ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」の正式サービスを提供開始

ビッグデータの活用に最適なクラウドストレージに「解析オプション」機能を追加

2015年3月2日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、2014年11月より試験サービスとして提供している(※1)クラウドストレージサービス「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」に、保存したデータを活用できる「解析オプション」を追加し、本日より正式サービスとして提供開始します。お客様は、データの収集、蓄積、解析のための環境をワンストップサービスとして利用できるため、より手軽にビッグデータを活用することが可能となります。

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスは、Amazon S3との高い互換性(※2)を持つ豊富なREST APIインターフェースを提供する堅牢で拡張性の高いクラウドストレージを、1テラバイト月額7,000円(ギガバイト単価7円相当)の低価格で利用いただけるサービスです。新たに追加した「解析オプション」では、ストレージに蓄積されたデータを、Hadoop/Hive(※3)を用いて検索、不要データの削除といった加工を行い、集計、平均、マッチングなどの解析処理を行うことが可能です。さらに、本オプションではBIツールなどを活用してより高度なビックデータ分析を行うために、HiveQLによるデータ操作のためのWeb UI(管理コンソール)やAPI、JDBCドライバ(※4)などの環境を用意しています。

  • (※1) 詳細は2014年11月13日付発表資料をご参照ください。http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2014/1113.html
  • (※2) 弊社調べ。
  • (※3) Hiveは、オープンソースの大規模分散計算フレームワークHadoop上で動作するデータウエアハウス向けのプロダクト。SQLに類似した言語「HiveQL」でHadoop上のデータを操作できる。
  • (※4) JDBCドライバ:リレーショナルデータベースにアクセスするための標準Java APIで、データベース毎の差を吸収するもの。

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス 提供価格(税別)

クラウドストレージ利用料金

課金対象 料金体系 提供単位 初期費用 月額費用
ストレージ使用量 従量制 1TB 0円 7,000円

データ転送料金

課金対象 料金体系 提供単位 初期費用 月額費用
クラウドストレージからのダウンロードデータ転送量 従量制 1GBまで 0円 0円
1GB超~1TB 10,000円
以降1TBごと 10,000円
  • (※) クラウドストレージへのアップロード転送量には、料金はかかりません。

解析オプション(HiveQLによる検索)

課金対象 初期費用 月額費用
インスタンス 0円 10,000円/1インスタンス
  • (※) 1インスタンスのスペックは、CPU1コア相当、メモリ4GB、計算用ストレージ400GBとなります。
  • (※) ご利用日数に応じた日割りが可能です。

サービス提供イメージ

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス 提供イメージ

IIJは今後も、ビッグデータの活用に適したクラウドサービスを提供してまいります。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る