ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、「IIJ GIO MOGOKサービス」の対応プログラミング言語を拡充

2014年12月1日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、Webアプリケーションの開発支援環境と実行環境をクラウド上で提供する「IIJ GIO MOGOK(ジオ モゴック)サービス」(以下「MOGOK」)において利用できるプログラミング言語を拡充し、従来の「Ruby」に加えて「PHP」、「node.js」に対応いたします。

PHPは、ブログ制作ソフトウェア「WordPress」や、ECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」など、広く普及しているオープンソースソフトウェアで利用されている言語です。node.jsは、サーバ側で動作するアプリケーションの実装言語としてJavaScriptを使う、いわゆる「サーバサイドJavaScript」の一つで、優れたスケーラビリティと実行速度の速さから開発者の注目を集めています。これら2つの主要なプログラミング言語を追加することで、お客様の選択肢が広がり、より幅広いアプリケーション開発環境としてMOGOKを利用いただけるようになります。さらに今後、汎用のスクリプト言語Pythonの追加も予定しています。

プログラミング言語名 IIJで準備するバイナリパッケージ(※1)
PHP 5.5, 5.6
node.js 0.10
  • (※1)お客様ご自身で、任意のバージョンのバイナリパッケージを適用することも可能です

また、2014年12月26日までに新規でMOGOKをお申し込みのお客様を対象に、Webインスタンスや専用データベースなどを最大2ヶ月間無償で提供するキャンペーン(※2)を実施しております。

MOGOKの詳しい仕様は、特設サイトblankで公開しています。

IIJはこれからも、お客様のニーズに応えるPaaSの開発を推進してまいります。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る