ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJグループ、中国国内向けクラウドサービス「IIJ GIO CHINAサービス」のラインアップを拡充

「仮想化プラットフォーム VWシリーズ」を新たに追加し、柔軟なプライベートクラウドを実現
さらにShanghai Data Solution社と提携し、中国におけるクラウドビジネスを推進

2016年1月18日
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社IIJグローバルソリューションズ

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)とIIJの100%子会社で法人向けWANサービス事業等を展開する株式会社IIJグローバルソリューションズ(IIJグローバル、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 利典)は、中国で提供しているクラウドサービス「IIJ GIO CHINAサービス」において、新たなラインアップとして「仮想化プラットフォーム VWシリーズ(以下VWシリーズ)」を追加し、本日より提供開始いたします。

「IIJ GIO CHINAサービス」は、IIJが日本国内で提供している「IIJ GIO(ジオ)サービス」で培ってきたクラウドサービスの運用ノウハウを最大限に活用した高品質なサーバ環境を提供するサービスで、中国の現地法人である艾杰(上海)通信技術有限公司(IIJ Global Solutions China Inc.)を通じて、2013年1月より提供しています。
このたび追加する「VWシリーズ」は、VMwareの仮想化基盤上でOSやアプリケーションを自由に設計・構築でき、お客様がお使いの各種OSや独自にカスタマイズされたOSも移行可能なため、既存システムと組み合わせたプライベートクラウド環境を迅速に構築できます。柔軟性、可用性に優れ、基幹系システムやEC(Electronic Commerce)、SaaS(Software as a Service)といったエンタープライズでの利用にも適したクラウドサービスです。

今般のサービス拡充を機に、IIJ Global Solutions China Inc.は、中国のデータセンター事業者であるShanghai Data Solution Co., Ltd(上海数訊信息技術有限公司、以下SDS)と提携いたします。SDSは中国にて外資系や金融系等の大手企業を中心に、600社を超える顧客基盤をもつデータセンター事業者です。本提携によりIIJ Global Solutions China Inc.はSDSと協力し、現地での販売および運用支援体制を充実させるとともに、パブリッククラウドからプライベート/ハイブリッドクラウドに至るまで幅広いクラウド利用のニーズに応えるべくサービスラインアップを拡充し、中国現地企業、日系企業のお客様へのクラウドサービス普及、浸透を推進してまいります。

IIJグループでは今後とも、中国において、お客様のネットワーク環境やシステムニーズに柔軟に対応できる、コスト競争力のある高品質なクラウドサービスを積極的に展開してまいります。

Shanghai Data Solution Co., Ltd(上海数訊信息技術有限公司)について

中国への企業誘致を目的として上海市が1999年に設立したデータセンター事業者です。IDC/ISPライセンスを所持し、上海にTier4レベルの優れたデータセンター設備を展開し、外資系企業や金融系企業、現地大手企業を中心に600社を超える顧客に情報インフラを提供しています。

IIJグローバルソリューションズについて

株式会社IIJグローバルソリューションズは、AT&Tジャパンの国内ネットワークサービス事業を承継し、2010年9月に設立されました。国内ネットワーク・アウトソーシング・サービス関連事業やクラウドを利用した各種マネージドサービスに加え、IIJグループにおける国際事業の担い手として、国際ネットワーク関連サービスを提供しています。2012年1月に上海に現地法人「艾杰(上海)通信技術有限公司」を設立。IIJグローバルソリューションズについての情報はhttp://www.iijglobal.co.jp/ をご覧下さい。

IIJ GIO CHINAサービス仕様

仮想化プラットフォーム VWシリーズ

VMware vSphere ESXiサーバ

  H240VW-FC/S2
ハイパーバイザ VMware vSphere ESXi5.5
Enterprise Plus Edition
CPUコア数 12
メモリ 128GB (※1)
NIC 4
ネットワーク帯域 10Gbps (※2)
データストア 500GB/1TB/1.5TB/2TB (FC)
  • (※1)お客様のご要望に応じてメモリの拡張が可能です。
  • (※2)ESXiサーバ間の通信のみ10Gbpsベストエフォートになります。インターネット通信の帯域についてはInternet VLANのご契約IP数に応じた値となります。
  • (※)今回の仮想化プラットフォーム VWシリーズ提供開始に伴い、現在提供中のベースサーバVシリーズ、Xシリーズについては、2016年中にサービスの提供を終了する予定です。
本件に関するお問い合わせ

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る