ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJと東京理科大学、中高校生向けの理科教育イベント「神楽坂サイエンスアカデミー2017」を開催

風力発電機製作およびIoT技術の応用実験を通じた産学連携の理系人材育成プロジェクトを実施

2017年3月22日

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)と東京理科大学(東京都新宿区、学長:藤嶋 昭)は、全国の中高校生を対象に、エコ・エネルギーとIoT技術を実体験から学び、科学・インターネットへの興味・理解を育むためのイベント「神楽坂サイエンスアカデミー2017」を開催します。開催期間は2017年6月~9月で、本日より参加希望者の公募(Webサイト:http://www.iij.ad.jp/ksa2017/)を開始いたします。

本イベントは、東京理科大学 理学部第一部 物理学科 川村研究室とIIJが共同で行なうもので、青少年への理科教育を推進し、理系人材の育成を支援するための産学連携プロジェクトとして、昨年より実施している取り組みです。全国の中高校生にチームで参加いただき、風力発電機・IoTセンサーモジュールを製作し、風力での発電を行ないます。期間中、インターネットを通じてリアルタイムに収集した発電量データを観察しながら、各チームが創意工夫を重ねて発電機の改良を繰り返します。
2年目となる今年は、研究期間を約3ヶ月という長期間にし、より理解を深め、研究成果を追究できる環境を準備します。本イベントを通じて、データに基づいた科学的なものの見方を習得し、エコ・エネルギーや科学とIoT技術の融合によって広がる可能性、研究の楽しさを知ることで、創造力・探究心を育み、科学技術の次世代を担う人材育成の一助となることを目的としています。

神楽坂サイエンスアカデミー2017 概要

日程・場所

開会式/
プロトタイプ発電機・IoTセンサーモジュール製作
  • 日時 : 2017年6月11日(日) 11:00~17:45
  • 場所 : 東京理科大学 神楽坂校舎(東京都新宿区神楽坂1-3)
研究期間 2017年6月12日(月)~9月22日(金)
中間報告会
  • 日時 : 2017年7月24日(月) 13:00~16:30
  • 場所 : IIJグループ本社(東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム)
研究発表会
  • 日時 : 2017年9月23日(土) 13:00~16:30
  • 場所 : IIJグループ本社(東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム)
  • (※)中間報告会および研究発表会については、遠方のチームはテレビ会議での参加も可能です。

内容

  1. 風力発電の仕組みやIoT技術について講義で学んだのち、各チームで風力発電機(プロトタイプ)、データ収集のためのIoTセンサーモジュールを製作します。
  2. 各校に戻り、プロトタイプを参考にオリジナル風力発電機を試作します。
  3. 中間報告会にて、各チームで試作した風力発電機の運用状況について途中経過を発表します。
  4. 各校に戻り、試作機を改良した風力発電機を本稼動させます。IoTセンサーを取り付けることで発電量データはインターネットを通じてクラウド上に収集され、リアルタイムにWeb上で確認できるため、データを見ながら風車の改良など発電量改善のための工夫を行ないます。
  5. 研究発表会にて、各チームの一連の取り組みについて、発表を行ないます。

参加対象・定員

全国の中学校・高等学校・高等専門学校 1年生~3年生/最大10チーム(各チーム 3~4名)

  • (※)各学校1名の引率者(学校の先生もしくは保護者)が必要です。
  • (※)申込多数の場合は選考となります。

参加費

無料

  • (※)交通費は自己負担となりますが、遠方から参加の場合は交通費の一部を補助します。

応募期間

2017年3月22日(水)~2017年4月28日(金)12:00

詳細・申込WebサイトURL

製作物イメージ

神楽坂サイエンスアカデミー2017<br/>製作物イメージ

発電機(写真左上)とIoTセンサー(写真左下)、小型サボニウス風車(写真右)

IIJと東京理科大学は、今後も産学連携の取り組みを推進し、実体験を通じた理系人材育成に向けた活動を積極的に行ってまいります。

  • (※)本イベントは開会式、発電機製作、研究発表のほか、各校での実験の様子も報道関係者の皆様に公開します。取材をご希望の場合は、IIJ広報部までご連絡いただければ幸いです。

IIJについて

IIJは、1992年日本企業として初めての商用インターネットサービスプロバイダとして設立されました。現在では、IIJグループとして8,500社を超える法人顧客に対して、インターネット接続、アウトソーシングサービス、WANサービス、クラウド等の各種ネットワークサービスから、システム構築、運用管理などのシステムインテグレーションまで、総合的なネットワーク・ソリューションを提供しています。

東京理科大学 理学部第一部 物理学科 川村研究室について

エネルギー科学を専門とする川村康文教授の研究室では、サイエンス・コミュニケーションの研究と自然エネルギーの研究を行っています。サイエンス・コミュニケーションの研究では物理教育とものづくり、サイエンス・コミュニケーション活動を行い、楽しく学べる物理実験教材の開発を行っています。自然エネルギーの研究では、色素増感太陽電池とサボニウス型風車風力発電機の研究を行っています。

昨年の神楽坂サイエンスアカデミー2016の様子

神楽坂サイエンスアカデミー<br/>2016の様子

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

東京理科大学 理学部第一部 物理学科 川村研究室 教授 川村康文

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る