ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

進化しないメッセンジャーに先はない参加無料(事前登録制)

~コミュニケーションツールから、業務システムのフロントエンドへ~

本セミナーは終了いたしました。

  • 株式会社インターネットイニシアティブ
  • 株式会社エルイズビー

企業に於いて、スマートフォンやタブレット端末の導入が著しく進んでいます。 リアルタイム性の高い情報共有ツールは、「LINE」「Facebookメッセンジャー」等個人向けサービスは充実していますが、企業向けには最適化されておりません。 社内専用クラウド型情報支援ツール「direct(ダイレクト」は、企業に於ける新しいコミュニケーションのカタチをご提案します。今回のセミナーでは、メッセンジャーをさらに進化させ、企業内のシステムやSaaS/PaaS(Google Apps、Microsoft Office365、Cybozu kintoneなど)と連携し、日報作成、案件管理、スケジュール管理など、企業内における業務システムのフロントエンドとして利用する方法についてご紹介いたします。

日時 2015年1月29日(木) 15:00~16:30(開場:14:30)
会場 IIJグループ本社(飯田橋グラン・ブルーム)13F会議室
参加費 無料(事前登録制)
定員 50名(定員超過の場合は、誠に恐縮ながら先着順とさせていただきます)
共催 株式会社エルイズビー、株式会社インターネットイニシアティブ
対象 情報システム部門・経営企画部門、システムインテグレーターの方

プログラム

進化しないメッセンジャーに先はない ~コミュニケーションツールから、業務システムのフロントエンドへ~
15:00-15:30
(30分)

進化しないメッセンジャーに先はない
    ~directが単なるメッセンジャーでない理由~

株式会社エルイズビー
代表取締役 横井 太輔

数あるメッセンジャーの中で、directだから選ばれたという事例をご紹介いたします。

  • コミュニケーションツールとしての「だから事例」
  • 業務システムのフロントエンドとしての「だから事例」

daab(direct agent assist bot) SDKを発表してから、企業はdirectを単なるメッセンジャーとしては見なくなりました。
スピード経営を標榜する企業やユーザーケアを大切にする企業においては、directは重要な戦略ツールとして扱われるようになっています。
現在directをお使いの企業がどのような判断で導入にまで至ったのか、その経緯を私の目線でお話しいたします。

15:30-16:00
(30分)

daab SDKの概要
    ~daab SDKだからこそできる絶品botのレシピ~

株式会社エルイズビー
CTO 城戸 猛

Hubotフレームワークを使ったメッセンジャーbotは数多くありますが、それらはテキストのみでやりとりをします。
daab SDKはHubotフレームワークを拡張したもので、それを使うとdirectの機能をくまなく利用できます。
1つの調味料からは単調な料理しか生まれませんが、いくつもの調味料を使うと深い味わいの感動を与える料理を生み出すことができます。
daab SDKは、botを調理するための調味料をいくつもご用意しております。
daab SDKを使ったお客様(企業)が望むアイデア料理(bot)をご紹介いたします。

16:00-16:30
(30分)

IIJ GIOでdaabを動かす

株式会社インターネットイニシアティブ
ソリューション本部 工藤 隆久

IIJ GIO上でdaabを動かす際のポイントを2つのパターンで解説いたします。

  • お手軽な構成例での仮想サーバ調達から構築までの流れ、構築の詳細、chefを利用した容易な構築
  • 大規模導入可能な本格的な構成例での調達~デリバリ、構築までの流れ、ハイブリッドクラウドソリューション、イントラとの接続例
  • ※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連サービス・ソリューション


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る