ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

海外拠点の短期・低コスト導入を実現するクラウドERP参加無料(事前登録制)

~グローバル展開におけるMCFrame/A.S.I.A. 活用事例~

本セミナーは終了いたしました。

  • 株式会社インターネットイニシアティブ
  • 株式会社IIJグローバルソリューションズ
  • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

日本企業の海外進出は、企業規模の大小を問わず年々増加しており、特にアジアの現地法人の割合は拡大傾向にあります。海外拠点の新設に伴い、基幹業務システムを選定する必要がありますが、「今使っているシステムは海外で使えないので、海外でも使えるシステムを探している」「複数の海外拠点に短期間で導入したい」など、さまざまな課題を解決する必要があります。
今回のセミナーでは、製造業のお客様が海外拠点に導入される基幹業務システムについて、海外拠点に導入された事例をもとに、課題とその解決策についてご紹介いたします。

日時 2014年10月23日(木) 15:00~17:10(開場:14:30)
会場 IIJグループ本社(飯田橋グラン・ブルーム)13F会議室
参加費 無料(事前登録制)
定員 50名(定員超過の場合は、誠に恐縮ながら先着順とさせていただきます)
共催 株式会社インターネットイニシアティブ、株式会社IIJグローバルソリューションズ
協賛 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
対象 情報システム部門責任者、経営企画部門責任者、経営者の方

プログラム

海外拠点の短期・低コスト導入を実現するクラウドERP
~グローバル展開におけるMCFrame/A.S.I.A. 活用事例~
15:00-15:10
(10分)

ご挨拶

株式会社インターネットイニシアティブ 第三事業部 野間 強

 

15:10-15:50
(40分)

海外現地法人の可視化と効率的な管理
A.S.I.A.クラウド活用事例

株式会社IIJグローバルソリューションズ
サービス企画推進部 嶋田 大祐

近年多くの日本企業が新たな市場を求めて様々な地域に進出しています。しかし、進出した各国へ担当者の配置、管理プロセスの構築、制度対応は、進出の際に大きな負担となっています。
本セッションでは、クラウドを活用した現地拠点の可視化と効率的なグローバル経営管理の実現方法について、複数拠点に短期導入、展開されたお客様の活用事例を交えながらご紹介いたします。

15:50-15:55 -Break-
15:55-16:35
(40分)

海外拠点への生産管理システム導入の勘所と活用事例

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクト事業本部 事業企画部 伊与田 克宏

生産拠点の海外展開が進む中、ハンドからシステムを軸とした運用へのシフトが求められていますが、海外拠点には海外拠点のシステム導入・運用の勘所があります。
MCFrameの多数の海外導入実績をもとに企画・開発された海外専用の生産管理・販売管理・原価管理ソリューション「MCFrame cloud / Start-Up Edition」は、最短2ヶ月での導入のほかクラウドでの使用も可能です。また、海外拠点向けコンパクト会計ソリューションA.S.I.A.と同時に導入される事例も増えております。
本セッションでは海外導入の勘所とMCFrameの活用方法について事例を交えてご紹介いたします。

16:35-16:40 -Break-
16:40-17:10
(30分)

MCFrame/A.S.I.A.を支えるクラウドサービス「IIJ GIO」

株式会社インターネットイニシアティブ
営業推進部 GIO推進チーム 島村 太郎

製造業のグローバル展開においては、海外リスクを排除しながら海外拠点の新設、統廃合を進める必要があり、市場の変化に応じて、柔軟かつ迅速に対応できる ERP を最適配置することが重要です。このようなグローバル ERP に求められる要件を実現するためには、クラウドサービスの活用が欠かせません。
本セッションでは、IIJの実績をもとに、企業システムにおけるクラウド利用の傾向を振り返りながら、適応事例とクラウドサービス活用のポイントについて解説いたします。あわせて、グローバル展開を進めるクラウドサービス「IIJ GIO」についてご紹介いたします。

  • ※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連サービス・ソリューション


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る