ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

個別規程 IIJセキュアMXサービス

平成28年10月1日現在
株式会社インターネットイニシアティブ

第1条(契約の単位)

当社は、IIJセキュアMXサービスの場合にあっては、IIJセキュアMXサービスのメールサーバにおいて用いられる一のIPアドレス又は契約者の指定に基づき当社が必要と認める複数のIPアドレス群毎に、一のIIJセキュアMXサービスに係るIIJインターネットサービス契約(以下「IIJセキュアMXサービス契約」といいます。)を締結します。

第2条(最低利用期間)

IIJセキュアMXサービス契約における最低利用期間は1ヶ月とし、その起算日は、課金開始日とします。

第3条(利用資格)

DOX連携オプション、メーリングリストオプション、Active! mailオプション又はIIJ Omnibus連携オプションに係るIIJセキュアMXサービスを利用するには、それぞれ以下の各号に定めるサービス(以下この個別規程において、当社が提供するこれらサービスを併せて「指定サービス」といいます。)の契約者である必要があります。

(1) DOX連携オプションに係るIIJセキュアMXサービスを利用するには、当社が提供するIIJドキュメントエクスチェンジサービス
(2) メーリングリストオプションに係るIIJセキュアMXサービスを利用するには、メールボックスオプション又はメールボックスプラスオプションに係るIIJセキュアMXサービス
(3) Active! mailオプションに係るIIJセキュアMXサービスを利用するには、メールボックスプラスオプションに係るIIJセキュアMXサービス
(4) IIJ Omnibus連携オプションに係るIIJセキュアMXサービスを利用するには、メールボックスプラスオプションに係るIIJセキュアMXサービス

第4条(対象ドメイン名及びIPアドレスの指定)

IIJセキュアMXサービスにおいて使用できるIPアドレスは、IPv4アドレスとします。

2 契約者は、IIJセキュアMXサービス契約において、当該サービスの対象となるドメイン名及びIPアドレスを指定するものとします。

3 契約者は、前項のドメイン名及びIPアドレス以外のドメイン名及びIPアドレスを対象としてIIJセキュアMXサービスを利用することはできません。

第5条(契約者のネットワーク及びシステム設定変更)

契約者が、IIJセキュアMXサービスを利用するにあたり、契約者のネットワーク及びシステムの設定を変更する必要がある場合があります。なお、契約者が当該設定に変更しない場合、又は当該設定以外の内容に変更した場合は、当社は、IIJセキュアMXサービスを提供できないことがありますが、当社は債務不履行責任を負わないものとします。

第6条(設定権限の管理)

契約者は、IIJセキュアMXサービスの利用に当たり、IIJセキュアMXサービスの設定権限を付与される管理責任者を定めるものとします。

2 契約者は、契約者に対して付与する設定権限の管理責任を負うものとします。

3 契約者は、第三者に設定権限を利用させないものとします。

4 契約者は、設定権限が不正利用される可能性があることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社からの指示がある場合にはこれに従うものとします。

第7条(オプションサービス)

当社は、当社所定の申込書により当社に対し申込があった場合において、オプションサービスを提供します。

2 IIJセキュアMXサービスには、次のオプションサービスがあります。

(1) アドバンストアーカイブオプション
契約者が指定した保管期間に応じて送受信メールの保管機能等を提供するオプションサービスであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(2) アーカイブオプション
契約者が指定したディスク容量に応じて送受信メールの保管機能等を提供するオプションサービスであって、次の品目により構成される当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
 (a) ディスク保存のみ
 (b) ディスク保存+テープ送付
(3) DOX連携オプション
当社が提供する「IIJドキュメントエクスチェンジサービス」の契約者に対し、当該サービスとの連携機能を提供するオプションサービスであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(4) メール監査オプション
送信メールに対する検査及び配送制御機能を提供するオプションサービスであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(5) メールボックスオプション
当社が管理するメールサーバにより、契約者が指定するドメイン名を用いた電子メール受発信機能等を提供するオプションサービスであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(6) メールボックスプラスオプション
当社が管理するメールサーバにより、IMAP(Internet Message Access Protocol)、当社開発に係るWebメール等の機能を介して契約者が指定するドメイン名を用いた電子メール受発信機能等を提供するオプションサービスであって、当社が定める仕様に基づき提供するもの
(7) アンチウイルスプラスオプション
基本機能として提供するアンチウイルス機能で用いるウイルススキャンエンジンに付加して、当社が指定する別のウイルススキャンエンジンを用いたアンチウイルス機能を提供するオプションサービスであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(8) メーリングリストオプション
当社が提供するメールボックスオプション(第7条(オプションサービス)第2項第5号に定めるオプションサービスをいいます。)又はメールボックスプラスオプション(第7条(オプションサービス)第2項第6号に定めるオプションサービスをいいます。)の契約者に対し、メーリングリスト(契約者の設定に係る送信先メールアドレスのグループに対し、電子メールを同時配信する機能をいいます。)等を提供するオプションサービスであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(9) アカウント管理APIオプション
IIJセキュアMXサービスの対象となるアカウントの管理について、基本機能として提供する管理機能に付加して、アカウントの追加、削除、変更の機能を提供するオプションサービスであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(10) DRオプション
当社設備が被災する等の事由でIIJセキュアMXサービスが通常どおり提供できない状態が生じたときに、当社が別途定める仕様に基づき当該サービスの一部機能提供を確保するもの
(11) スペアメールオプション
IIJセキュアMXサービスを経由して配送を受ける契約者設備に、契約者が指定するドメイン名を用いた電子メールが通常どおり送受信できない状態が生じたときに、契約者設備に代わり当該電子メールの送受信機能を提供するものであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(12) サンドボックスオプション
契約者が指定するメールアドレスについて、受信メールに添付されるファイルに対する検査及び削除機能等を提供するものであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(13) Active! mailオプション
株式会社トランスウエアが提供するActive! mailを用いたwebメール機能を提供するものであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの
(14) IIJ Omnibus連携オプション
契約者設備及びIIJセキュアMXサービス間の通信を、IIJ Omnibus契約約款に基づき当社が提供するIIJセキュアMX連携モジュールにより提供するもの
(15) メール無害化オプション
受信メールに対する無害化を実施するオプションであって、当社が別途定める仕様に基づき提供するもの

3 DOX連携オプション、メール監査オプション、メールボックスオプション、メールボックスプラスオプション、アンチウイルスプラスオプション、メーリングリストオプション、アカウント管理APIオプション、DRオプション、スペアメールオプション、サンドボックスオプション、Active! mailオプション及びメール無害化オプションの利用における最低利用期間は1ヶ月、アドバンストアーカイブオプション、アーカイブオプションの利用における最低利用期間は1年と し、その起算日は、それぞれのオプションサービスの課金開始日とします。なお、IIJ Omnibus連携オプションの利用における最低利用期間はありません。

4 契約者が当社所定の解約申込書でオプションサービスの利用の停止に係る通知をした場合、当該通知が当社に到達した日から30日を経過する日又は契約者が当該通知において解除の効力が生じる日として指定した日のいずれか遅い日に、利用の停止の効力が生じるものとします。

第8条(契約内容の変更)

契約者は、IIJセキュアMXサービスのアーカイブオプション及びメールボックスプラスオプションにおけるディスク容量の減少を請求することはできません。

第9条(解除の効力が生ずる日)

IIJセキュアMXサービスにおいて、契約者が当社所定の解約申込書で通知をした場合、当該通知が当社に到達した日から30日を経過する日又は契約者が当該通知において解除の効力が生ずる日として指定した日のいずれか遅い日に、当該契約の解除の効力が生ずるものとします。

2 指定サービスに係る契約が解除された場合には、当該解除される指定サービスに対応するDOX連携オプション、メーリングリストオプション及びActive! mailオプションに係るIIJセキュアMXサービス契約は同日に解除されるものとします。

第10条(料金)

契約者が、IIJセキュアMXサービスの利用に関して支払うべき料金の額は、別紙1のとおりとします。この場合において、初期費用の支払義務はIIJセキュアMXサービスの申込を当社が承諾した時点で、月額費用の支払義務は課金開始日に、一時費用の支払義務は当該一時費用の発生に係る契約内容変更の申込を当社が承諾した時点で、それぞれ発生するものとします。

第11条(最低利用期間内解除調定)

IIJセキュアMXサービスがその最低利用期間の経過する日前に解除された場合(一般規程第28条(契約者の解除)第2項又は第3項の規定に基づき解除された場合を除きます。)には、契約者は、別紙2に定める金額を支払うものとします。

2 オプションサービスがその最低利用期間の経過する日前に終了した場合には、別紙2に定める金額を支払うものとします。

第12条(料金の減額)

当社の責に帰すべき事由によりIIJセキュアMXサービスが全く利用し得ない状態(全く利用し得ない状態と同じ程度の状態を含みます。以下同じとします。)が生じた場合において、当社が当該状態が生じたことを知った時から連続して24時間以上の時間(以下「利用不能時間」といいます。)当該状態が継続したときは、当社は、契約者の請求に基づき、別紙3に定めるところによりIIJセキュアMXサービスの料金の減額を行うものとします。ただし、契約者が当該請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、契約者はその権利を失うものとします。

第13条(保証の限定)

IIJセキュアMXサービスの基本機能、DOX連携オプション、メール監査オプション、メールボックスオプション、メールボックスプラスオプショ ン、アンチウイルスプラスオプション、メーリングリストオプション、アカウント管理APIオプション、DRオプション、スペアメールオプション、サンドボックスオプション、Active! mailオプション、IIJ Omnibus連携オプション及びメール無害化オプションは、その完全性、正確性及び契約者の利用目的への適合性について何ら保証するものではなく、責任を負うものではありません。

2 IIJセキュアMXサービスのアドバンストアーカイブオプション及びアーカイブオプションは、メールの保存並びに当該保存されたメールが消失又は毀損しないこと及び保存されたメールに対する検索、閲覧、削除等の機能について、その完全性、正確性及び契約者の利用目的への適合性について何ら保証するものではなく、責任を負うものではありません。

第14条(機能の制限)

一のIIJセキュアMXサービス契約において、アドバンストアーカイブオプションとアーカイブオプションを併用することはできません。

2 一のIIJセキュアMXサービス契約において、メールボックスオプション又はスペアメールオプションとメール無害化オプションを併用することはできません。

3 メールボックスオプション又はメールボックスプラスオプションで利用するドメイン名と、スペアメールオプションで利用するドメイン名を同時に指定することはできません。

附則

平成18年10月1日施行

この契約約款は、平成18年10月1日から実施します。

平成18年11月1日変更

この契約約款は、平成18年11月1日から実施します。

平成19年1月1日変更

この契約約款は、平成19年1月1日から実施します。

平成19年3月1日変更

この契約約款は、平成19年3月1日から実施します。

平成19年4月1日変更

この契約約款は、平成19年4月1日から実施します。

平成20年1月1日変更

この契約約款は、平成20年1月1日から実施します。

平成20年3月1日変更

この契約約款は、平成20年3月1日から実施します。

平成20年5月1日変更

この契約約款は、平成20年5月1日から実施します。

平成21年3月1日変更

この契約約款は、平成21年3月1日から実施します。

平成21年4月1日変更

この契約約款は、平成21年4月1日から実施します。

平成22年11月1日変更

この契約約款は、平成22年11月1日から実施します。

平成23年1月1日変更

この契約約款は、平成23年1月1日から実施します。

平成23年12月1日変更

この契約約款は、平成23年12月1日から実施します。

平成24年3月1日変更

この契約約款は、平成24年3月1日から実施します。

平成24年9月1日変更

1 この契約約款は、平成24年9月1日から実施します。

2 平成24年8月31日以前の契約約款に基づき成立したIIJセキュアMXサービス契約においてメールボックスプラスオプションを利用している場合、当該契約は、平成24年9月2日以降、メールボックスプラスオプション及びメーリングリストオプションを利用している契約として、追加的な費用負担無しで有効に存続するものとします。

平成24年11月1日変更

この契約約款は、平成24年11月1日から実施します。

平成25年7月1日変更

この契約約款は、平成25年7月1日から実施します。

平成26年3月1日変更

この契約約款は、平成26年3月1日から実施します。

平成26年9月1日変更

この契約約款は、平成26年9月1日から実施します。

平成27年3月1日変更

この契約約款は、平成27年3月1日から実施します。

平成27年10月1日変更

この契約約款は、平成27年10月1日から実施します。

平成28年6月1日変更

この契約約款は、平成28年6月1日から実施します。

平成28年10月1日変更

この契約約款は、平成28年10月1日から実施します。

別紙1 IIJセキュアMXサービスにおける料金等 [第10条関係]

1 初期費用

(1) 基本サービス
IIJセキュアMXサービスの内容に応じ、当社が別途契約者に示す金額
(2) オプションサービス
アドバンストアーカイブオプション、アーカイブオプション、DOX連携オプション、メール監査オプション、 メールボックスオプション、メールボックスプラスオプション、アンチウイルスプラスオプション、メーリングリストオプション、アカウント管理APIオプション、DRオプション、スペアメールオプション、サンドボックスオプション、Active! mailオプション、IIJ Omnibus連携オプション及びメール無害化オプションの内容に応じ、当社が別途契約者に示す金額

2 月額費用

(1) 基本サービス
細目 料金
基本料金
当社が別途契約者に示す金額
備考
(1)基本サービスには、利用アカウント数に基づく従量課金としてのアカウント使用料があります。当該アカウント使用料の金額は、請求月の最大アカウント数を当該月の利用アカウント数として算出した金額とします。


(2) オプションサービス
オプションサービス名称 料金
アドバンストアーカイブオプション
当社が別途契約者に示す金額
アーカイブオプション
当社が別途契約者に示す金額
DOX連携オプション
当社が別途契約者に示す金額
メール監査オプション
当社が別途契約者に示す金額
メールボックスオプション
当社が別途契約者に示す金額
メールボックスプラスオプション
当社が別途契約者に示す金額
アンチウイルスプラスオプション
当社が別途契約者に示す金額
メーリングリストオプション
当社が別途契約者に示す金額
アカウント管理APIオプション
当社が別途契約者に示す金額
DRオプション
当社が別途契約者に示す金額
スペアメールオプション
当社が別途契約者に示す金額
サンドボックスオプション
当社が別途契約者に示す金額
Active! mailオプション
当社が別途契約者に示す金額
IIJ Omnibus連携オプション
当社が別途契約者に示す金額
メール無害化オプション
当社が別途契約者に示す金額
備考
(1)アドバンストアーカイブオプション、メール監査オプション、メールボックスオプション、メールボックスプラスオプション、アンチウイルスプ ラスオプション、DRオプション、サンドボックスオプション、Active! mailオプション及びメール無害化オプションには、利用アカウント数に基づく従量課金としてのアカウント使用料があります。当該アカウント使用料の金額は、請求月の最大アカウント数(最大アカウント数の算定方法は当社が別途契約者に示すものとします。)を当該月の利用アカウント数として算出した金額とします。
(2)メーリングリストオプションには、利用メーリングリスト数に基づく従量課金としてのアカウント使用料があります。当該アカウント使用料の金額は、請求月の最大メーリングリスト数を当該月の利用メーリングリスト数として算出した金額とします。
(3)メールボックスプラスオプションに関し、その解約日が暦月の末日以外の日である場合、又はその契約内容の変更(ディスク容量の変更)により料金の変更が発生した日が暦月の初日以外の日である場合は、当該解約時点において適用されているディスク使用料又は当該変更により暦月の末日において適用されるディスク使用料に対し、日割計算式を適用して、当該月のメールボックスプラスオプションの料金を算出するものとします。
(4)スペアメールオプションの料金は、請求月における、契約者が指定するドメイン名を用いた電子メールの最大保存期間及び最大アカウント数に応じて算出するものとします。

3 一時費用

(1) 第7条(オプションサービス)第2項第2号に定めるアーカイブオプションの品目の変更があった場合にあっては、変更後のアーカイブオプションの品目にかかる初期費用に相当する金額

別紙2 最低利用期間内解除調定金 [第11条関係]

1 第11条第1項関係
第2条(最低利用期間)の規定に基づき設定された最低利用期間の残余の期間に対応する別紙1の2.月額費用に定める金額

2 第11条第2項関係
第7条(オプションサービス)第3項の規定に基づき設定された最低利用期間の残余の期間に対応する別紙1の2.月額費用に定める(アドバンストアーカイブオプション、スペアメールオプション及びActive! mailオプションの場合にあっては、アカウント使用料、メールボックスプラスオプションの場合にあっては、アカウント使用料及びディスク使用料として当社が別途契約者に示す)金額

別紙3 料金の減額 [第12条関係]

利用不能時の減額 (第12条関係)
利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は切り捨てます。)に月額費用の30分の1を乗じて算出した額を減額するものとする。

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る