ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、「IIJ GIOアドバンストDBソリューション」の機能を強化し、データベース移行/データレプリケーションの新メニューを提供開始

最小ダウンタイムでのデータ移行および高速なデータレプリケーションを実現

2017年3月21日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、「IIJ GIO(ジオ)サービス」のクラウド上でデータベースの構築から運用保守までトータルで提供する「IIJ GIOアドバンストDBソリューション」の機能を強化し、最小ダウンタイムでのデータベース移行および高速なデータレプリケーション(複製)を実現する新たなメニューを、本日より提供開始します。

本メニューは、米国Attunity社が開発し、国内代理店として株式会社インサイトテクノロジーが販売するデータベース複製ソフトウェア「Attunity Replicate」を本ソリューションに組み込み、月額サービスとして提供するもので、IIJ GIOアドバンストDBソリューションでは、移行や複製にかかる設計、検証から構築、運用までトータルに支援します。

本メニューの特徴は以下のとおりです。

最小ダウンタイムでのデータベース移行・高速なデータレプリケーションを実現

Attunity Replicateを利用することで、従来のデータ移行時と比較して、ダウンタイムを約80%削減でき、システムの更新時やオンプレミスからクラウドへのシステム移行など、データベースの移行が必要になる場合でも、サービスや業務停止を最小限に抑えることができます。 さらに、データレプリケーションと同期の高速化により、常に最新のデータを分析などに活用でき、DR用途ではリアルタイムのデータバックアップが可能になるなど、システムの可用性を向上させることができます。

異なるデータベース間でもデータレプリケーション対応が可能

クラウド環境とオンプレミス環境間、さらに異種データベース間での移行、レプリケーションにも対応しています。用途に応じて最適なデータベースを選択でき、ライセンス費用の削減や柔軟なシステム構成が可能になります。

導入、運用の容易性向上を実現

データベース移行にあたり、システムの構成変更やソフトウェアのインストールなどは不要なため、既存システムへ負荷をかけずに導入することが可能です。また、ブラウザベースでビジュアル化されたコントロールパネル、および操作性に優れた運用ツールを用意しているため、データ同期やレプリケーションの状況を容易に把握でき、運用のオペレーションも直感的操作で行なうことが可能です。

提供価格

構築支援範囲、データベース容量などに応じた個別見積もり

サービスイメージ図

サービスイメージ図

IIJでは今後とも、お客様のニーズにお応えするべく、サービスを強化してまいります。

Attunity社からのエンドースメント

Attunityは株式会社インターネットイニシアティブ(以下IIJ)様による「IIJ GIOアドバンストDBソリューション」機能強化の発表を歓迎いたします。同ソリューションの機能強化においては、弊社製品Attunity ReplicateのリアルタイムDB連携機能を存分にご活用いただき、IIJのクラウドサービスメニューのさらなる充実化を図っていただきました。日本総代理店である株式会社インサイトテクノロジー様とともに、IIJ様のソリューションを通してお客様のIT運用効率化に貢献できることを大変うれしく思います。

Attunity APAC Ltd.
社長 Byron Yeung様

株式会社インサイトテクノロジーからのエンドースメント

インサイトテクノロジーは、株式会社インターネットイニシアティブ(以下IIJ)様がAttunity Replicateをサービスとして提供開始することを歓迎いたします。Attunity Replicateは、異種データベース間においてデータの複製を行なうことができるソフトウェアです。ミニマムダウンタイムでのデータベース移行や、データレプリケーションを行なったデータ分析基盤のリアルタイム分析などグローバルで2000社、日本国内においても2013年に弊社で取り扱い以来、既に30社以上の実績があります。Attunity ReplicateがIIJ様のクラウドサービスの拡充に貢献することを確信しております。

株式会社インサイトテクノロジー
取締役 プロダクトコンサルティング事業部長 森田俊哉様

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る