ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

個人情報の開示等の求めに関する手続き

株式会社インターネットイニシアティブ

個人情報の開示・訂正・利用停止等を求める場合の手続きについて、当社は次のように定めています。

手続きの流れ

  1. 個人情報の開示等の求めをする旨を個人情報のご本人から下記の窓口にご連絡いただきます。
    個人情報に関する問い合わせ窓口 メールアドレス
    IIJインフォメーションセンター info@iij.ad.jp
    IIJサポートセンター
    (IIJmioサービスのお客様専用)
    info@iijmio.jp
  2. 当社にてお問い合わせ内容を確認の上、当社所定の申請書をご連絡いただいた住所宛に郵送します。
  3. 申請書に必要事項をご記入の上、当該申請書及びご本人であることを確認できる公的証明書(運転免許証・パスポート・現住所が記載されている住民票等)の写しを、当社へ郵送していただきます。代理人による申請の場合は、上記書類に加えて代理人を証明する書類、ご本人からの委任状等をご提出いただきます。なお、利用目的の通知及び個人情報の開示については、1回の申請ごとに、手数料として1,000円(税込)を申し受けます。1,000円分の郵便切手を上記申請書類に同封の上、当社までお送りください。
  4. 郵送いただいた書面の記載内容及び添付書類等を当社にて確認し、当社からの回答を所定の書面に記載の上、ご本人宛に郵送いたします。

※ IIJmioサービスのお客様が、ご自身のご登録情報の確認及び修正を希望される場合は、オンラインのWeb上に設けたそれぞれのサービスの会員専用ページにおいて、お客様ご自身による無料の手続きが可能となっています。

不開示事由について

個人情報の開示等の求めをされた場合であっても、次の事由に該当する場合には、当社はその全部又は一部について開示等しない決定をすることができます。この場合においては、遅滞なく、ご本人に対してその旨の通知を行うものとします。

  1. 本人確認ができない場合(代理人による申請にあっては、代理権が確認できない場合を含む)
  2. 申請書類の記載内容及び添付書類等に不備がある場合
  3. 開示等の求めに係る個人情報を保有していない場合又は「保有個人データ」に該当しない場合
  4. 本人又は第三者の生命、身体、財産その他権利利益を害する恐れがある場合
  5. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがある場合
  6. 他の法令に違反することになる場合
  7. その他、個人情報保護法及び関連省庁が定める個人情報保護に関するガイドライン等により認められている不開示事由に該当する場合

※ 当社が開示等をしない決定をし、ご本人が意図された措置が行われないこととなった場合であっても、申し受けた手数料の払い戻しは行いませんのでご了承ください。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る