ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、Webサイトにおけるユーザ認証のセキュリティを強化する 「IIJ SmartKeyマネージメントサービス」を提供開始

二段階認証(二要素認証)によるセキュリティ強化と、スライド認証によるユーザの利便性向上を実現

2016年3月29日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、Webサイトへの不正ログイン防止に有効なクラウド型の二段階認証(二要素認証)サービス「IIJ SmartKeyマネージメントサービス」を、2016年3月29日より提供開始いたします。

二段階認証とは、Webサイトで本人認証を行う際、通常のID/パスワードによるユーザ認証に加えて、ワンタイムパスワードなどを利用して二回目のユーザ認証を実行することで、より安全にログインするための仕組みです。"なりすまし"による不正ログインを防止するセキュリティ強化策として推奨されていますが、ワンタイムパスワードを生成するトークンの管理コストや、生成されたパスワードを入力する手間が課題になっていました。そこでIIJでは、個人向けに無料で提供しているスマートフォン向けのワンタイムパスワード管理アプリケーション「IIJ SmartKey」を活用し、二段階認証機能をクラウド型で提供するサービスを開発いたしました。本サービスを利用することで、ユーザ認証のセキュリティ強化を検討している法人やWebサービス事業者のお客様は、手軽に低コストで二段階認証を導入でき、ユーザの利便性とセキュリティ向上を実現できます。

IIJ SmartKeyマネージメントサービスの主な特長は以下のとおりです。

スワイプ操作で簡単に認証できるスライド認証に対応

二段階認証を、より手軽に行えるスライド認証に対応しています。二回目の認証時には、ユーザはスマートフォンの画面上に表示されたアイコンをスライドするだけでログインできます。

一元的なアカウント管理

管理用ポータルサイトからアカウントを無効化することができます。例えば、利用者がスマートフォンを紛失した際、管理者側で無効化することにより、一時的に認証を拒否させることができます。また、認証履歴は管理用ポータル画面で閲覧でき、エクスポートすることができます。

お客様のブランドに合わせてカスタマイズが可能

IIJ SmartKeyで表示されるアイコンやサービス名、通知メッセージなどをカスタマイズできるため、お客様が運営するWebサイトとのブランディングを統一できます。

  • (※)本サービスをご利用にあたっては、「IIJ IDサービス」を別途契約(無料)していただく必要があります。

認証のフロー

操作イメージ

提供価格

アカウント単位で従量課金される「エンタープライズプラン」と、認証成功の回数に応じて課金される「サービスプロバイダプラン」を用意しています。企業のお客様が外部のWebサービスを利用する場合や、サービス事業者のお客様が自社のWebサービスに二段階認証を導入する場合など、用途に応じてプランをお選びいただけます。

プラン 提供価格(税抜)
エンタープライズプラン 初期費用 無料
月額費用
  • 月額基本料:5,000円
  • アカウント使用料:100円/アカウント(※1)
サービスプロバイダプラン 初期費用 無料
月額費用
  • 月額基本料:個別見積
  • 認証API使用料:個別見積(※2)
  • (※1) アカウントの単位は、IIJ SmartKeyマネージメントサービスに登録されるアカウント数です。
  • (※2) 認証の単位は、認証方式を問わず認証成功の回数になります。

また、サービスの提供開始に合わせて「最大6カ月間無料キャンペーン」を実施します。

  • 期間:2016年3月29日~2016年6月30日
  • 対象:キャンペーン期間中にIIJ SmartKeyマネージメントサービスをご契約いただいたお客様
  • 内容:利用開始月より最大6ヵ月間、月額利用料が無料になります。

IIJでは今後も、お客様に安心して簡便にお使いいただけるサービスの開発に努めてまいります。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る