成17年4月1日変更

1 この契約約款は、平成17年4月1日から実施します。

2 平成16年10月1日変更の附則第2項に「平成17年3月31」とあるのは、「平成17年9月30日」に改めるものとします。

平成18年8月1日変更

1 この契約約款は、平成18年8月1日から実施します。

2 平成18年7月31日以前の契約約款に基づき成立した、品目を「ウイルスプロテクション」又は「スタンダード」とするIIJポストオフィスサービス契約は、この契約約款の適用下において有効に継続するものとします。

平成19年4月1日変更

1 この契約約款は、平成19年4月1日から実施します。

2 当社は、「ウイルスプロテクション」及び「スタンダード」の品目を、平成19年9月30日をもって廃止します。

3 平成18年7月31日以前の契約約款に基づき成立した、品目を「ウイルスプロテクション」とするIIJポストオフィスサービス契約は、前項の廃止日に終了します。

4 平成18年7月31日以前の契約約款に基づき成立した、品目を「スタンダード」とするIIJポストオフィスサービス契約は、平成19年10月1日から平成20年9月30日までの間、品目を「セーフティ」とするIIJポストオフィスサービス契約として存続するものとします。なお、この場合における品目「セーフティ」にあっては、その機能のうち、ウイルスのスキャニング及び駆除機能は付加されないものとし、月額料金の額はなお従前のままとします。

平成20年12月1日変更

1 この契約約款は、平成20年12月1日から実施します。

2 当社は、「メール監査迷惑メールフィルタオプション」及び「メール監査」の品目を、平成21年3月31日をもって廃止します。

3 前項の品目に係るIIJポストオフィスサービス契約は、平成21年4月1日をもって、その品目を「メール監査迷惑メールフィルタオプション」とするものにあっては品目を「セーフティ迷惑メールフィルタオプション」とするIIJポストオフィスサービス契約として、その品目を「メール監査」とするものにあっては品目を「セーフティ」とするIIJポストオフィスサービス契約として存続するものとします。ただし、平成21年3月31日までに、契約者による契約の解除が行われた場合又は契約内容の変更として「メール監査迷惑メールフィルタオプション」から「セーフティ」への品目の変更若しくは「メール監査」から「セーフティ迷惑メールフィルタオプション」への品目の変更が行われた場合は、この限りではありません。

4 第2項の品目の廃止により、当該廃止品目に係るIIJポストオフィスサービス契約の契約者が、当社が定める期間内において、当社所定の手続きによりIIJセキュアMXサービス(メール監査オプション又はメールボックスオプションに係るIIJセキュアMXサービスに限ります。)の利用の申込を行った場合には、当該IIJセキュアMXサービスの初期費用を無料とし、かつ、その他当社が別途定める措置の適用を受けることができるものとします。

平成21年5月1日変更

この契約約款は、平成21年5月1日から実施します。

別紙1 IIJポストオフィスサービスにおける料金等 [第10条関係]

1 初期費用

品目 料金
セーフティ迷惑メール
フィルタオプション
5,000円
セーフティ
5,000円

2 月額費用

(1) セーフティ迷惑メールフィルタオプション
(i)基本料金
細目 料金
基本料金
20,000円
(ii)メールボックス使用料及びグルーピング機能使用料
有効契約アカウント数及び
有効グループ数の合計アカウント数
1アカウント
当たりの単価
料金(単位円)
10以下
0円
0
11以上50以下
700円
(合計アカウント数-10)×700
51以上250以下
650円
(合計アカウント数-50)×650+28,000
251以上500以下
600円
(合計アカウント数-250)×600+158,000
501以上10,000以下
550円
(合計アカウント数-500)×550+308,000

(2) セーフティ
(i) 基本料金
細目 料金
基本料金
10,000円
(ii) メールボックス使用料及びグルーピング機能使用料
有効契約アカウント数及び
有効グループ数の合計アカウント数
1アカウント
当たりの単価
料金(単位円)
10以下
0円
0
11以上50以下
500円
(合計アカウント数-10)×500
51以上250以下
450円
(合計アカウント数-50)×450+20,000
251以上500以下
400円
(合計アカウント数-250)×400+110,000
501以上10,000以下
350円
(合計アカウント数-500)×350+210,000
備考
(1) 以上の(1)から(2)までにおいて、「有効契約アカウント数」とは、月初の契約アカウント数と当該月において新たに付与された契約アカウント数の累積数とを合計した数を、「有効グループ数」とは、月初のグループ数と当該月において新たに付与されたグループ数の累積数とを合計した数を、それぞれ言うものとします。

別紙2 最低利用期間内解除調定金 [第11条関係]

IIJポストオフィスサービスの品目に応じ、第3条(最低利用期間)の規定に基づき設定された最低利用期間の残余の期間に対応する月額費用

別紙3 料金の減額 [第12条関係]

利用不能時の減額 (第12条関係)
利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は切り捨てます。)に月額費用の30分の1を乗じて算出した額を減額するものとする。

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る