ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

デジタルヘルスビジネス参入のポイント参加無料(事前登録制)

国・自治体も注力し始めたデータを軸にしたヘルスケアとは?

本セミナーは終了いたしました。

  • 株式会社プラクテックス
  • 株式会社SRA
  • 株式会社インターネットイニシアティブ

スマホの浸透・ウェアラブルデバイスの認知拡大・ビッグデータ解析などで産官学が注目するデジタルヘルスは、2014年のICT最注目領域の1つと言えます。とはいえ、データをどのように収集・解析し、それを持続可能なビジネスモデルにしていくかはまだ確立されてはいません。
今回は、オープンかつ中立なヘルスケア・プラットフォームを開発しデジタルヘルス領域のスタンダードを目指すプラクテックスより、マーケットの現状と課題およびシステム開発のポイントをご紹介させていただきます。

株式会社プラクテックスblank

デジタルヘルスの分野で「オープン・中立」を軸とした事業者向けプラットフォーム提供を行うとともに、一般消費者向けサービス(スマホアプリ)の開発・運営等を行っています。

株式会社SRAblank

独立系システムインテグレーターとして、ITシステムのライフサイクル全般において、SRAの強みである「技術先進性」と「豊富な業務ノウハウ」を活かし、高水準のサービス・製品をご提供しています。

日時 2014年2月27日(木) 15:00-17:10 (開場:14:30)
会場 IIJグループ本社(神保町三井ビルディング)17F会議室
参加費 無料(事前登録制)
定員 50名(定員超過の場合は、誠に恐縮ながら先着順とさせていただきます)
共催 株式会社プラクテックス/株式会社SRA/株式会社インターネットイニシアティブ
対象 経営企画/事業・サービス企画およびシステム開発部門

プログラム

デジタルヘルスビジネス参入のポイント
国・自治体も注力し始めたデータを軸にしたヘルスケアとは?
15:00-15:40
(40分)

デジタルヘルスマーケットの現状と課題

株式会社プラクテックス
取締役 小原 由記子

キャリアの参入や魅力的なウェアラブルデバイスの登場でデジタルヘルスに関するニュースを見る機会が増えた2013年。今年は更にこの流れが加速し、新たなマーケットが生まれつつあります。本パートではデジタルヘルスマーケットの流れを可視化し、新たにサービスを開発する際にどのような課題に取り組む必要があるのかをご説明いたします。

15:40-16:20
(40分)

ヘルスケアデータを収集・活用する際の技術的課題と解決方法

株式会社プラクテックス
取締役 保利 栄作

ヘルスケアデータをサービスに活かすには、日頃のユーザーデータの継続的収集がポイントになります。本パートではデータを取り込んで活用する際の課題に関して整理をします。また、その課題を解決するためのソリューションとして、弊社と株式会社SRAが共同開発したヘルスケアサービスソリューション「HEALTHPLAYER SDK」に関してご紹介いたします。

(10分) -Break-
16:30-17:10
(40分)

ヘルスケアサービスを支えるクラウドサービス
~多くの企業に「IIJ GIO」が選ばれる、その理由とは~

株式会社インターネットイニシアティブ
GIOビジネス推進部

サービス開始より多くの官公庁と企業に導入されてきたクラウドサービス「IIJ GIO」。なぜ企業はクラウドサービスとしてIIJ GIOを選択しているのか。 サービス品質保証制度(SLA)を適用したIIJ GIOコンポーネントサービスをはじめ、安心してまかせられる「IIJ GIO」クラウドサービスを企業システムにおける実績や事例を交えてご紹介いたします。

  • ※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連サービス・ソリューション


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る