ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、高圧スマートメーターのBルート対応機器「SA-M1」を開発

ECHONET Lite/AIF認証を取得し、モバイル通信による自動接続やデマンド制御を実現

2017年1月19日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード 番号:3774 東証第一部)は、高圧スマートメーターのBルートに対応した新型のゲートウェイ機器「SA-M1(エスエーエムワン)」を開発し、2017年1月5日付でECHONET Lite認証(※1)およびAIF認証(※2)を取得しました。IIJでは、「IIJ高圧スマートメーターBルート活用サービス」のトライアルプログラム(※3)で現在提供している「SA-W2」よりも耐環境性能を大幅に向上させた後継機として、2017年2月1日より、本製品の提供を開始いたします。

SA-M1は、ネットワークに接続するだけで自動的にスマートメーターへの接続や設定が行われ、データおよび機器の情報はクラウド上で一元管理できます。IIJは、本製品を高圧スマートメーターのBルートデータ取得専用機器として、高圧小口需要家(商業施設、工場、ビル等)向けにデマンド(※4)監視を行うエネルギーマネジメントサービス事業者や小売電気事業者などを対象に販売してまいります。

SA-M1の特長は以下のとおりです。

デマンド制御機能

SA-M1本体が使用電力を予測し、閾値を超過しそうになると、メールなどでアラート通知を行うほか、空調機等の設備にコントロール信号を発信し、対象機器の自動制御を行うことで契約電力の超過を抑制します。

使用環境温度

-20℃から60℃まで対応し厳しい温度環境下でも使用できるため、キュービクル(高圧受電設備)や計器収納用プラボックス内への設置が可能です。

LTEモジュール内蔵

LTEモジュールを標準搭載し、Bルートデータを蓄積・管理するシステムとLTE/3Gモバイル通信で接続できるため、設置が容易でネットワーク敷設の工事費も抑制できます。

なお、IIJでは、本製品の販売開始から1年間で2,000台の販売を目標としています。

主な仕様

サイズ W81.0mm×D137.0mm×H40.2mm(突起部は含みません)
重量 480g(アダプタ・ケーブルを除く)
インターフェース
  • イーサネット 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T ×2ポート
  • シリアル RS-485(Dsub9)×1、RS-232(RJ-45)×1
モバイル通信
  • SIMカードスロット ×1
  • 無線通信モード  LTE/3G(HSPA+) Band 1、19、21
動作保証温度 -20℃~60℃
入力電源 DC12V±10%

利用イメージ(「IIJ高圧スマートメーターBルート活用サービス」トライアルプログラム)

「IIJ高圧スマートメーターBルート活用サービス」<br />トライアルプログラム)

IIJでは今後とも、Bルートを活用したサービスを拡充し、お客様の省エネへの取り組みを支援してまいります。

  • (※1)ECHONET Lite:国内の家電メーカー、通信・電力会社などが加入するエコーネットコンソーシアムにより策定されたHEMS向けの通信標準規格。ECHONET Lite認証を取得することで、その適合性が示される。
  • (※2)AIF認証:スマートメーターを含む重点8機器と、重点8機器の対向になるコントローラ装置を対象とした機器間の相互接続性について、ECHONET(一般社団法人エコーネットコンソーシアム)が策定したアプリケーション通信のインターフェース仕様に沿って行う適合性認証。
  • (※3)プログラムの詳細は、http://www.iij.ad.jp/biz/h-smart-meter/blankをご覧ください。「IIJ高圧スマートメーターBルート活用サービス」の正式なサービス開始は、2017年4月を予定しています。
  • (※4)デマンド:高圧需要家向けの電気料金は、基本料金と電力量料金の合計となります。一般的に、基本料金の計算根拠となるのが、30分間の使用電力量の平均値であるデマンド値です。1ヵ月の最大のデマンド値がその月の最大需要電力とされ、これをもとに1年間の基本料金が決定されます。最大需要電力が更新されるたびに、基本料金は1年間先まで変更(増加)されます。デマンド値を低く抑えることで、基本料金を低減することが可能です。

なお、本発表にあたり、機器の製造を委託するセンチュリー・システムズ株式会社より以下のエンドースメントをいただいております。

センチュリー・システムズ株式会社

センチュリー・システムズ株式会社(以下CS)は、モバイル通信による自動接続やデマンド制御を実現したBルート対応機器の開発について、歓迎します。
CSは、インターネットイニシアティブ(IIJ)社のネットワークマネージメントシステム基盤SACMを採用し、ネットワークマネージメントのビジネス拡大に取り組んでおります。今回の発表により、相互の技術連携が強化され、ビジネスがますます加速するものと期待しております。

センチュリー・システムズ株式会社
取締役 営業部グループマネージャー 川嶋 進司

お詫びと訂正

2017年1月19日の発表時に、「無線通信モード」の周波数帯を誤って掲載しておりましたので、2月8日に正しい記載に改めました。
誤)無線通信モード LTE/3G(HSPA+)Band 20
正)無線通信モード LTE/3G(HSPA+)Band 21
お詫びして訂正いたします。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る