ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、国内事業者として初めてインターネット経由で利用できるクラウド型リレーショナルデータベースサービスを提供開始

2013年04月10日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一 コード番号:3774 東証第一部)は、クラウドサービス「IIJ GIOサービスblank」のラインナップを拡充し、「IIJ GIOデータベースサービスblank」を2013年4月15日より提供開始します。

「IIJ GIOデータベースサービス」は、お客様の業務データなどの蓄積や検索に利用できるリレーショナルデータベース(※1)をインターネット経由で提供するサービスです。本サービスを利用することにより、お客様は、高速かつ信頼性の高いデータベースを手軽に利用できます。インターネット経由で利用できるリレーショナルデータベースの提供は、国内事業者として初めて(※2)となります。IIJはこれまで、クラウドサービス「IIJ GIOサービス」のオプションとしてデータベースサービスを提供してきました。本サービスはインターネット経由で接続できるため、お客様はIIJのクラウドサービス(IIJ GIOホスティングパッケージサービスなど)はもちろん、他社のクラウドサービスやお客様施設内のシステムと接続し本番環境として使用することやバックアップ利用の他、最低利用期間が1ヵ月であるため、短期利用の開発環境も使用することができます。
本サービスの特徴は次の通りです。

高速かつ高い信頼性

仮想化環境でのデータベース利用ではトランザクション性能に課題が残る中で、本サービスでは高速ディスク(SAS)搭載の物理サーバと同程度のトランザクション性能をもつ高品質なデータベースをクラウドで提供することが可能です。データベースシステムは標準で冗長化されており、データを定期的に無停止でバックアップ(※3)することで、高い信頼性を実現しています。SSLにより、データの入出力を暗号化(※4)することやファイアウォールにより、接続元を制限することも可能です。

構築・運用の手間が不要で、手軽に利用開始可能

データベースサーバはIIJがお客様に代わって構築、運用します。お客様は、サーバやソフトウェアを購入する必要がなく、また、障害対応、セキュリティパッチの適用もIIJが行うため、データベースの運用負荷を大幅に削減できます。データベースソフトウェアはオラクル社のMySQLとOracle Databaseから選択でき、お客様が既に当該ソフトウェアをご利用の場合は、データやアプリケーションなどの資産をそのまま活用できます。IIJと既にご契約頂いているお客様は、オンラインで即日利用でき、新規のお客様は、5営業日で利用開始できます。最低利用期間は1ヶ月で、開発やテストなど一時的な利用にも手軽に使えます。

高いコストパフォーマンス

月額料金は46,800円からで、検索数やデータ転送量に関わりなく月額固定料金でご利用いただけます。お客様の利用用途やご要望により、性能やデータ容量を随時拡張することが可能です。お客様が自社でデータベースを構築・運用する場合に比べて半分以下(※5)のコストで利用することができます。また、サービスリリースに伴い、月額費用が最大3ヶ月無料となるキャンペーン(※6)を実施します。

IIJは、今後も使いやすいデータベースサービスの拡充に努めてまいります。

  • (※1)関係モデルによるデータベース。広く利用されているデータベースの一つの方式。
  • (※2)インターネット経由で直接接続できるリレーショナルデータベースとして。2013年4月10日現在。IIJ調べ。
  • (※3)サービス設備障害時等に弊社が復旧を行う目的でバックアップをします。お客様の指示による復旧は行いません。
  • (※4)MySQLの品目のみ対応しています。
  • (※5)IIJ調べ。お客様用意(サーバ、ライセンス、作業費用)の場合70万円程度。本サービス(Oracle Database インスタンス/SE Type-E)を3ヶ月利用の場合、32万円程度。
  • (※6) キャンペーンの詳細は、IIJ GIOサービスのサイトblankをご参照ください。

IIJ GIOデータベースサービス サービスメニュー

MySQL Database インスタンス/CE

カテゴリ グレード DB
メモリ
最大
同時
接続数
ICU 初期
費用
月額費用
基本契約(※1)
(1インスタンス単位)
Type-F \0 計画中
Type-E 2GB 50 2 \46,800
Type-D 4GB 100 4 \63,000
Type-C 8GB 200 8 \82,000
ディスク
拡張オプション
(50GB単位)
高可用性・高速ストレージを追加提供(最大500GB) \0 \13,000
設定変更
(1インスタンス
単位)
  1. 同Edition内でのアップグレード・ダウングレード
  2. 既存契約のインスタンスにディスクを拡張
\6,000 \0

Oracle Database インスタンス/SE

カテゴリ グレード DB
メモリ
最大
同時
接続数
ICU 初期
費用
月額費用
基本契約(※1)
(1インスタンス単位)
Type-F \0 計画中
Type-E 2GB 50 2 \105,000
Type-D 4GB 100 4 \175,000
Type-C 8GB 200 8 \228,000
ディスク
拡張オプション
(50GB単位)
高可用性・高速ストレージを追加提供(最大500GB) \0 \13,000
設定変更
(1インスタンス
単位)
  1. 同Edition内でのアップグレード・ダウングレード
  2. 既存契約のインスタンスにディスクを拡張
\6,000 \0
  • (※1)ディスク領域(50GB)及び保守サポート(2チケット/月)を含みます。
  • (※2)消費税は含まれておりません。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る