ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ-II、ビッグデータを活用した人口動態レポートを発行

2016年1月28日
株式会社IIJイノベーションインスティテュート

株式会社IIJイノベーションインスティテュート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石田 潔、以下IIJ-II)は、ビッグデータ解析技術を活用し、住民基本台帳人口データを分析した「人口動態レポート」を発行し、本日公開したことを発表いたします。

住民基本台帳人口データによる人口動態分析

IIJ-IIでは、2008年に「Project Gryfon(プロジェクト・グリフォン)」を立ち上げ、ビッグデータの可視化、分析を中心としたクラウドコンピューティング基盤技術の研究開発を行なってまいりました。人口動態レポートは、本プロジェクトにおけるビッグデータ解析技術の応用事例で、地方自治体が公開する総人口や性別・年齢別の人口、世帯数などの住民基本台帳人口データと、オープンデータ(※)を組み合わせて解析することにより、今後の推移予測につながる人口変動の要因・傾向分析を行います。本日、第一号として福岡県久留米市の協力のもと、同市の人口動態レポートを公開いたしました。今後は3ヶ月に一号のペースで、地方自治体の人口動態レポートを公開してまいります。

福岡県久留米市 人口動態レポート

政府が地方創生施策を推進するなか、地方自治体においては、地域の人口動向や将来の推計、今後の方針をまとめる「地方人口ビジョン」と「地方版総合戦略」の策定が必要になるなど、人口変動の可視化、分析によるさらなる正確な人口予測が必要になっています。
IIJ-IIでは、地方活性化の一助となるべく、さまざまな市町村の人口動態レポートを定期発行するとともに、今後はその成果をもとに、応用範囲を拡大し、全国の市町村が公開する人口データを自動的に収集し、より効率的かつリアルタイムに分析できるようなサイトの構築を進めてまいります。

  • (※)オープンデータ : 国や地方自治体、公共機関、民間企業などが公開しているデータで、自由に入手でき、二次利用や編集、再配布が可能なもの

IIJ-IIについて

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)のグループ子会社として、2008年6月に設立されました。次世代インターネットの基盤技術と新しい事業モデルを日本から創出することを目的に、新技術の開発および事業育成のためのインキュベーション事業を行っています。IIJがこれまで培ってきたインターネット関連技術とビジネス運営の経験をもとに、インターネットのさらなる発展のための研究開発、および事業化支援の活動を推進していきます。

報道関係お問い合わせ先

IIJグループ広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る