ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、「IIJマルウェア解析ソリューション」を提供開始

2014年10月30日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、企業のシステムに侵入し様々な被害を与えるマルウェアを検知・解析する「IIJマルウェア解析ソリューション」(以下、本ソリューション)を本日より提供開始いたします。

本ソリューションでは、企業のIT資産を脅かすマルウェアに対して、知識や対応人員不足により思うような対応ができないお客様に代わって、「PaloAlto Networks PAシリーズ」「FireEye NX/EXシリーズ」のようなサンドボックス型のセキュリティ製品や、「FFR yarai」などの標的型攻撃対策製品で検知した検体を、専門のアナリストが調査・解析し、マルウェアの危険度や感染状況などの情報を提供します。これらの情報が明らかになることで、お客様は自社の対応方針に応じた早急な処置を行うことができ、対応効率の向上につながります。

本ソリューションでは、(1)初期判定・(2)簡易解析・(3)詳細解析の3段階のメニューを用意しています。お客様は、目的に応じて解析内容を選択することが可能です。

  初期判定 簡易解析 詳細解析
ご報告内容
の概要
検体の危険度を判定 検体の危険度と概要 検体の詳細な実行内容や感染した端末の修復方法
目標報告時間
(検体1個あたり)
  • 13:00までに受け付けた検体は18:30までに回答。
  • 17:00までに受け付けた検体は、翌日13:00までに回答。
  • 解析依頼を受けた営業日から起算して、翌営業日の18:30を一次回答目標時間とし、解析内容により最大で5営業日以内に回答。
  • 解析依頼を受けた営業日から起算して1~2週間で回答。
報告形式と
報告内容
【メール】
  • カテゴリ分類結果
    • a. ほぼマルウェア
    • b. 疑いあり
    • c. 判定できない
    • d. 通常ファイル
  • 判定理由
  • アナリストのコメント
【報告レポート】
  • 検体の危険度
  • 詳細解析の必要性
  • 詳細解析の必要に関する根拠
【報告レポート】
  • 検体概要
  • 解析結果詳細
  • 動的解析による検体の動作概要
  • 修復方法
  • 参考情報
費用(税別)と
対応検体数
月額 120,000円~/20検体 月額 250,000円~/4検体 1回 1,200,000円~/1検体

本ソリューションでは、マルウェア解析において、株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:成田 明彦)の専門アナリストに協力いただき、同社が保有するツール等を利用しています。

IIJでは今後とも、最新のセキュリティ対策でお客様のネットワークの安全性確保に貢献するソリューションを展開してまいります。

株式会社セキュアブレインからのエンドースメント

株式会社セキュアブレインは、この度の「IIJマルウェア解析ソリューション」の提供開始を心より歓迎いたします。セキュアブレインのマルウェア解析技術を本ソリューションに提供でき、共にビジネス展開させていただけることを大変嬉しく思っております。
サイバー攻撃が増え続け、企業におけるインシデント対応の負担が増している現在、本ソリューションがお客様のニーズに対応できるものと確信しております。
セキュアブレインは、IIJ様とのパートナーシップを一層強化し、これからもインターネット・ユーザに安心・安全をお届けするため、未来を見据えたセキュリティの研究開発に取り組んで参ります。

株式会社セキュアブレイン
代表取締役社長 兼 CEO 成田明彦

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る