ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、新型ネットワークサービス「IIJ Omnibusサービス」を発表

SDN/NFV技術を活用し、企業ネットワークに必要な機能をクラウド上でオンデマンド提供

2015年7月15日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、企業のネットワークに必要な機能を仮想化し、オンデマンドで提供する新型ネットワークサービス「IIJ Omnibus(オムニバス)サービス」(以下IIJ Omnibus)を、2015年9月より提供開始します。

IIJ Omnibusは、SDN(※1)とNFV(※2)の技術を活用したクラウド型の新しいネットワークサービスです。IIJが独自開発したNPS(Network Processing System)をゲートウェイとして、インターネット、セキュリティ、WANなど、お客様のネットワークに必要な機能をサービスモジュールとして提供します。IIJ Omnibusを利用することにより、お客様は、ルータ、VPN等のネットワーク機器やファイアウォールなどの専用機器を自社で所有することなく、必要なときに必要な機能をアセットレスで利用でき、複雑化するセキュリティ対策やネットワーク運用の負荷とコストを大幅に削減することができます。

IIJ Omnibus による企業ネットワーク環境の変化

  • (※1)SDN(Software Defined Networking):ネットワーク構成を動的に設定するために、ネットワーク全体をソフトウェアで集中制御する技術。
  • (※2)NFV(Network Function Virtualization):これまで専用機器に実装されていたネットワーク機能を仮想化し、ソフトウェアとして汎用サーバ上に実装する技術。

IIJ Omnibusの仕組みと概要

IIJ Omnibusでは、クラウド上のお客様専用のプライベート領域にNPSを自動生成し、NPSを介して各機能モジュールを提供します。お客様は、専用のオンラインポータルから必要な機能モジュールの申し込み、設定、管理を自由に行うことができます。お客様宅内(拠点)に設置する機器は、IIJから無償提供されるサービスアダプタ1台で完結し、お客様は、サービスアダプタを接続するだけで、センター側との自動接続、自動管理機能により容易にWANを構築できます。

NPS

NPSは、お客様の仮想ネットワークの核となるシステムで、IIJ独自のSDNオーケストレーターによって、クラウド上に自動生成されます。NPSはオンラインポータルからのお申し込み後、速やかに生成されるため、お客様はネットワークの構築をすぐにはじめることが可能です。また、NPSはほぼ無限に仮想空間上で拡張することができるため、お客様ネットワークの規模拡大にも柔軟に対応します。NPSのクラウド基盤は、複数拠点に物理的に分散して配置されるため、ネットワークのディザスタリカバリー対策としても有効です。

オンラインポータル

IIJ Omnibusで提供するオンラインポータルでは、お客様がサービスの追加、削除を行うオーダー用サイト、サービスの設定、監視、管理を行うコントロールパネル、メンテナンス情報などをお知らせするサポートサイトが用意されており、すべてのサイトはシングルサインオンで利用可能です。お客様は、NPS、各機能モジュール、サービスアダプタまで、IIJ Omnibusで提供されるすべての要素について、オンラインポータルから契約、設定、管理を行うことができます。

IIJ Omnibusの主な特長

必要な機能を必要な期間だけオンデマンドで利用可能

IIJ Omnibusで提供する各モジュールは最低利用期間の設定がなく、利用料金は日割のため、お客様は、1日単位で必要なネットワークの機能を必要な期間だけ安価に利用できます。(アクセス回線は除きます)

マルチキャリア、マルチクラウドに対応し、シームレスな連携が可能

専用線、インターネット、モバイル等のアクセス回線は、マルチキャリアに対応し、IIJが一括提供します。また、クラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」や他社クラウド環境との連携が可能なマルチクラウド接続機能を提供し、クラウド上の個別システムやお客様回線と接続することも可能です。お客様は、NPSを介して既存のIIJサービスや自社で保有するシステムも、IIJ Omnibus上で運用を統合することが可能です。

サービスアダプタを無償提供

お客様宅内に設置するサービスアダプタ「SA-W1」を、無償で提供します。SA-W1は、ネットワークに接続するだけで、ファイアウォール、L2/L3-VPN、DNS、DHCPリレー、無線アクセスポイント等の機能を自動でダウンロードし、設定が完了します。お客様は、機器購入のコストをかけずに迅速にネットワークを構築できます。

提供機能およびスケジュール

2015年9月提供予定

提供機能 概要
NPS
  • 各モジュールを収容し、モジュール間の通信を処理
  • 複数のゲートウェイで構成される分散ファイアウォール機能
インターネットアクセスモジュール IIJ大容量バックボーン直結のインターネット接続機能
クラウドエクスチェンジモジュール 各種クラウド環境への閉域接続機能
WANモジュール SA-W1、アクセス回線、各拠点からNPSへの接続機能
VPNモジュール お客様用意のルータからNPSへのVPN接続機能
リモートアクセスモジュール リモートアクセスVPNによるNPSへの接続機能

2015年3Q以降順次提供予定

提供機能 概要
エンハンスドファイアウォールモジュール ファイアウォールを拡張し、未知のマルウェアや標的型攻撃など、様々な脅威に対応する機能
メールセキュリティモジュール アンチウィルス、迷惑メールフィルタ等、メールのセキュリティ対策機能
Webセキュリティモジュール URLフィルタ、危険サイトへの誘導等、Webアクセスのセキュリティ対策機能
LANモジュール LAN内スイッチ、及び無線APを管理する機能

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る